« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火曜日)

日本がおかしくなった?part2

 昨日の麻生総理の所信表明演説は、総理としての品格をかなぐり捨てた民主党攻撃に終始した内容で、こういう人が日本のリーダーでいいのかと自民党員でも疑問を抱くような演説だったと思います。
 さて、日本がおかしくなったと昨日のブログに書きましたが、今月で5件目の母親による子殺し事件が昨日発生しました。一体どういうことなのでしょうか?
 銚子市立病院が今日で閉鎖です。公(おおやけ)が崩れてしまいました。

 このような異常な日本の総理を直接国民が選ぶことができるのが今回の解散総選挙の大きな特徴のひとつです。自民か民主か、どちらか勝った方の党首が総理になるのですから。
 鹿野道彦氏が先日面白いことを言っておられました。「ペリーが来航して明治維新まで15年かかりました。私が自民党を離党して苦節15年です。大きな変革・政権交代を成し遂げるには15年かかるのです。かつては、自民党を離党したことを批判されたものですが、今は先見の明があったと言われるようになりました」というのが大まかな内容でした。
 11月2日投票が有力のようです。イベントが多い時期ですから忙しい人は期日前投票を行いましょう。

| | コメント (4)

2008年9月29日 (月曜日)

日本がおかしくなった?

 中山大臣が辞任しましたが当然でしょうね。しかし、あれは失言ではなく、本音を確信を持って話したのです。大臣ですから、政府の一員として話すことになるわけで、過去の政府見解を踏まえて発言すべきことは常識です。敢えて発言して物議をかもしだすというやり方は、大臣という立場では許されるものではないと思います。
 彼はタカ派で通っていたようですが、いくら何でも立場を考えずにやるのは、そもそも国会議員としての資質が問われます。
 彼は、くどいように日本がおかしくなったのは戦後の教育にあり、その教育を捻じ曲げたのは日教組に原因があると言ってますが、例え日教組がどうのこうのといっても、戦後の教育行政は自民党政権が担ってきたのですから、その責任は自民党にあると私は考えます。

 日本がおかしくなったと言えば、ここ数年、日本語の乱れが気になってしょうがありません。その最たるものが語尾上げ言葉です。
 語尾を上げることは、疑問文の時に使うか、自分の言葉に自信がなくて、相手に確認を求めるときに使うのが、今までの使い方だったと思います。それが、今はファッションのように使われています。それも世代を超えて老いも若きもです。あの硬派の石破大臣もなのです。
 それから「~してもらっていいですか?」との言葉。よく若い店員などが使います。「~していただけませんか?」となぜ言わないのでしょうか?
 これらの日本語の乱れも日教組のせいでしょうかね、中山さん?

 立場をわきまえない日本人、乱れた言葉を使う日本人、この先日本は大丈夫だろうか?

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木曜日)

総選挙はいつ?

 昨日、麻生内閣が誕生して、いよいよ選挙に向けた動きが活発になってきました。今日の山形新聞では、「11月2日投票に動きが加速」との見出しが出ていました。
 しかし、2日は翌日も文化の日で連休になり、何かとイベントや旅行で人が動く時です。1日は土曜日ですから、3連休の中日になるわけです。
 つまり、投票率が下がる確立が高く選挙には最もふさわしくない日なのです。
 創価学会など固い組織票があるところはいいでしょうが、支持政党なしの浮動票ねらいの民主党には不利に作用すると考えるのが妥当でしょう。
 上山市も2日~3日は産業まつりですし、投開票事務のやり繰りも大変になりそうです。
 まぁ、国会を開いてみないとどうなるか分かりませんけど、私も後援会の事業を抱え困惑しております。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火曜日)

総選挙での政策論議に期待

 昨日、麻生総裁が誕生しました。「失言で失脚しなければいいけど」とのラジオのコメンテーターの声が耳に残っています。総裁就任の挨拶やインタビューを聞いていても、とにかく喋ること、それも余計なことまで喋ることには、この先の危うさを感じてしまいました。
 今朝週刊ポストを買って読んでみましたが、目新しい内容ではありませんでした。タイトルは、「麻生太郎の部落差別、強制労働という問われる過去」--野中広務を激怒させた人権感覚、この男は宰相の器なのか--というものですが、内容は、昔のことをただほじくり出した感じです。でも、「このまま首相の座に就くことが、果たして許されるのか-」という点では大いに共感できました。
 今朝のテレビなどでも、自民と民主の政策の違いをパネルで見せていましたが、某評論家は、「国民の間に、政策を比較し政策の違いで投票できる機会を与えてくれたという点では、自民と民主の貢献は大きい」と指摘していました。これが二大政党制の大きなメリットなのでしょうか。
 今回の総選挙では、しっかりと具体的な政策を議論して国民に分かりやすく見せてほしいものです。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土曜日)

麻生太郎という人

 「総務大臣に予定されておる麻生政調会長。あなたは大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』とおっしゃった。そのことを、私は大勇会の三人のメンバーに確認しました。君のような人間がわが政党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんかできようはずがないんだ。私は絶対に許さん!」
 野中の激しい言葉に総務会の空気は凍りついた。麻生は何も答えず、顔を真っ赤にしてうつむいたままだった」
        魚住昭著「野中広務 差別と権力」より

 昨日の週刊ポストの新聞広告を見た人はいますか?
 麻生総理(多分)に関する差別発言に代表される人権感覚を報じた記事のようです。買って読んでみようと思います。
 私は、こんな人を総理にするなんてとても容認できません。
 2003年9月11日の自民党総務会において、野中が麻生を激しく非難したのが冒頭の記述です。この件は、国会でも取り上げられたのですが、すっかり忘れ去られていました。
 小泉首相の面前で、このように差別発言を厳しく指摘されたにもかかわらず、麻生氏は部落差別問題を扱う担当官庁の大臣に就任したのでした。麻生氏は、このほか、朝鮮半島や中国での侵略戦争を正当化するようなタカ派的な発言をしてきた人ですし、この人が総理になることで国益を大きく損なうことが心配されます。
 野中氏は、被差別部落の出身だったのですね。
 野中氏は、憲法9条擁護派の数少ない自民党大物でしたので、数年前に上山の平和の集いに招聘する計画を立て、野中氏の日程まで確保してもらっていたのですが、連絡ミスで実現できませんでした。立派なたたき上げの政治家といえる人物とみました。
 

| | コメント (1)

2008年9月19日 (金曜日)

解散総選挙はいつ?

 いよいよ選挙が近づいてきました。9月14日公示同月26日投票が現実味を帯びてきました。新総理が補正予算を成立させてから解散するのかどうかが焦点となります。
 もし14日公示となれば、後1か月もないわけで今すぐ準備をしなければなりません。選挙事務所の設置、ポスター張り替え、個人演説会、遊説・・・・など臨戦態勢に突入するわけです。何といっても選挙優先ですから、既に入っている私の日程もキャンセル、延期になったりしますが、これは致し方ないことです。
 私どもが支援する鹿野道彦氏は、今回が最後の立候補となるでしょうから、本人もいまだかつてない気合いの入りようです。私も精一杯働きますのでみなさんのご支援をよろしくお願いいたします。
 

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火曜日)

お祭り連休

 慌しい3連休が終わりました。
 宮脇八幡神社の祭礼に行きましたが、以前は神輿を担いでいたのに、ここしばらくは担ぎ手が足りなくて、トラックの荷台に載せて運んでいるのです。残念。
 お祭りが地域の再生に繋がるとすれば、たとえ、地区外の神輿グループの力を借りようと、もう一度人力で担ぐことにこだわることが大事だと考えます。まじめに各方面に相談してみたいと思います。
 次に、艶やかな山車について一言。
 上山の踊り山車のルーツは、今から250年ほど前の宝暦年間にあり、昭和38年を最後に途絶えていたものを昭和54年に青年会議所が復活させたものです。今年で30年目を記念し、今回は2台の山車が街中を練り歩きました。1台は、日本舞踊の教室の山車、もう1台は、山形舞妓の山車。いやぁ、毎年見てますが今年も綺麗でした。旅館に泊まっていたお客さんも大喜びで見入っていました。
 次は、かかし祭り。例年になくお客さんの入りがよく、普段の上山にはない交通渋滞が発生。まちづくり塾で出している、食用ほおずきの売れ行きも好調で目出度しめでたし。かかし祭りは21日まで続きます。
 連休中を通して私なりに感じたこと。青森のねぶた祭りのように、その祭りの時には、まち挙げて集中するような態勢づくりが大事だということです。この3日間は、余計な行事、スポーツ大会など入れずに市民挙げて参加する、そんな祭りにしたいということです。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土曜日)

上山の秋祭り

 今日から、かかし祭りが開幕し、夜7時からの全国放送のNHKニュースの最後に映像が流れました。よく映っていました。
 朝9時からの開場式に行ってみましたが、議会の我が会派「たかまき」で製作した、ごみゼロかかしは、何の賞にも入りませんでした。残念。
 今年の出品作は中々の出来ばえが多いですから、みなさんも是非足を運んでみてください。
 かかし祭りの後は野球場へ。10時頃からあいにくの雨が降り始め、10時半から午後1時半まで3時間、雨の中の主審を務めましたが、全くひどいものでした。

 明日は、山形舞妓の踊り山車も出て、夜9時まで市内を練り歩きます。艶やかですよ。一見の価値ありです。八幡様の武者行列も出ます。
 私の明日の主なスケジュールは、踊り山車の出発式、八幡神社の出御祭、特別養護老人ホームの敬老会への出席、そして今日の続きの野球の審判などですが、私もしっかり楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水曜日)

かかし祭り

 今週の土曜日(13日)から、かかし祭りが始まり21日まで9日間開催されます。既に何体ものかかしが搬入されており、市役所裏の会場も着々と準備が進められています。
 この前の日曜日は、シルバー人材センターがボランティアで大規模に市民公園周辺の清掃活動を行ってくれ、今日の夕方は、市の職員が大勢で市役所正面周辺の清掃をしてくれていました。
 今年の出品数は、昨年より若干少ないようですが、会場を月岡公園から移したことで、多くの高齢者や障害者も訪れるようになり、祭りは入場者の数では盛況になりました。
 しかし、ただ何百体ものかかしを展示するだけでは、今以上のお客さんを呼ぶことはできません。
 友人は、「チェーンソーアートの大会をやりたい」と言っていましたが、毎年工夫を凝らしたイベントを併せて開催していくことが大事なことのようです。みんなでアイデアを考えましょう。
 

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火曜日)

石風呂はいい

 先週、市内永野の司組という会社に行って、石風呂を見学してきました。天然の蔵王石をくりぬいた風呂です。家庭用で120万円くらいから、業務用の大きいものだと1千万円くらいからあるようです。
 この会社では、来年、石の展示館というべき天然石博物資料工房をオープンさせたいということで準備を進めています。親子で楽しめるような展示にしたいとのことでした。
 会社の業務を通じて地域に貢献できることは、企業にとって大きな喜びであり、地元自治体にとっても大歓迎であります。
 世間では、企業の社会貢献が盛んに取り上げられていますが、何も特別なことを考えなくとも、自分の企業の業務の特性を考えれば、いいアイデアは出てくるのではないでしょうか。
 それにしても、石風呂を我が家にも設置したいものです。天然石の浴槽は半永久ですから、長い眼で見れば安い買い物とも言えます。家の中に入れなくとも、庭に置いて囲いを付ければいいのです。俺もいつの日にかきっと・・・・

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日曜日)

サンデー議会

 今日はサンデー議会があり、傍聴者は68人も来ていただきました。
 私の後援会からは会長の声がけで12人ほどが来てくれました。
 私の質問に対する市長の回答はゼロ回答に近いもので、今回のふるさと納税に対する考え方には隔たりがあることが分かりました。端的に言えば、ふるさと納税に期待するものはあまりないということでしょう。
 自宅に帰るなり、かみさんからは、面白くなかったとの感想がありました。質問は事前通告制ですから第1問はハプニングもないし、1問1答でないためその後の再質問の突っ込みも弱く、質の悪い田舎芝居を見せられている感じで折角出向いても面白くないということのようです。
 来年度からは、質問の仕方も選択できるような、質問者と答弁者双方に緊張感のある議会改革を実現したいものだと考えております。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水曜日)

新清掃工場建設をめぐる民意と民度

 昨晩は、本庄地区公民館で、新清掃工場の環境影響調査の結果とそれに対する対処方法の説明会が開催されました。本庄地区内外から70名近くが参加しました。明らかに反対するために、この日のために勉強してきた方もおられました。専門的な知識を駆使して、何とか行政をとっちめてやろうとする類の方です。
 夜7時から始まり、最初に広域事務組合側は1時間説明、その後質疑応答があり、終わったのは9時を過ぎていました。
 会場の雰囲気は、建設やむなしで条件整備を主張する人から、建設を前提にした説明は受け入れられないという強硬な反対派までいましたが、総じて言えば反対が多数のようでした。何もなかった所に、石を投げて波風立てるわけですから、反対者がいないわけはないと思いますが、果樹園経営者を中心に予想以上の反対に驚いています。
 これでは、いくら地域振興費などの餌をばらまいたとしても食いついてきてくれないでしょう。
 昨日の説明会から私が感じたことは、
①建設計画が地域住民に共有されていなかった。今までの地区内で議論が役員レベルにとどまっていたのではないか、
②上のことから、正しい情報が住民に伝わらず誤解や無理解のため、正しい判断ができない住民が多くなっているのではないか、
③結果、感情的になり、計画を白紙撤回して最初から検討しなおせとの声が高まってきている、
 ということで、このままでは、高畠町の反対の声と合体し、増幅して建設計画が頓挫するのではないかとの懸念も頭をかすめたしだいです。とにかく丁寧に話し合いをしていくしかないと思います。

 合併の時も、合併推進の市長が無投票再選し、翌月に法定協議会ができて、合併反対の声はまったく聞こえてこなかったのに、土壇場になって引っくり返りました。
 今更という段階まで黙っていて、突然反対を言い出し時計の針をふり出しに戻すのは、ありうることなのです。反対の声がないから反対者はいないのではない、黙っているというのは、ただ単に意思表示していないだけで反対しないという意味ではないことを行政は知らなければなりません。私もこの度の件で、民意と民度を勉強させられました。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火曜日)

福田総理投げ出し辞任 

 昨晩は福田総理の辞任会見、びっくりしました。
 「今や自民党の最大の支持団体は創価学会なんです」というコメンテーターの声、「私は自分を客観的に見ることができるんですよ、あなたと違って」と記者の質問にムキニなって言い放った福田総理の声が耳に残っています。
 この先どうなっていくのか、政治と政治家へ信頼感が大きく損なわれることが懸念されます。福田総理は、今回は「安倍総理の辞任とは違う」と言いますが、私にはそっくりに見えます。投げ出したと言われてもしょうがないでしょう。麻生氏が、投げ出さなければならないほどの恫喝を加えたとの観測もあるようですね。
 いずれにしても、これで解散総選挙が早まるとの見方が大勢のようです。

 この次の日曜日はサンデー議会です。朝9時30分から始まりますが、先頭バッターが私です。持ち時間は市長の答弁を入れて30分限定です。
 今回の私の質問は、「ふるさと納税と上山の全国発信」です。今年5月から始まった、ふるさと納税制度に対する上山市の取り組み、ふるさと親善大使の任命、ふるさと産直パックの復活の3点について市長に見解を問うものです。
 傍聴者が少ないので、是非おいでいただければ幸いです。

 

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »