« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木曜日)

上山に葬儀場竣工

 昨日、市内金生地区に建設されたセレモニーホールの竣工祝賀会に出席してきました。葬儀会場は120人名くらい収容できる感じでしたが、ホールとの仕切りを開ければもっと入りますし、別室へカメラモニターで飛ばすこともできるので200名以上の葬儀もできるとのことでした。
 通夜室も10名ほど宿泊できる設備として作られており、炊飯器なども備えてありました。住宅事情などを考えると利用すると便利だなと思いました。
 ところでこの施設は、当初7年ほど前に上山駅前に建設されることで設計書まででき新聞の折り込みチラシに完成予想図まで掲載され、その後の反対運動で建設を断念した、いわばいわく付きの施設なのです。
 駅前商店会の中には、この反対運動に疑問を呈し、未だに開発が進まず駅前がさびれていることを嘆いておられる方もいます。気持ちはわかりますが、やはり駅前に葬儀場はいくら何でもそぐわないと考え、当時私も葬儀場の経営者サイドに意見を申し上げた経過があります。それから7年の歳月があり、昨日の祝賀会でしたから感慨深いものがありました。
 同じテーブルに置賜地域の葬儀場経営者がおられましたのでお話ししたところ、村山地域とはきちんとすみ分けをしているとこのことでした。今県外からも事業者が進出してきていますが、「私たちは地元に密着した商売をしています」と自慢げに話されていました。
 葬儀ビジネスがこんなにも盛んになるとは考えませんでしたね。時代の変化を感じます。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月曜日)

失って初めてわかる有難さ

 今日、9月3日退院後初の外来に行ってきました。少しずつ、神経が回復しているような気がしますが、足先がつまづいて転倒するといけないので短下肢装具を付けることを勧められかたどりをしてきました。装具を付けて靴を履けば歩行が安定しますので日常生活は全く問題なくなるでしょう。巨人軍の吉村選手などは装具を付けてプレーしていたくらいですから、私も特に心配はしていません。
 足首が上に向くことの大事さなど全く気にも留めませんでしたが、下垂足になって初めて正常な動きの有難さを感じています。
 自分の体をいたわりましょう。

 今日の午後に、東京にある独立行政法人農畜産業振興機構の職員2名が、食用ほおずきの取材に来られました。生まれて初めてほおずきを食べたとかで、食べてしばらく考えた後、2人とも「マンゴウの味に似ている」と叫んだのです。
 今年は、出来の良くないほおずきですが、おいしいを連発していました。野菜情報という月刊誌に掲載されるそうです。昨日の夕方は、YBCサンデー5でほおずきの特集が放映されました。こうしてみると上山の発信に、まちづくり塾も少しは貢献できているようです。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土曜日)

安心して子育てできる社会

 今日も寒い一日でした。一気に紅葉の秋を迎えたような感じです。
 今日は、新人戦で野球会場に行ってきました。本来は審判を務めるのですが、動きがまだ軽快でないので開会式のみ出席しました。
 北中、南中、宮川中の3校ですが、宮川中はジャスト9人。それも1人水泳部から借りてきたとのことでした。来年はどうなるのでしょう?
 来年4月から、中山小学校が南小学校へ統合される予定ですが、続いて、西郷二小、更に本庄・東・宮生小3校が一緒になり宮川中との小中一貫校が作られる計画です。
 年間170人しか生まれない上山市。かつて上山小学校が2000人のマンモス小学校と言われましたが、あまりの時代の流れに愕然とするのみです。
 加えて、上山市では毎年450人位の人口減少が続いています。
 市の対策も、国の対策も功を奏していませんが、子どもを3人くらい安心して育てられる社会を早期に実現したいものです。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木曜日)

お祭りも天気次第

 今日は一日中雨降りのため案山子祭り会場もお客さんが少なく、食用ほおずき売りも上がったりの状態でした。折角、明新館高校の生徒が6人も売り子をしてくれたのですが残念でした。
 それにしても寒くて、この気候変動は激し過ぎで高校生も震えていました。
 そこに午後のサイン会に登場したのが、モンテの秋葉選手。明新館の卒業生ということもあり特別に記念撮影させてもらいました。秋葉選手は右端です。
Simg_1006

Simg_1002

手に持っているのは紅花アイスです。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火曜日)

国旗を踏みつけること

 中国が俄然日本に対し強気に出ています。
 どこの自治体にも日中友好協会がありますし、上山をはじめ農村部には多くの中国人妻が嫁いでいます。昔から国家というものはどうにも始末の悪いもので、一国民同士では仲良くできても国家というよろいを着ると途端にいさかいが起きるのです。世界は一家、人類皆兄弟とはならないのです。
 経済的には抜き差しならないほど密接な関係にある日中、米中ですから、ここは大人の対応を期待しています。
 それにしても、相手の国旗を足で踏みつける行為は、許されるべきではないと思います。相手の存在そのものを認めない、抹殺に通じる行為だと思います。冷静な中国人もテレビで映してほしいものです。

| | コメント (5)

2010年9月19日 (日曜日)

お祭り騒ぎの上山温泉

 昨日から、案山子祭りが始まり、3連休ということもあり旅館も観光客で賑わったようでした。
 今日は、朝9時過ぎから宮脇の八幡神社の出御祭に参列、新しく建設された木の香漂う神殿での儀式に臨みました。
 御神体が納められている部屋の扉を開ける時と御神体を神輿へ納める時は、低頭していなければなりませんので、私たちが直接見ることはできません。戦前、奉安殿に納められていた天皇陛下の御真影を直視できなかったということを思い出しました。
 Simg_0991
 八幡様の後は、踊り山車の出発式へ参列。今年もあでやかな山形舞子と赤堀社中の2台の山車が町中を練り歩きました。温泉町らしい県内では唯一の踊り山車で上山が他に誇れる祭りと言えます。特に夜のライトに浮かび上がった山車はいいです。
Simg_0997

 その後は、夕方まで案山子祭り会場で食用ほおずきの販売。今日は、市役所の駐車場も満杯で、駐車場係りのシルバー人材センターの方も、「昼ごはんも食べられない」とぼやいていました。結構、結構。かく言う私も案山子を見る暇がまだありません。
 下の写真のように、今年のほおずきは高温障害で色づきが良くありませんが、並べてみると綺麗で、珍しいのか外人も含めて何人かの人が写真を撮っていました。
 明日も店を出しますよ。
Simg_0994

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水曜日)

浴衣バナーかかし

 今日の午前中にカミン2階の喫茶店の窓ガラスに、街角案山子のひとつとして布を張り合わせた浴衣バナー案山子を設置しました。アイデアの主は、まちづくり塾の事務局員の尾形さんです。外からはガラス越しですのでちょっと見づらいですが、交差点付近を通る時は見上げてください。事故に気をつけて。
 市役所裏の市民公園では、本日案山子の審査が行われたようです。案山子祭りは18日(土)に開会、26日までです。
 ところで毎年楽しみにしているのが、山形舞子の踊り山車。今年はいつだったかな?と観光物産協会のページを検索しましたが見当たらず、上山城の22日のナイトミュージアムもイベント欄に単に掲載されているだけ。ブログも更新されていません。発信力が乏しいなぁ・・・・。舞子の踊り山車は19日でした。

Simg_0988
 Simg_0989
 

| | コメント (1)

2010年9月14日 (火曜日)

ほおずき試食会

 今日は、しらさぎ保育園で食用ほおずきの試食会がありました。本当は、畑でもぎとり体験の予定でしたが、雨と猛暑のために事前に収穫した物を食べてもらうことにしたのでした。
 昨年に続いての企画ですが、子どもは画になるらしくテレビ各社が取材に来ました。
 特にYBCは、サンデーファイブで特集をするらしく、午後も市内で取材をしていました。
 園児たちは、明新館の高校生のお姉さんたちの紙芝居を観た後、生のほおずきを食べ、ほおずきジャムを乗せたアイスもいただきました。
 ほおずきを食べられない子どももいましたが、ほとんどの子どもはおいしいと言って食べていました。ちなみにうちの孫もほおずきは大好きで奪い合って食べています。
 Simg_0983

Simg_0986
 

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日曜日)

みなさん頑張っています

 一昨日の金曜日にアンコールナイトというイベントが名月荘でありました。主催は、私が代表理事を務めている、認定NPO法人国際ボランティアセンター山形です。長年カンボジアの農村で支援活動をしていることから、アンコールワットで日本語ガイドをしているカンボジア人テブットさんを招いて映像を見ながらトークショーを行ったのです。
 カンボジアに行ったことがない人でもアンコールワットの名前は知っているでしょう。私は2度行きましたが、最初は1992年9月の自衛隊派遣の直前でした。当時は、アンコールワットは観光地化されておらず、観光客はまばらで閑散としていました。しかし、4年前に再訪したらビックリ、世界遺産に指定されたこともありもの凄い人出でした。韓国人がやたら目立っていたことにもビックリでした。
 テブットさんによれば、日本人は欧米人と違い、昼寝もせずとにかく一日中歩き回るそうです。そしてチップが少ないのが特徴とか。またクレームは欧米人のようにその場で直接ではなく、後でメールなどで寄こすことが多いそうです。現地には、日本語のできるガイドが7人くらいいるそうで、みんな現地で日本語を勉強したということです。ちなみにテブットさんはブルーミングツアーに所属しています。

 昨日は、ゆうがく塾で、株式会社タカラの創業者の佐藤安太さんの講演を聴きました。佐藤さんは3年前に83歳で山形大学工学部の博士課程に入学し、今春86歳にして見事に博士号を取得されました。
 会社経営の一線を退いて趣味三昧の生活をしてみたそうですが、まったく元気が出ない生活だったそうです。世の中と離れて暮らすことが元気を失わせている原因だと悟った佐藤さんは、77歳から自分探しの旅~自己実現の旅に出たと回想しています。実際に旅行したわけではありません。
 NPO法人ライフマネジメントセンターを設立し、長期の目標を持った生き方、そのための教育を啓蒙する活動を展開しているのです。講演の中で「精神的な知的な満足を得ようとする時代に入った」と述べておられたことが印象に残りました。
 是非ホームページで確認してみてください。勉強になるはずです。 

 そして今日は特別養護老人ホーム蓬仙園の敬老会でオカマの歌謡ショーを観てきました。
 山形市の七日町でオカマのスナックをやっている、菌弾子(キンタマコ)さんです。蓬仙園には4回目ということであちこち慰門をされているようです。入所者は女性と間違えているのか、やたら握手を求めたり、金色の衣裳で登場した時などは観音様に似ていましたので手を合わせて拝んでいる人もいました。
 世の中には色々な人がいて、それぞれに価値ある、いろいろな活動をしていることを改めて知らされた週末でした。そう言えば、スケートの加藤条治さんが坊平のウッディロッジに泊まって自主トレしていました。 

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金曜日)

奴雁と奴顔

 民主党代表選がし烈になってきました。小沢一郎の迫力ある演説、今までにない真剣さと大衆への愛想と多弁。今回は本気だということが感じられます。一度退いた人がまたカムバックするなどありえない話しと思っていましたが、何かやってくれそうな予感を感じさせる演説です。あまりの変わりように驚いています。
 対する菅総理は、アメリカの傘のしたでの国家運営という印象を受けます。

 奴雁と奴顔、それぞれ読み方は、ドガンと読みますが意味は正反対です。
 雁は、群れをなして移動し、皆が餌をついばんでいる時にたった1羽だけが、首を上げて周囲を見渡し非常時に備えている雁をいうそうです。
 転じて、周囲が休んでいる時にも、集団のために、他者のために仕事をする孤高の存在を指します。福沢諭吉が、「学者は国の奴雁なり」と書いているそうです

 奴顔は、虐げられることに慣れてしまった人の顔を指します。この言葉は魯迅の言葉だそうです。「自分の頭で考えることをやめ、虐げられことに慣れ、支配されることに安楽すら覚える状態になった人の顔」です。
 

| | コメント (1)

2010年9月 6日 (月曜日)

ほおずきも猛暑負け

 昨日はサンデー議会で、9人の議員が一般質問を行いました。持ち時間30分。私は、①定住自立圏構想について、②平和市長会議への加盟について、の2項目を質問しましたが、2問目以降の詰めが曖昧になり不満の残るできでした。
 きちんと調査研究した質問と、間に合わせの質問とでは、その差は歴然であり、今回の私めの入院という事情を考慮しても、もっともっと研鑽を積む必要と感じました。

 さて、今日は、食用ほおずき畑をまわってきましたが、猛暑の影響、朝晩の寒暖の差がなかったことから色づきが良くなく、生食で出荷できる優良品の確保がむずかしいようです。
 昨年がいい出来だっただけに、その落差に困惑しています。もっとも山形だけでなく、秋田や岩手のほおずきの産地も似たりよったりの作柄のようです。
 これから涼しくなる中で、いいものが収穫できればいいのですが。
 

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土曜日)

あったかい県政を支援する上山の会

 昨日退院いたしました。多くの方々にお見舞いと激励をいただきまして心から感謝申し上げます。19歳の時に虫垂炎で入院して以来の入院生活でした。
 外科での入院のため、実に有意義な入院となりました。頭がはっきりしているので、思考をめぐらすいい機会となりました。今後は、3週間目と3カ月後に外来して術後の経過を診てもらうことにしています。

 退院後の初仕事は、吉村知事の上山での後援会の発会式でした。名称を、「あったかい県政を支援する上山の会」といいます。昨晩7時からカミンで85名の方に出席いただき、会を船出させることができました。3月の準備会から随分と時間がかかりましたが、幹事長として役目を果たすことができたと思います。この会の会長は、阿部實 前上山市長です。
 昨晩は、知事のほか横戸市長にも出席いただきました。知事の人柄なのか、どこへ行ってもモテモテです。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木曜日)

世の中は暑い

 今日は9月議会の初日、外出許可をもらって出席しました。外はとにかく暑い、最高気温予測は36度とか。コルセットをしているため、余計に暑いです。退院後3カ月は装着するように言われています。
 思えば病院の何と過ごしやすいことか、しみじみ感じています。
 明日、採血とレントゲンを撮って異常なければ午後にも退院の見込みです。
 腰痛に負けないで、しかし無理することなく注意深く活動したいと思っています。
 これから病院に戻ります。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »