« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水曜日)

政治の混乱

 明日からまたガソリンが高くなるため市内のスタンドも渋滞していました。
 一方、建設業界からは「死活問題」との嘆きが聞こえてきます。それでなくとも仕事が少なく、単価は安いのですから、公共工事の滞りは三重苦の状況と言えましょう。市内の建設会社も青色吐息。これは政治の責任です。
 OECD諸国の主要国の中での貧困格差率もアメリカに次いで2番目に高い。
 以前、イギリスの貧困の実態を描いた「ハードワーク」という本について、このブログで書いたことがあります。この「ハードワーク」という本は、2005年に出版され、この本の帯には、「明日の日本の悲劇がここに描かれている。英サッチャー政権がもたらした格差と不平等、貧困から抜け出せない固定化される弱者の苦悩」と書かれていました。
 この本にはワーキングプアという言葉は出てこなかったようですが、今はワーキングプアは完全に定着しています。最近では高学歴のワーキングプアも多くいます。今の日本は一度失敗すると再チャレンジできない構造になりつつあるようです。安倍総理は、行き過ぎた小泉路線を修正するかのように「再チャレンジ」を重要な政策課題にしていましたが、それも完全に破綻してしまいました。なんせ、ネットカフェも1ヶ月単位の長期割引が出現しているのですから。
 今日の国民の生活の混乱は、政治の混乱、すなわち失政の結果と言えます。ここは政権交代を果たすしかないでしょう。

| | コメント (1)

2008年4月25日 (金曜日)

後期高齢者医療制度

 スタートから評判が悪い後期高齢者医療制度。山形市では自殺者が出て全国放送されました。
 この制度は、国会議員も「よくわからない」という代物でです。私たち議員も担当課長から2月に説明を受けましたが、保険料設定など細部ではわかりずらいものでした。
 介護保険発足の時もギリギリまで細かい部分が国段階で決まらなくて通知が届かないために市町村の担当者だった私が苦労したことが思い出されます。今回も市役所の担当者に聞けば、介護保険と同じような状況だったようです。介護保険発足時も制度が不十分なことは国も承知しており、走り出してから改正すればいいと考えていた節があります。
 この医療制度、そもそも75歳以上を分離した制度設計に問題があると思います。分離しないで従来の老人保健法の改正でも対応することができたと私は考えます。
 国の狙いは、医療費の圧縮にほかなりません。介護保険と同じように、負担と給付の関係をはっきりさせ、高齢者の医療費の大きさを高齢者自身と国民に理解させようとしたのが国の意図だと私は理解しています。
 従来の老人保健法では、保険からの給付費の50%を政府管掌健康保険・組合健康保険・共済組合・国民健康保険が負担し、残り半分を国4:県1:市町村1の割合で負担することになっていました。
 後期高齢者医療制度では、政府管掌健康保険・組合健康保険・共済組合・国民健康保険が負担していた50%を40%に減らし、減らした10%分を高齢者の保険料で賄うこととしているのです。こう書くと単純ですが、高齢者の保険料率の算定など細かいところになると面倒になります。実際の個人の負担がいくらになるのかなど見えないところがあり、高齢者の不安を煽ってしまったのです。
 全国平均では、介護保険料が1か月4000円ちょっとで、後期高齢者の保険料が厚生省試算では月に6200円になるそうですから合計月に1万円ほどの負担になるようです。しかし、今まで国保の保険料を払っていた方の大半は負担が軽くなるというのが上山市税務課の説明です。このことも一般市民には理解されていません。
 大きな問題は、今までサラリーマンの扶養に入っていた人は保険料負担がありませんでしたので、この方々には全額新たな負担となることです。(もっとも半年間は負担なし、その後の6ヶ月間は所得割がなく均等割額を9割減、その後の1年間は所得割がなく均等割額を5割減などの軽減措置があります)
 保険者は各市町村ではなく、県一本の連合組織です。この制度で上山市の財政負担が軽くなるかといえば、どうもそうはならないようです。
 短い期間の中で高齢者に新たな制度を押し付けるような形で出発したことが最大の落ち度だったようです。
 上山市で4月の年金から天引きされた方の平均保険料は、単純に頭割りすると約4100円のようでした。詳しくは、この先の天引きにより明確になりますので改めて報告いたします。 

 今日は、蔵王エコーラインの開通式が行われました。刈田のリフト乗り場の駐車場脇の空き地で開通式を行いましたが、下界とは全く違い寒くて冬の世界でした。私の左耳は風上からの風を受け霜焼けになり、下界に下りてやっと直りました。

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水曜日)

草なぎ君と李明博大統領

 昨日、転入者の生活情報の提供について記したところですが、今朝の山新に山形市での生活便利帳の全戸配布の記事が載っていました。生活便利帳は他の自治体でも作っているところがありますが、こういう物が上山でもほしいです。

 ところで一昨日の晩のテレビ番組ニュース23にSMAPの草なぎ剛君が出演し、韓国の李明博大統領と流暢なハングル語で話しをしていました。草なぎ君は韓国では、チョナン・カンという名前で有名らしい。堀越学園でも無遅刻無欠席な上、成績優秀で「堀越賞」を受賞したそうです。なかなかのしっかり者のようです。
 こういう芸能人を見ると、芸能人が社会的に発言することの影響力を強く感じますし、国と国とのかけ橋になってほしいと思います。
 ニュース23には、選抜したのでしょうか北朝鮮を思わせるような日本の優等生のみ(高校生から社会人まで)が出演し大統領に質問していました。それにしても李大統領は様々な質問に的確に答えており、指導者としてふさわしい姿をうかがい知ることができ、かなりの好感度アップという印象でした。
 福田総理も大統領を見習って、自分を「かわいそうです」などと言わないで、言葉にしっかりした力を持つ必要がありますね。

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火曜日)

ある市民からの提案

 先日、街のゴミ拾いをしている市民から4つの提案を受けました。
1 市役所の窓口で渡す転入・転出グッズについて
  転入の際には、ようこそ上山市へという市長のメッセージを添えて、上山市で生活する上で必要な情報を提供すること。
 今はゴミ出しカレンダーと医療機関のマップ、役所での諸手続き一覧程度ですが、加えて街歩きマップやイベント情報などこの町で生活する上で便利な情報を丁寧に提供すること。
 転出の際には、市長の「今まで住んでいただいてありがとうございました」というメッセージに、転出後も上山市を思い返していただけるような記念品を添えて送り出すこと。

2 新たに出店開店して商売を始める商店や企業には、市から「ようこそ上山へ。この度は出店していただいてありがとうございます」とあいさつに行くこと。

3 「こども110番」のステッカーのように、街中の商店にお願いして「トイレどうぞ」のサインを設置してもらうこと。

4 ゴミ拾いグループを市が積極的に支援し、街を綺麗にすること。ゴミ拾いは楽しい、楽しくなければならないという理念の下、ゴミ拾いを盛んにすること。

 確かに上の1~2のようなちょっとした心配りが、固いと言われる役所のイメージを変えることに貢献し、上山市を好きになるきっかけになるかもしれません。
 また、3の提案もまち歩きを盛んに奨励する中では大事なことでしょう。
 4の提案は、今の上山市に即効性のある、金のかからないまちづくりの提案でしょう。長野県小布施町では毎月15日と30日にゴミ拾いをしています。湯布院でもゴミ拾いはよくやっているそうです。今回私に提案してくれた方は、最後にヨーロッパのある町の石畳の路地を雑巾で拭いている老婆の写真を見せてくれました。その老婆は自分の住んでいる町を本当に愛しているのですね。
 今回の提案はもっと精査し、どう実現させていけるか考えてみます。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金曜日)

こんなこともあるもんだ

 昨日の夜の帰宅はおぞましい限りでした。南高校の同窓会の幹事会が山形であり、電車で帰るべく駅に行ったところ1分ほど前に発車したばかり。チクショー。時刻表を確認しておけば良かったとは後の祭り。小腹がすいていたのでサッポロラーメンの店に。久しぶりのサッポロラーメンはうまかったす。
 その後、最終電車に乗り込み上山へ。駅前でタクシー待ちで並んだのが4人目。停まっていたタクシーも4台。いよいよ俺の番と思ったところ、あれっ突然タクシーが俺を乗せずに発進、どこかに行ってしまった。無線で呼び出しでもあったのか、俺を嫌いな運転手だったのか? 客が待っているのに置き去りにするとは全くけしからん運転手だ。
 駅前に1人たたずむ私に残されたものは闇夜と静寂ばかり。
 さきほど俺を置き去りにしたタクシー会社の事務所に行き、文句を言いながらタクシーに乗り込み自宅へ。玄関を開けようとしたら鍵がしまっている。内側から施錠しているので、合鍵でも開けられない。携帯で、寝ている妻に電話、やっと家に入ることができました。子供がバイトから帰ってきて施錠してしまったのでした。普通はしないくせに。
 いやはや山形から遠かったこと、遠かったこと。
 今朝冷静に考えたら、別の合鍵で台所から入ることができたのでした。

 昨晩は、月岡ホテルでの上山市農業委員会の総会の後の懇親会と南高校の同窓会の幹事会に出席したのですが、帰宅時のゴタゴタを別にして、それぞれ収穫のある充実した会でしたので申し添えておきます。帰宅に時間がかかったので二日酔いもしませんでした。

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水曜日)

桜満開

 山形市では今日桜が満開との報道につられ、馬見ヶ崎川沿いに夜桜を見に行ってきました。
 山形に行く前に金瓶の早坂のキリンビール工場の跡地に咲く、「しでこぶし」という花を見に行きました。行ってみると、ライトアップされた花の下で地元の人が花見をしていました。話しでは昨晩も盛大に花見をしたとのこと。酒を勧められましたが、丁重にお断りをして馬見ヶ崎へ。
 馬見ヶ崎へ行くと、車は渋滞。桜の花はライトアップされて綺麗でしたが、花は満開の一歩手前という感じでした。知り合いが経営している貨車を改造した喫茶店の中から見ようとしましたが、そこも一杯で帰ってきました。この時期は1年で一番好きな時期です。
 ちなみに、私はこの次の日曜日の午後1時から日通マイホームの向かいの河原で花見をすることにしています。良かったらお出でください。会費は要りませんので、自分で飲み食いする分は持参してください。

 今日、上山市内中学生の駅伝大会があり、応援に行ってきました。男子は北中がダントツ、女子は南中がダントツ。今年の坊平で行われる市町村対抗のクロスカントリー大会が楽しみです。

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火曜日)

正八幡神社

 今日は、宮脇の正(しょう)八幡神社の春の例大祭に出席してきました。二日町の八幡神社の氏子総代と月岡神社の宮司さんと氏子総代も出席、来賓は市長以下、県議、市議、宮生と金生の各地区役員などです。
 宮脇の正八幡神社は、宮司の長男が今年からお父さんと一緒に親子で働くことになり、皆さんに紹介されていました。
 宮脇の正八幡神社は格式ある神社ですが建物の傷みがひどく、特に屋根の萱は抜け落ちてみすぼらしくなっています。躯体もくたびれており修繕するには2千万円位かかるのではと氏子の方が言っていました。かつて金生は宮生村の一部だったという経過もあるので、寄付集めの際には金生の地区民からも協力してもらいたいとのことでした。
 地区民の精神的な拠り所として、地域コミュニティー(地域共同体)の象徴として大きな役割を担ってきた神社も、時代の変化の中で維持するのに困難をきたし始めてきています。農村とはいえ、大半がサラリーマンとなり住民の意識から信仰は遠のいています。八幡神社の存在が地区民から遠のき始めているのです。
 祭りは、かつての農耕社会では生産という作業と結びついていました。それが、社会構造の変化の中で衰退するのは自明の理かと思います。
 現代においては、祭りは直接の生産と結びついたものでなく、今の時代に合った祭りとして再生される必要があります。先人が崇め奉ってきたものを次代につないでいくのは本当に大変な苦労がいることです。八幡神社の価値にスポットを当てて、地区民がもう一度八幡神社とどう向き合うか話し合うことが大事かと思いました。
 そんなことを考えながら、ウーロン茶をごちそうになり帰ってきたのでした。

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月曜日)

ベニバナの種蒔き

 桜前線の話題も足踏みするような天気で肌寒い。昨日は、13号線沿いのでん六の交差点の北側にベニバナの種まきをしました。先週、茂吉記念館前の畑に蒔いたのに続いての種蒔き。ベニバナ栽培では先輩格の白鷹町から今野町会議員も指導にきてくれました。白鷹町では、60haも作付けしているということでした。
 ベニバナは、3月下旬に種蒔きし7月中旬に花が見頃になるそうですが、種蒔きの時期をずらすことにより見頃も後ろにずらすことができます。
 手蒔きと機械蒔きがありますが、3~5cm間隔に筋蒔きにするのに手で蒔くとどうしても種を余分に蒔いてしまいます。機械ですと無駄なく蒔けるという利点があります。
 密植になると成長が阻害されるので、おろぬく必要があります。しかし、そのおろぬいた葉っぱをおひたしにしたり、干しものするとおいしいそうです。ベニバナのおひたしは、直売所に出すとすぐ売れてしまうそうです。スーパーでは売っていませんからね。
 しっかりと育てたベニバナは盆栽のように大きくなるといいます。
 昨日の朝に二日町の八幡神社内の「べにばな地蔵様」の「べにばな講」のお祭りがあったのですが、かつてベニバナの主産地であった上山が再びベニバナで地域活性化が図られるか今後の展開に注目です。なお、今日も別の場所で種まきが行われており、今年は全部で1ha近くの作付になるでしょうか。
 今年の作付は、観光果樹園協議会、まちづくり塾、元気会の3団体が協力して取り組んでいます。

 
 

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水曜日)

CO2が基軸通貨になる?

 昨日は関東近辺で大荒れの天候でしたが、上山は雨降りで寒かったものの悪天候というほどではありませんでした。本当に災害のない穏やかな地域だと思います。

 さて、昨晩テレビを見ていたら、EUでCO2の排出量取引が盛んに行われている商談会の様子を映した番組が放映されていました。かつては金が取引の基軸であり、今はドルが基軸通貨ですが、これからの基軸通貨はCO2になるというのです。日本はハンガリーの排出権を購入することになるようですが、CO2削減の面の対策は遅れており、洞爺湖サミットを控えて日本の存在感を世界にどう示していくかが課題です。
 しかし、排出量取引の商談会が極めて盛況で大きなビジネスになることなどちょっと前には想像もできないことでした。心配なことは、排出権が金融商品となり取引が盛んに行われることがCO2削減につながるかどうかです。
 福祉が大きな市場に成長しましたが、これからは環境がビジネスチャンスであることは間違いないようです。

 そんな中、今日「かみのやまEM交歓会」の設立総会がありました。EM菌という何ともえたいの知れない菌が、人間の様々な生活の場面で有益であり、環境維持の面でも大いに効果があるのでこれを普及させていこうという会です。私も会員になり、信じられない効果をいろいろ聞きましたが半信半疑です。これから勉強していきます。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火曜日)

日本の最低賃金は最低

 今日はrain降りで寒く花の便りも遠のいたような気候の下、中学校の入学式がありました。明日は小学校の入学式です。
 一昨日野球の初練習をしたばかりでしたが、今日早速13日(日曜日)の城北高校の練習試合の審判依頼がきました。20日には上山青年会議所杯の野球大会が行われます。桜の便りとともに一斉にイベントが多くなり、土日のスケジュールがふさがっていきます。
 少しは痩せるように頑張りたいと思います。

 さて、最低賃金の話しを少し。昨晩のNHKのクローズアップ現代という番組で最低賃金で入札したのに落札できなかった事例が紹介されていました。民間委託が進んでいる現状の是非は別にして、委託先の労働者が不当な賃下げを受けたり、解雇されたりしている実態を報道していました。指定管理者制度が上山市でも導入されていますが、委託料があまりにも低いのは問題です。委託料が安くなって自治体はいいのですが、安上がり行政が働く人を圧迫することへつながっている現実があることも頭に入れておく必要があります。
 そこで、最低賃金の話しになるのですが、イギリスでは、今年の10月から21歳以上(22歳以上かもしれない)の最賃が時給1,120円に改正されるそうです。ちなみに山形県は620円。アメリカだって800円台のはず。日本の労働者保護はかなり不十分。公共工事の労務単価も下がりっぱなし。先進国とは言えないような実態、これ最低。 

| | コメント (1)

2008年4月 6日 (日曜日)

成人式

 今朝は、40歳以上の野球チーム、「トップマウンテン上山」の今年の初練習。朝7時から9時過ぎまで明新館で行いました。肩の痛みが感じられ、今年は果たして投げることができるだろうか心配です。久しぶりに動き回ったので、家に帰ったら疲れて小一時間寝てしまいました。

 10時半ごろに眼を覚まし、成人式に出席。上山市では、毎年4月の第1日曜日に成人式を行っています。新成人からなる実行委員に市の担当者が助言をして開催しているのですが、人が変われば式典のやり方も変わります。今年の成人式は近年の中で一番良かったような気がしました。
 4つの中学校代表の新成人の主張はそれぞれ個性が出ていて面白かった。東大生の主張はさすがにしっかりしていました。また、恩師のはなむけの言葉も含蓄のある内容でした。例年は30分程度の式典ですが、今年は50分間にも及びました。それでも整然としていました。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水曜日)

国会は早くまともな議論を

 このブログも書き始めて丁度2年になりました。前ニセコ町長 逢坂誠二氏(現 民主党衆議院議員)の町長室日記を見習って始めたのですが、中々皆さんの身になる内容にはなっていないようです。しかし、私にとっては、自分の考えをまとめるという意味でメリットがあります。書くことによって、自分の考えが整理できるというのは事実です。そういうことですから、お付き合いいただいている方には申し訳ないですが、お許し願います。

 さて、暫定税率で話題沸騰。ガソリン代の値下げは歓迎するとしても、上山市も穴の開いた9千万強の金をどうするのか。民主党は現実的な政策を国民に示しているとは評価できかねます。私でさえ税収が足りなくなる分の対策がどう施されるのか理解できないでいるのですから、普通の市民はなおさらでしょう。国会には是非生産的な議論を望みます。

 今日は、金生地区内を中心に後援会だよりのポスティングを行いました。明日も引き続き行います。

| | コメント (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »