« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水曜日)

2008年終わる

 「今年1年お世話になりました。良いお年を」と連日言っているうちに大晦日になりました。
 毎年のことですが、やり残したことをたくさん抱えながら、また新しい年を迎えようとしているのです。
 いつもこの時期になると、人は何のために生きるのだろうとか、人生の意義を考えたりしながら、毎年の慣わしに従い決められた行動をこなしていくようです。
 私の場合は、大晦日の午後は、川西町玉庭のそばやに行き、年越しそばを買ってくることにしています。家族でそばをたらふく食べた後、テレビを見て、零時前に家を出ます。三吉山、次に弘法大師を祀った、弘法様にお参りし、お神酒をいただき地区の人たちと暫し談笑するのであります。そして、元旦は、届いた年賀はがきを見て、返事を出すごとくしたためることにしています。

 明日は、矢来の金華山で元旦祭に出席した後、午後から実家に行き親父と酒を酌み交わしてまいります。
 みなさん良いお年をお迎えください。来年は景気が良くなりますようにお参りしてきます。

| | コメント (1)

2008年12月30日 (火曜日)

チェンジやまがた!

 今日は、上山市内で吉村美栄子さんが同乗しての街頭宣伝活動を行いました。
 まだ演説には慣れないようですが、徐々に上手になっている感じです。カミンやヤマザワ前などで演説をしましたが、評判は上々でした。
 また、女性候補ということで、女性からの反応が特に良かったと感じました。
 風も引かず元気にやっている姿は頼もしいのですが、演説している間の微笑みが足りないので、ご進言申し上げたところ、さすが聞く耳を持った候補者、「気持ちに余裕がないためなんでしょうね。注意していただいてありがとうございます」と素直に返事をしていただきました。
 前山形市議会議長の阿部喜之助さんがおっしゃっておられましたが、現知事が就任してからの4年間、13市の議長を代表して、山形県市議会議長会会長が公式に面会を申し入れても、一度も会ってもらえないということでした。阿部喜之助さんの2年間、その後の現酒井議長の2年間、一度も面会しないということは、市町村の声を聞く耳を持たないということなのでしょうか。
 やっぱり、チェンジやまがた!ですね。応援よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2008年12月27日 (土曜日)

気の休まらない年末年始

 今朝起きたら大雪、冬本番到来です。近所の方から「来ましたねぇ」と声をかけられ、私も思わず「来ましたねぇ」とおうむ返ししてしまいました。
 今まで暖かかったため寒さも厳しく感じられ、そのせいか、この4日間で3人が亡くなり、香典袋の準備も大変です。

 昨日議会の控え室をそれぞれ会派ごとに掃除し、議会も年末年始の休みに入りました。
 しかし、当面する県知事選挙の取り組みもあり、ゆっくり休むというわけにはいきません。
 しかし、私などは休めなくてもどうでもいいのですが、世の中の不景気で、多くの方が気の休まらない年末年始になることが気がかりです。
 市内の優良企業も仕事が3~4割減など、深刻な経営不安、雇用不安が出ています。来月は今月より更に深刻になると予想されます。
 月刊誌世界1月号に高杉良氏が痛烈な小泉・竹中路線批判を書いています。一部を紹介します。「歴史的暴挙を行った小泉―竹中を今でも許すことはできない。2002年当時に正しい政策が行われていたら、その後の景気回復の恩恵が地方にも及び、我が国の不況耐久力は今より格段に高まった可能性が高い。・・・・竹中は市場原理主義者でありながら、市場に関しては全くの素人と言われても反論できまい。・・・・郵政民営化は明らかに失敗だった。・・・・」
 確かに、アメリカ追随、外需依存の輸出に偏った経済体制、そして国民を投資バブルの世界に導いてきた政策のツケが今日の不況の混乱の中に見え隠れしているように思います。もっと勉強してみたいと思います。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木曜日)

吉村みえこさん 上山市民のつどい

 23日に上山市体育文化センターにて、山形県知事予定候補者の吉村みえこさんの市民集会を行いました。
 吉村さんのお母さんは、宮脇の郵便局の柏倉家の生まれだそうで、上山になじみのある方です。私の同級生の農家から果物を購入してくれているそうで、その同級生が集会の前日の晩に「吉村さんは、聞く耳を持っている本当に人柄のいい人だから応援してくれ」と電話をよこしたのです。
 電話口で、私は思わず笑ってしまいました。と同時に本来なら私から電話しておくべきだったと反省しました。もちろん、集会当日にはその同級生の姿がありました。
 準備期間のあまりない中でしたが、当日は約400人もの人が集まってくれました。
 共産党の市会議員の菊池・橋本両市議会議員も勝手連の立場で来てくれました。
 司会は、吉田明県議会議員、応援弁士は、選対本部長のワシントンホテル社長の伊勢和正さん、県議会副議長の阿部賢一 さん、県議会議員の和島未希さん、そして鹿野道彦さんに務めていただきました。
 これは国政も同じだと思いますが、今の政治に必要なことは、人の痛みがわかる血の通った政治を実現し、国民・県民の信頼を取り戻すことだと思います。
 それには、山形版小泉と形容される現知事より吉村さんが適任だと考えます。

 集会後、弁士の方々と弁当を食べながら、いろいろ話しをし、その中で前副知事の後藤靖子さんの話題もでました。後藤さんは、副知事就任以前から、まちづくり塾の関係で上山に来てくれていましたし、就任後もよく上山には来てくれましたので、親近感を持っていたのですが、任期を残して国交省に帰られ残念に思っておりました。
 8月に富山で行われた、全国街道交流会議の席上でお会いしご挨拶しましたが、後藤さんは、パネラーとして出席されておられ、しっかり上山市の古屋敷の事例を地域づくりの事例の中で紹介してくれていました。現知事が彼女の良さを活かしきれなかったのかと思うと残念でなりません。

| | コメント (1)

2008年12月22日 (月曜日)

くやしい!天童市長選挙

 天童市長選挙は、1200票差で惜敗してしまいました。全く気の抜ける結果です。朝方から気分がすぐれません。
 海鉾さんは、この先どうやって生活していくのでしょう。また、この後の知事選挙や衆議院選挙へどう影響していくのでしょうか。
 今回の結果を引きずらないように、気を取り直して、明日の吉村みえこさんの総決起集会の成功に力を注ぎたいと思います。
 昨日までの冬晴れとは打って変わって寒い一日でした。さぞかし猿倉スキー場のオーナーは喜んでいることでしょう。
 選挙も天気も、喜ぶ人もいれば、正反対の人もいるし、これが世の習いというものですか。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日曜日)

民話の語り部 佐藤孝一さん死去

 日本を代表する民話の語り部 佐藤孝一さんが亡くなり、昨日葬儀がありました。
 佐藤さんは、1000を超える数の民話を話すことができた方で、まさに楢下の誉れでした。
 大正9年の生まれといいますから、今年で88歳だったでしょうか。
 佐藤さんのお話は何度か聴きましたが、実に味のあるいい話で、笑わせてくれます。奥さんから、出掛けに、「今日はしもの話しはするなよ」と注意をされてきたと言いながら、下ネタの民話を語るのでした。
 インターネットで検索すると佐藤さんの語りが収録されているホームページがありますので是非聞いてみてください。ちなみに私は、「屁たれ嫁」という話しが好きです。
 佐藤さんが、楢下の古民家の囲炉裏端でお話しするお姿が見られなくなったのが残念です。できれば、楢下の村の中に後に続く方がおられるといいのですが。
 佐藤孝一さんのご冥福を心からお祈りいたします。
 次のサイトで佐藤孝一さんの生の声を聴いてみて下さい。
 http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thb0309/MinwaDB/katari/Satoke/IndexSatoke.html

 今日も冬晴れ。あまりに天気が良すぎます。天童と寒河江の市長選挙の投票日ですが、投票率が上がるといいですね。開票が楽しみです。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土曜日)

雪乞いのスキー場開き

 昨日は、猿倉のスキー場開きでした。雪はほとんどなく、芝生丸出し。人口降雪機が使えるのは、気温マイナス2℃から。昨日の夕方もプラス1.5℃でした。天気予報では来週から雪マークが出ているようですが、雪がなければ全く商売になりません。
 社長も挨拶の中で、「自然には勝てません」と言っていましたが、下界に住む私たちと違うご苦労にお気の毒としか言いようがありませんでした。
 不況で世の中大混乱の中で、連日のニュースは、雇い止め、リストラなど悪い話ばかり。 是非景気のいい話を聞きたいものです。

 今日は、12月議会の報告を後援会だよりとして出すために原稿作成にいそしみました。B4版裏表で分かりやすい表現を心掛けてつくるのですが、結構負担です。
 夕方からは、文部科学大臣表彰を受けた友人の祝賀会で山形市へ。明日は、地元の蕎麦屋でゆうがくクラブの忘年会。ちなみに昨日は、五十番食堂の忘年会でした。
 12月は、肝臓の体力とお金の体力の両方が必要ですね。
 

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水曜日)

私の英語レベル

 今日は、スウェーデンの女性の友人にクリスマスカードを送りました。
 久しぶりに英語で手紙を書きましたが、英和辞書と和英辞書をパソコンで操りながらの文章作成で苦労しました。
 先だって、彼女から私の誕生祝いの電話があり、私が不在だったので家族は慌てて、結局、息子が「go out.  2hour 」とか何とか言ったらしいです。 私が帰宅してから、再び彼女から電話があり、いろいろ近況などを話したのですが、彼女の英語も私と同じくらい下手なものですから、意思疎通が大変なのです。電話を終えたら、息子が、「簡単な単語しか使わないんだな」と一言。
 会話なんか慣れですから、実際そうむずかしい単語を駆使しているわけではないのです。中学レベルの単語と文法で十分会話はできるのです。ただ、さすがにナチュラルスピードへは耳が付いていきませんけどでね。
 彼女からは、年に1回くらい電話が来るのですが、健全な付き合いをしてから30年になります。イスラエルのキブツという集団農場でボランティアとして働いていた時に知り合ったのでした。敬虔なクリスチャンで、私も随分と勧誘されました。
 私も彼女の家に行ったことがありますし、彼女も私の家に来たことがあります。

 昨日で12月議会が終わり、知事選の取り組みに力を入れなければなりません。当面は、来週の火曜日、23日の午前11時からのエコーホールでの上山市民集会の成功に向けての取り組みです。
 毎回出している、後援会だより(活動報告)も急ぎ作らなければなりません。
 今日は、夕方から、天童市長選挙の応援に行ってきます。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日曜日)

27回目の結婚記念日

 朝一番で天童市長選挙の出陣式に行ってきました。海鉾孝志(かいほこたかし)候補の応援のためです。割ぽう着姿のおばちゃんの応援弁士が、「金持ちでない候補を市長に当選させよう」と叫んでみんなを笑わせていましたが、市民レベルの目線で物事を考えられるということは大事なことです。サラリーマン生活30年、市議・県議生活13年の中で培ったものを、しっかりと市政に活かしていただきたいと思います。
 出陣式を終えて、ぞろぞろと皆が帰途に着くとき、相対する山本候補の選挙カーが通りました。しかし、誰も手を振る人もなし。選挙カーの助手席にいた、山本候補も窓から手を振るでもなし。ただ、私たちを見つめるだけ。選挙は非情なものですね。
 今日は、寒河江市の市長選挙もスタートです。寒河江は、佐藤洋樹候補を応援しています。

 ところで今日は、私たち夫婦の結婚記念日、そしてお舅夫婦の結婚記念日でもあります。珍しいことだと思います。
 思えば27年前の今日、枝松家に婿入り、討ち入りの日にふさわしく雪でした。菩提寺の称念寺で仏式の結婚式の後、駅前のAコープの2階で5000円の会費制にて実行委員会形式で披露宴を挙げたのでした。
 光陰矢のごとし。今は孫2人。来月息子夫婦が同居しますので、住民票上は10人家族となります。
 

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土曜日)

チェンジやまがた県民集会

 今週の月曜日以来のブログになりました。議会のほかにいろいろと忙しく過ごした1週間でした。
 今日は、午前9時半から吉村美栄子さんの選挙事務所開きに出席、その後11時からビッグウイングで開かれた、「チェンジやまがた」県民集会へ参加してきました。
 ワシントンホテルの社長の伊勢社長が選対本部長で、金山町の岸宏一参議院議員や、平田牧場の新田嘉一氏の姿もあり、広く超党派の陣立てになっていると感じさせるものでした。非常にいい雰囲気の集会だったと思います。
 吉村さんは、まだ顔が売れていないので、なるべく早く皆さんにお披露目したいとの重いから、上山でも23日に市民集会を開くことになりました。
 12月23日(火)午前11時から体育文化センターエコーホールで行いますので、どうぞお誘い併せの上、お出でいただきたいと思います。
 短時間の準備ですが、一人でも多くの方のご来場を期待しております。

 午後2時からは、市民平和の集いで映画「ひめゆり」の上映を行いました。入場者はざっと180人ほどだったでしょうか。以前見ていたので良かったのですが、午後3時からの山形市役所での広域環境事務組合の会議に出席するため開会式だけで失礼しました。 

 さて、会議の内容ですが、清掃工場建設にかかる入札が今月22日に予定されていたのですが、土地売買にかかる登記問題で裁判が起きたため、建設予定地の確定ができず、結果、入札は延期という報告がなされました。裁判の行方によりますが、建設が遅れることは必至です。前途多難です。私からは、管理者に対し、なるべき早く本庄地区の反対派住民と対話をするよう要望しておきました。

 夕方6時からは、野球チームの納会です。それでは行ってきます。明日は、天童市長選挙の出陣式ですので、あまり飲み過ぎないようにしてきます。
  

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月曜日)

12月議会一般質問

 今日は議会の一般質問で、7人が質問に立ちました。
 今年度から議員がトイレを交替で掃除をすることになっており、今日は、私の会派が傍聴者用のトイレ掃除当番、議員と職員用のトイレは共産党会派が当番でした。
 議会へ9時に行ったら、既に傍聴者が何人かおりました。新清掃工場建設反対の果樹農家の方々で、橋本議員の質問を傍聴に来たのでした。その数約30人。テレビ局も入り、二市二町の合併問題の時と競馬場廃止問題以来の緊張した雰囲気でした。
 議場なのでヤジは飛びませんでしたが、反対派の方々にとっては、かなり不満な市長答弁だったようです。
 橋本議員も熱の入った質問でしたが、市長とのやりとりは、溝を埋めるまでには至らないものでした。
 市長は、今後の方向性として、管理者会議として、反対派との少人数での話し合いを進めたいとの意向を示しましたが、果たして、そこから打開策が出てくるのか、私には率直に言ってわかりません。
 議会後、私に対し、反対派の方から意見交換したいとの要請があったので、夕食後に訪問、約1時間半ほど話しをしてきました。
 反対の方々の反対理由は、二市二町の端に造ることの不条理、ゴミの8割を占める山形のゴミを引き受ける不条理、工場からでる化学物質などの環境への負荷、パッカー車の排ガス被害、それに交通事故の懸念などです。
 その中にはゴミ処理施設への誤解や偏見などもあると感じましたので、私なりに意見と反論も述べてきましたが納得は得られませんでした。
 科学論争的なやりとりもあったのですが、お互い冷静に話しができましたし、今後とも話し合いを続けていきたいと思います。

 さて、私の質問ですが、実のある議論には成りきらないものでした。人口減少の歯止め策、駅前の活性化など、市長としても決め手はないという現状は理解しました。
 この問題は、全国各地で悩んでいることで、非常に大事な問題ですが、むずかしい問題です。長くなりますので、細かいことは、私の後援会だよりに掲載させていただきます。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土曜日)

雇用と自殺

 日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、中国と世界中にリストラ・首切りの嵐が吹き荒れています。BSニュースを見ているとよくわかります。スペインの日産では、労使交渉の末、解雇を撤回し、従業員が交替で休むことで合意したとか。
 経営が悪化した時、経営側の都合で簡単に従業員の首を切ることが許されるとすれば、「経営」はあまり能力の要らないものとなります。従業員に対する雇用責任というのは厳然として存在しているはずですし、かつて終身雇用が日本的経営の特徴といわれたものでした。
 会社は、終身雇用で従業員を護り、社員は、愛社精神をもって会社に忠誠を近うというのが、日本の雇用形態の特徴といわれていた時代が確かに存在していたと思っています。
 しかし、昨今、経団連の御手洗会長のお膝もとのキャノンが、違法な派遣社員の偽装請負や今回の非情な首切りをしたりしているのですから、日本の伝統は壊れたのでしょう。

 今日の午前中に上山市福祉大会が開催され、精神科のドクターがうつ病と自殺について講演がありました。
 警察庁の統計によりますと、1998年に初めて自殺者が3万人を超えて以降、今日まで毎年3万人を超えて高止まりしています。(厚生労働省のデータは少し低いです)
 1998年に対前年比34.7パーセントも急激に自殺者が増えたことについて、いろいろ分析がされているようですが、ある学者は、「バブル崩壊後の景気後退局面の中で、労働者、とりわけ中高年男性の自殺者の増加が大きな割合を占めていることが確認された。経済的に追い詰められたり、勤務環境の厳しさなどの中で押しつぶされた」と分析しています。
 そして、今の時代、何となく嫌な予感がしませんか?山形県内では、毎年350人を超える自殺者があるそうで、上山市でも自殺者が続いた地域がありました。
 人間一人では生きられませんから、つらいことがあったら相談できるような友人は必要です。また、気軽に相談できる窓口・機関も必要ですね。
 ストレスは、お金と違ってため込まないことです。
 私も、かつてソーシャルワーカーの仕事をしていましたのでお力になれれば幸いです。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金曜日)

役不足、確信犯etc・・・日本語の誤用

 日本語の乱れは直しようがないのでしょうか。
 文化庁の発表では、「役不足」を「本人の力量に対して役目が軽すぎること」という正しい意味で使っている人は4割で、「本人の力量に対して役目が重すぎること」と間違って使っている人が5割だそうです。
 よくある例で、PTAなどの役員を頼まれた人が、「役不足ですから」と断るのは、とんでもないことなのです。全く逆の意味で使っている人が半数以上というのは何に原因があるのでしょう。
 こういう例が、「確信犯」もそうですし、山ほどあるのです。正直、私も間違っていたのが、いくつもありました。是非次のサイトで自分の使い方をチェックされますことをお勧めします。http://starscafe.net/kotoba/misuse/nuance_a.htm
 日本語は何でこんなにむずかしいのでしょう。私はむずかし過ぎると思います。
 間違って使っている人が過半数にもなるのでしたら、学校できちんと対策がなされるべきでしょう。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木曜日)

吉村美栄子さん発進

 昨日の朝7時30分からの、「吉村美栄子さんを支える3市2町の議員の会」の朝食会に続き、今日午後5時30分から、選挙対策本部結成会議がありました。
 アメリカ流のネガティブキャンペーンは好きではないので具体的な内容は割愛しますが、斎藤知事の県政運営の手法については各方面から疑問と非難の声が聞こえてきます。
 保守・自民党の支持基盤であるJA山形も自主投票を決めたと聞いています。
 政治は人間が行うものです。庶民と同じ目線で、人の痛みが分かる、義理人情にあふれた人に知事になってほしいものです。
 もちろん聡明な頭脳と洞察力、そしてリーダーシップは必要です。しかし、独善的ではいけません。方向性を間違えないためにも「チーム」として取り組んでほしいと思います。
 来週の13日、土曜日午前11時からビッグウイングで吉村さんの県民集会がありますので、直接自分の目と耳で吉村さんの人格と識見に触れてくださるようお願いします。
 今日の吉村さんの挨拶によると、「動いていないと落ち着かなくなってきた」と言います。私も経験上ですが、候補者になると興奮状態になり、常に動いていないと不安になるのです。 

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水曜日)

12月議会の一般質問

 明日から12月議会です。今回の一般質問は8日の月曜日です。7人が質問し、私は5番目です。
 私の質問内容は、以下のとおりです。
1 元気な上山づくり
(1)人口減少に歯止めをどうかけるか。
(2)駅前の賑わいをどう取り戻すか。
2 市内の学校統廃合について
(1)答申を受けての今後のスケジュールは。
(2)山元小中学校の休校後の活用をどうするか。
3 新年度予算編成について
(1)今後の財政見通しはどうか。
(2)職員給の復元措置はいつか。

 1の元気な上山づくりは、非常に困難な課題で、私も具体的な、これはという解決策を持ち合わせているわけでもないのです。全国平均を下回る異常に低い本市の合計特殊出生率に伴う自然動態の減に加え、若者の転出による社会動態の減。
 子育て支援は市長の最大の売りですが、今後どう展開をするのか質したいと思います。
また、駅前の「ふらっと工房ららら」が10月に店を閉め、また駅前の灯がひとつ消えましたが、今後の振興策の展望を質したいと思います。

 こうした中、今日ご挨拶状をいただきました。送り主は、株式会社T.T.ジャパンホールディングス 代表取締役 高坂孔煌という方です。面識はありません。
 内容は、「新湯の招雲閣を11月1日から吸収合併して経営を引き継いできた。しかし、老朽化しているので、12月26日をもって営業を停止し、解体することにした。新たに、2010年春に長期滞在型養生施設(ホームページを見ると6階建てらしい)をオープンすることとした。ついては、駅前に1月15日から営業所を開設することにしたのでよろしくお願いしたい」というご挨拶状でした。駅前というのは、住所からして観光タクシーの営業所跡地のようです。
 どんな方か知らないけれで、上山の賑わいづくりに貢献してくれることを切に望みます。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火曜日)

オバマ氏の勝利演説 Yes we can!

 金平茂紀さんという、TBSのアメリカ総局長の講演会がシベールでありました。入場料500円。
 長くモスクワやアメリカで仕事をしていた彼の話は、外から日本を見る視点がグローバルで実に興味深いものでした。日本人が日本を高く評価しているほど、外国では、特に今のアメリカでは評価されていないとのことでした。存在感がアメリカに伝わってこないというのです。
 先に開かれたG20でも、麻生さんは集合写真にも映っていなかったし(端っこにいて切られてしまったらしい)、JapanのJの文字すら主要紙の記事の中に出ていなかったそうです。
 オバマ次期大統領の勝利演説は実にすばらしかったといい、言葉の持つ影響力に改めて驚かされたそうです。勝利演説会場には35万人もの人が集まり、映像には聴衆の中に涙を流している人がたくさん映っていました。
 オバマ氏は、演説の天才かもしれませんが、演説の内容が国民に希望を持たせる、そういう人が国のトップにいるアメリカはやはりすごい。対する日本。
比較するのはやめましょう。 我々だって Yes we can だから。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月曜日)

納豆を食べて健康に

 一昨日の土曜日の午後に、上山ゆうがく塾の今年最後の講座がありました。私も運営スタッフの1人です。
 内容は、市内金谷に住まいする、高橋紘一郎さんという納豆菌を研究・製造している方のお話でした。
 納豆の起源は、1087年に源義家(八幡太郎義家)が後三年の役の戦いで秋田県の横手市付近に出向き、百姓から食糧を供出させた中に、俵に入った大豆の食べ物があった。これが納豆だった、という話しがあるそうですが、もっと前に起源はあるという方もいるそうで正確なところは不明です。
 食べるのに手ごろな納豆は、中粒だそうです。小粒だとあまり噛まなくていいので味があまりしないというのです。ちなみに、小粒の代表は、水戸納豆。
 九州で人に頼まれて納豆を作り、よくできたと思って食べさせたら、「腐っている」と言われたとのこと。納豆は、関東から東北人にはよく食されていたが、O-157の感染を抑える働きがあることから関西でも食する人が増え始めてきたそうです。
 納豆菌の働きは非常に優れていて、便秘や下痢に効く整腸作用、ガンの治療効果、骨粗しょう症の予防などいろいろあるそうです。
 毎日納豆を食べましょう。または納豆菌を飲みましょう。問い合わせは次の高橋さんのホームページへ。http://www.nattomoto.net 
 

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »