« 高齢者の所在は? | トップページ | 従業員にやさしい企業になって »

2010年8月 7日 (土曜日)

原爆投下は許されない

 65年前の昨日8時15分に広島に原爆が投下されました。昨日の式典には、国連のパンギムン事務総長とアメリカのルース駐日大使が初めて参加しました。参加を評価する一方なぜ今まで参加してくれなかったのかという疑問も残ります。
  ルース駐日大使が参加したことについて、アメリカ国内で批判があります。その主張の主は、退役軍人会を中心にした原爆投下を正当化する人々です。もっともアメリカでは原爆投下を正しかったとする世論が2/3だそうです。
 私からすれば、どんな理由があろうとも原爆投下は正しいことではありません。

 平和市長会議という組織があります。144カ国、4069都市が加盟しているそうです。広島と長崎の市長が呼びかけて作られたもので、1990年に国連の広報局NGOに登録されています。
 秋葉市長は、天童市の遠藤登前市長が衆議院議員時代に社会党で共に活動した仲間だそうで、数年前に天童市に講演に来たことがありますが、とにかく見識の高い立派な方です。上山市も平和市長会議に参加するよう呼び掛けたいと思います。

|

« 高齢者の所在は? | トップページ | 従業員にやさしい企業になって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者の所在は? | トップページ | 従業員にやさしい企業になって »