« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月曜日)

参院選 ご協力に感謝します

 先ずは、県区で舟山やすえさんが、天童市以外で完勝という予想外の勝利になったことに対し、皆様方に心から御礼申し上げます。
 地すべり的な民主党の勝利、自民党の敗北に終わった参院選。二党以外の党は、国民新党以外は軒並み議席を減らしました。比例代表で社民党の又市征治が当選したことは良かったのですが、議席が1減したことは残念でありました。

 ところで、ちょっと待ってください。自民党の敗北は間違いないにしても、民主党が勝利したという言葉は早計のようです。民主党の政策はまだ未知数であり、多くの人が民主党の政策に共感して投票したわけではないと思うからです。
 
 さて、今後、どのような政界再編に進むのかが問題です。アメリカ並みに二大政党へ収斂されていくのかどうか? 二大政党になれば、一般的には違いがあまり見えないという特徴があると言われます。マイノリティーの持つ少数意見が省みられなくなる傾向があるというのです。小選挙区制度の中で、大政党しか勝てないことと同根です。

 今回の選挙で、護憲を前面に出したのは、社民党と共産党でした。今後の政界再編では、憲法9条改正問題が大きな争点になるのではないかと思います。護憲派と改憲派を抱える民主党も、今回は憲法問題を棚上げにしての勝利でした。公明党は、護憲の立場にあるはずなのに、自民党と連立を組んでおり自己矛盾に陥っているのではないかと思っています。(私がそう思っているだけで、公明党はそうは思っていないかもしれませんが)
 護憲派の私としては、現在の政界においては社民党の存在が欠かせないと思っています。しかし、現実には支持率が2%程度しかなく、影響力が低下していることは否めません。民主党に期待するところは大きいのですが、民主党も右から左近くまでいて統一感がありません。
 私は、シビリアンコントロールの効いた自衛隊を容認する立場に立ちます。憲法9条と矛盾したっていいと思っています。あいまいな今の憲法解釈を当面維持しつつ、世界の動向を見極めながら、平和外交をとことん追求する立場を取るべきだと考えます。アメリカの世界戦略に植民地のように組み入れられることは拒否するべきだと考えます。
 私は、「日本国憲法は、二度と戦争をしないと世界に約束した外交文書」だと思います。日本の憲法は世界遺産に値する高貴なものです。憲法の崇高な理念を世界に発信していくことが、日本の使命と思うのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金曜日)

生ビールがあるじゃないか・・・ 

 昨日、北中の東北大会が秋田県で開催されると書きましたが、間違いで本当は宮城県だったそうです。失礼しました。
 さて、参議院選挙も最終盤、今日も舟山候補の選挙カーにお付き合いです。新聞報道では優勢が伝えられていますが、開票まで油断はなりません。

 今日の夕方は、市役所裏で労働者福祉協議会の夏祭り、明日の晩は、特別養護老人ホーム蓬仙園の夏祭り、明後日は、特別養護老人ホームみずほの里の夏祭りと、夏祭りの連続です。ビールがおいしい時期ですが、尿酸値が高めなのでビールは控えめにとのDr.の指示。
 ♪♪♪生ビールがあるじゃないか・・・ この曲知ってますか? 細川たかしの「応援歌、 いきます」という曲です。キリンドラフトのコマーシャルソングで1991年の歌です。
 ビールと言えば、「すごい男の歌」という三好鉄生の曲もありましたね。
 ♪♪♪ビールをまわせ 底まで飲もう
     あんたが一番 わたしは二番 ドンドン
 元気でこの夏を乗り切りましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木曜日)

北中 35年振り優勝

 北中が昭和47年以来、35年ぶりに上山勢として中体連の県大会で優勝しました。ちなみに昭和45年にも優勝しています。
 北中は、来月秋田県で開催される東北大会に出場することになります。僅差での県大会優勝でしたが、子供達は得がたい経験をしたわけです。きっとこの先の人生において役立つ経験になることでしょう。野球の教育的な効果は計り知れないものがあります。
 さて、この野球ですが、(以前にもこのブログに書いたような気がしますが)審判の成り手がなくて困っています。審判がいてこそ野球の試合が成り立つのですが、裏方役の審判の後継者が少なく、すなわち審判の高齢化が大きな課題になっています。様々なボランティアがありますが、審判ほど、厳しくきついボランティアは稀かと思います。高校野球の甲子園予選大会では決して間違いが許されないのです。
 審判がいるからこそ、楽しく野球ができることを、選手達も意識してほしいと思います。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月曜日)

3時間超の葬式

 一昨日午後1時から実家の牧野部落の久昌寺で、昨年亡くなられた住職の本葬が行われました。本堂の中は、すべて白い布で覆われ、葬儀に携わる坊さんの数はざっと40人。
 私は、外のテントの中でパイプ椅子に座りましたが、3時間も座っていると尻が痛くなります。しかし皆さん我慢強い方ばかりであまり文句を言う人もいなかったようです。確かに飽きてはいたようですが。私は、隣組の生ビール会が3時から始まっているので気が気でなりませんでした。4時頃、ご焼香が終わったところで私は退席、急ぎ帰宅し、公民館での隣組の飲み会に合流、7時頃まで騒いで、その後、石崎A1のビアパーティーと美咲町のビアパーティーに顔出し。石崎A1のビアパーティーには、羽州街道の起点にあたる福島県桑折町の人達も参加してPRしてました。

 昨日は、朝8時上山出発で、舟山やすえさんの選挙カーの先導をしました。とにかく反応の良いことに驚きです。しかし、相手は何分組織力のある候補者ですから、最後まで分かりませんし、気を抜くことはできません。候補者本人は、小さい体ながら元気でした。声は幾分かすれがちでしたが、このままいけるでしょう。
 午後からパレスグランデールで女性の集いがあり、私は男なので参加できませんでしたが、聞くところによると、夫が結構長く喋ったそうで、「夫婦喧嘩すると、機関銃のように言葉が返ってくるのでとてもかなわない・・・・。子育ては私に任せてもらって大丈夫」と言っていたそうな。やはり夫の協力があればこそですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金曜日)

市民ゆかたデー

 今日は市民ゆかたデーで、多くの市職員も浴衣姿でお仕事。銀行の窓口も浴衣でお仕事。夕方はお城でビアパーティーですが、午後からあいにく雨模様。手づくりのエコキャンドルも設置する予定ですが、どうなることか?
 今朝、モンゴルの伝統楽器「馬頭琴」の奏者であり、ホーミーの歌い手である、岡林立哉さんから、11月にコンサートを上山で開けないかとメールがありました。昨年6月4日に古屋敷の古民家で行い、大変好評でしたので、是非開催したいと考えています。特に、ホーミーは一度聞いたら、その独特の音に魅せられてしまいます。企画が具体化したら、お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木曜日)

世界一高い地下鉄

 昨日のインターネットの報道でロンドンの地下鉄初乗り運賃の記事がありました。地下鉄の初乗り運賃が1000円になったとのことです。
 初乗り運賃が3ポンドから4ポンドに値上げされたことに加えて、英国ポンド高、円安の影響でそうなったようです。
 昨年2006年に2ポンドから3ポンドに値上げされたばかりなのに連続の値上げ。
 この値上げに円安が加わり(1ポンド250円)、1000円になったのです。2004年は2ポンドで、1ポンドが約200円だったので、初乗り運賃は約400円だったのですから、この2年間で日本人にとっては2.5倍になったことになります。
 ちなみに2003年に行った時、タバコ1箱が5ポンド(1000円)で、びっくりしてきました。これだけ高くても結構喫煙者がいて、またびっくり。
 また、定住者が購買する日用品などは、日本より安いものが結構あるのですが、観光客が買う物は高くて、これではとてもロンドン観光などできませんね。
 ついでの話し。3年前に、ロンドンの中心街、ピカデリーサーカスのリージェントストリート沿いにあるユニクロに入ってみましたが、日本より値段が高く設定されていました。

 ところで柏崎市、片付けの人手が不足しているようです。テレビでは、アメリカ人が一人暮らしの老人宅で片づけを手伝っている様子が報じられていました。時間があれば駆けつけたいところです。みなさんも考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水曜日)

地震への備え

新潟県中越地方での地震に心からお見舞い申し上げます。
 さて、翻って我が地域はどうでしょうか?地震への備えはどうなっていますか?

上山は災害が少ないと言いますが、今後30年以内にマグニチュード7.8程度の大地震が発生する確率は、山形盆地断層帯で0~7%、宮城県においては何と99%とのこと。ちなみに阪神淡路大震災前の阪神地区の確立は0~7%だったそうです。
 阪神淡路大震災の時、レスキュー隊によって救出された人は、全体の5%で、残り95%は地域の人によって助け出されたそうです。このことからも、自主防災組織を作り、普段から自分の地域にどのような要援護者が住んでいるか確認しておく必要があるということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火曜日)

残念 明新館

 今日、明新館の野球の応援に行ってきました。相手は、酒田南、事実上の決勝戦という人もいましたが、スコアは10対1の7回コールド負け。相手が1枚も2枚も上でした。
 ピッチャーは最速144km、打者は球速に押されているのがありあり。捕手がまたすばらしく県内随一でしょう。肩が抜群で、二塁に投げる球の速いこと。スカウトが見に来るだけのことはありました。巨人の大森スカウトが来てました。
 甲子園は遠いけど、また、がんばろう、菅谷監督。
 スタンドは、明新館は全校応援で大入り、酒田南はほんのちょっぴり。それだけ、酒田南は明新館を軽く見ていたということなのか?
 有給休暇や仕事のさぼりなどで、上山市民も数多く応援に来ており、みんなの関心の高さが伺えました。平日にもかかわらず、いざとなればあれだけ人が集まれるのですから、みんな結構融通がきくものなんだなぁと変に感心してしまいました。
 市長選挙に出た、M氏も来てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日曜日)

舟山さんの夫

 昨日の晩、舟山やすえさんの個人演説会がエコーホールでありました。私が司会をし、応援弁士は、増子輝彦参議院議員、テレビタックルでおなじみの安住淳衆議院議員、菅直人衆議院議員でした。皆それぞれ味のある話をしてくださいました。
 終わって片付けの場面、もくもくと椅子を運んでいる候補者の夫、やすのりさん。休んで弁当でも食べてくださいと言っても、最後まで片づけを手伝ってくれました。人に言われなくとも、自分から進んでやるこの姿勢、人の見ていない所でもしっかりやるべきことをするこの姿勢に拍手を送りたいと思いましたし、絶対当選させてやらなければならないと感じました。候補者もいいけれど、旦那もいいですよ。昨日は壇上でしゃべりませんでしたが、出陣式では、壇上で「妻をよろしく」と爽やかに好感の持てるスピーチをしてました。
 仕事は、自営でガスの配達や配管をしているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金曜日)

中国 オリンピックできるの?

 来年は中国・北京でオリンピックが開催されます。しかし、本当に大丈夫なのだろうかと心配になります。
 中国では列に並ぶ習慣がなく、先頭目指して一斉に詰め寄ることが日常茶飯事のため、このままでは来年のオリンピックで国際社会から笑われてしまうとのことで、毎月11日に「並ぼうデー」を設定し、指導員を配置して整然と並んで待つ訓練をしているようです。
 また、中国では、かなりの偽札が出回っている模様。偽札をつかまされた人が、トランプのババ抜きゲームよろしく、次の人につかませている。国中でババ抜きをしている感じ。
 とどめをさすがごとく、最近の中国のでたらめ振りの一連の報道。死者が出た風邪薬、薬付けのウナギ、髪の毛を混入させた醤油、ダンボールを6割も混ぜて作った偽装豚まん、着色したキクラゲ、発火する危険性があるDVDプレーヤーなどなど、とても中国の輸入品を買う気がしなくなる報道の連発。
 しかし、これに類することは、なにも中国だけにとどまらず世界中に蔓延しているらしいです。世界中にはびこっている拝金主義の成れの果てでしょう。
 中国は儒教の国ですし、優れた思想化をたくさん排出しています。一体倫理観はどこにいったのでしょう。オリンピックも金儲けの種になるのですかね。オリンピックの2年後の2010年には万博が開かれるとか。
 経済成長もいいけど、このままでは地球が持たなくなるような気がしてなりません。とても心配です。
 さて、食べ物の話しに戻りますが、昔から、身土不二 (しんどふじ) という教えが伝えられています。身体(身)と 環境(土)は 不可分(不二)であり、住んでいるところの一里四方のものを食べて暮らせば健康でいられる、という教えです。 上山市民は市内で取れた物を食べましょう。それにはやはり直売所ですよね。市街地に常設の直売所を設置することが求められています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木曜日)

いよいよ決戦の火ぶたが

 政権交代が実現するか、平成の関が原の決戦の火ぶたが切って落とされました。私が応援する候補者「舟山やすえ」はいたって元気。出陣式では、夫も挨拶しましたが、この夫、中々のナイスガイ。この男は、田舎の小国町に女性を連れてくる引力が備わっている男だと実感しました。
 さて、14日の土曜日は、上山市の体育文化センターエコーホールで県内トップを切っての個人演説会です。午後7時開会です。応援弁士は、菅直人氏、テレビタックルでお馴染みの安住淳氏など、中央で顔の売れた議員が来ます。何といっても、山形は全国でも注目の選挙区になっているのですから。
 みなさんも是非会場に足を運んでいただいて訴えを聞いてください。
 午後7時、お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水曜日)

舟山やすえさん街頭演説 

 昨日は、午前中から夕方まで舟山やすえさん、鹿野道彦さん、新潟県選出の30歳の衆議院議員 鷲尾栄一郎さん、そして尾形みち子市議会議員と共に、上山市内を街頭宣伝活動で回りました。街頭演説はざっと15箇所。
 市街地は、人通りも少なく閑散としていました。鷲尾議員に言わせれば、これは全国の地方都市はどこも一緒だそうです。地方が衰退した国など、世界中どこを探しても「美しい国」などあるわけがありません。その国がすばらしい国かどうかは地方の姿を見れば分かります。また、所得に関してみれば、庶民といわれる中堅層がどれだけ厚いかが問われるのではないかと思います。日本の繁栄は、1億総中流と言われたように、分厚い中堅層があったからだと思います。
 この参議院選挙は、政権交代の序章になるようにと願っていますが、山形県選挙区では、自民の相手候補は、なるべく街頭に立てないで、組織力を活かした挨拶回り重視の作戦(これを「地上戦」という)に出ています。負けないぞ。
 それにしても、今回応援に来てくれた鷲尾代議士ですが、28歳で当選したそうですが、東大卒で、公認会計士、税理士の資格を持つ、切れ者の政治家でした。性格も明るく、これからの日本を担う人物になることでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月曜日)

原爆投下はなぜ

 昨日と、一昨日、県球場にてK-ボールの予選大会が行われ、フルスイングクラブが準優勝し、またまた全国大会に出ることになりました。今春の全国大会ではベスト8になり、今回はシード出場だったのですが、全国大会連続出場となると寄付金集めも大変になり、果たして旅費をどう工面したらいいか頭が痛いところです。

 さて、原爆投下の発言をめぐって、久間防衛大臣が辞任しましたが、それに関連してアメリカの大使が投下を正当化するような発言をしているので、一言私も言わせていただきます。
 原爆投下は、「早期終戦、人命救済」としているが、それはウソです。最大の理由は、ソ連に対し戦後処理を有利に進めるためです。終戦の年の2月に開かれたヤルタ会談において、ドイツが降伏した後、2~3ヶ月以内にソ連が参戦することが決められました。
 ドイツが降伏したのが5月8日、原爆実験が成功したのが7月16日。実験成功間もない原爆を性急に8月6日に広島に投下、8月9日未明にソ連が参戦、同日長崎に原爆投下。当時のの日本は、明らかに原爆など投下しなくとも降伏するのは時間の問題だったはずです。アメリカは、対ソ連への牽制と壮大な人体実験を広島・長崎で行ったわけであります。日本国民の命を代償にして、冷戦時代に先手を打ったということになります。
 人権を大事にするアメリカと言いますが、アメリカという国は、恐ろしいことをする国でもあるのです。ベトナムのホーチミンの戦争博物館に展示してある、ホルマリン漬けの赤ちゃんの瓶の数々。絶句してしまいます。
 歴史は正しく認識されて伝えられるべきであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金曜日)

ごみ減量 リサイクル

 昨日、会派で天童市の民間企業を視察してきました。生ごみから豚の飼料を作り、その飼料で育てた豚の肉をを販売している会社です。同社の飼料化プラントは、10年前に作られ、今年度から県がリサイクルシステムが構築されたとして認証を与えました。県が認証しているのは、他に、長井市のレインボープラン、新庄市のトレー回収システムがあります。
 私は、生ごみの飼料化システムを二市二町の新たしい清掃工場建設に当てはめられないかと考えています。つまり、生ごみを焼却しないで、飼料化すればその分、小型の焼却炉で間に合ことになり、建設費200億円と見込まれている費用の圧縮につながります。
 生ごみは、家庭から出る物と、事業系から出る物に分けられますが、飼料化するためには、燃やせる物何でも入れていいわけではなく分別する必要があります。各家庭でそれができるかとなるとむずかしいかもしれませんが、模索してみる価値は十分あります。
 また、トレーの回収システムは今すぐにでもやるべきことです。再生できるのに、大半のトレーは焼かれています。
 このほか、プラスチックのリサイクルシステムもしっかり構築できれば、焼却炉で処理する量はかなり少なくできることでしょう。
 とにかく焼却という概念から解き放たれた考えに基づいて今後の環境行政を進めていく必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月曜日)

自律した市民

 昨日、朝6時から全市一斉の河川清掃がありました。7月の第1日曜日と言うことで定着しているはずですが、出てくる人は決まっているようです。ここにも誰かがやるだろうという意識があるわけです。結局、自分がやらなくとも誰かがやってくれるから、困ることにはならないという方程式です。
 以前このブログにも書いたことがありますし、今月15日発行の議会だよりのトピックスの中にも書いたのですが、「誰かがやるだろうということは、誰もやらないということを知りなさい。だから貴方がやるのです」。率先して人のために尽くしなさいと、常々マザーテレサが言っていた言葉だそうです。こんな気持ちを市民一人ひとりが持てたら、上山のまちは変わるはずです。私の目標とするところです。
 これと似た言葉があります。ケネディ大統領が就任演説の中で言った言葉です。 

 わが同胞のアメリカ人よ、あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。わが同胞の世界の市民よ、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、われわれと共に人類の自由のために何ができるかを問おうではないか。(1961年1月20日)

 この言葉を市長選の公開討論会の時に使おうかと思って原稿に入れようとして結局やめたのですが、びっくりしたことに、本番の時に、奥村氏がこの言葉を引用したのでした。候補者の思いには共通するところがあると思いました。
 
 昨日夕方、山形市の七日町に行って、蓮ホウ(舟に方)参議院議員の演説を聞いてきました。舟山やすえ候補の応援に来たのですが、今全国を飛び回っているそうで声はかれていました。それにしても歯切れが良く、次々と言葉が出てくるのに感心しきり。世の中にはこういう人がいるんですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »