« 風展2 | トップページ | 一流は違う »

2010年6月24日 (木曜日)

2番ではダメ、1番でないと

 今日は各陣営一斉の出陣式、私も選挙に終始した一日でした。各陣営とも、公示後には違反になるポスターの貼り替えに注意していますので、ほぼ昨日までに貼り替え作業は終えたようです。
 某政党のポスターは今回も楽しませてくれるものでした。「一番」、どういう意味なのでしょうか? 蓮舫議員を意識したものでしょうか。仕分け作業で蓮舫議員が「なぜ一番でなきゃいけないのですか?二番では駄目なんですか?」といったのを皮肉ったのは間違いないようです。しかし、それだけだど品がないというか、単純なので大変な時に使う、「ここ一番」をかけたようです。デザインもなかなか注意を引くものでした。

 さて、先日、私が支持する候補者と市内を回っていた時に市民から投げつけられた言葉、「あなたは2番でいいんですか?」 と。
 なぜこんな理解になるんですかと私は言いたいです。蓮舫さんは、2番でいいなんて言ってないでしょう。なぜ2番で駄目なのかという説明を求めたのです。1番でなければならない理由が、説得力のある言葉で語られない時、つまりその事業の必要性を語ることができないときに、その事業は廃止または縮小の憂き目に合うことは、世の中の必定であると思います。
 ひとつのプレゼンテーションですから、当たり前のことと考えます。マスコミの連日の繰り返し報道により、国民の思考が誘導されたいい事例と思います。

 国民ひとり一人が、しっかりと判断できる力を身につけることが教育に課せられた大きな課題かと思ったしだいです。

|

« 風展2 | トップページ | 一流は違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風展2 | トップページ | 一流は違う »