« 半夏生のひとつ咲き | トップページ | けふこずば あすは散りなむ 梅の花 »

2010年7月 6日 (火曜日)

紅花摘み開始

 今日の朝から紅花摘みを始めました。朝5時過ぎから、まちづくり塾生7人で摘みましたが、朝は棘が柔らかいとはいえチカチカと痛かったです。明日は厚手の手袋を付けていきます。1年ぶりなので忘れてしまっていました。
 もし体験したい方がおられましたら、是非仲間に入っていただきたいものです。向こう1週間くらいは雨が降らなければ毎朝花摘みをやる計画です。
 また、11日にはヴェンテンガルテンにおいて紅花の収穫祭を行います。高校生が作った、べにばな愛す、米粉マドレーヌ、まちづくり塾政策の紅花おにぎり、切花などを提供する予定です。時間は午前10時から午後2時までです。遊びに来てください。
 Img_2078_2

Img_2085_2
 選挙戦も今日を入れて5日間のたたかいとなりました。勝敗は混沌としています。民主、自民ともに大物政治家、著名政治家の投入合戦の様相です。
 時計の針を戻さないために、「政権交代」から「世代交代」へと転がしていかなければならないと思います。

 ここでコマーシャル。是非ご参加を。

 新たなる環境教育の可能性をさぐる

        ~ 焚き火で語ろう ~

  第12回東北環境教育ミーティングinやまがた

  http://teef12.up.seesaa.net/image/12th_teef.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼開催日 平成2293日(金)~5日(日)23日(部分参加、日帰り可)

▼開催場所 最上川学推進センター(旧、清川小学校)ほか

▼内容

基調講演①「環境教育、善意の落とし穴」田中優さん

(未来バンク事業組合理事長、ap bank監事、天然住宅共同代表ほか)

基調講演②「見過ごされていた自然や生活の知恵を再発見する」出川真也さん

(里の自然文化共育研究所専務理事、山形大学准教授ほか)

体験プログラム

A 雑木林で「森のようちえん」

B 間伐材を使う「皮むき間伐」講習会
C 芭蕉の足跡をたどる「最上川ラフティング、カヌーイング」

|

« 半夏生のひとつ咲き | トップページ | けふこずば あすは散りなむ 梅の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半夏生のひとつ咲き | トップページ | けふこずば あすは散りなむ 梅の花 »