« 爽やかな秋空の下 | トップページ | かかし商品券はお得 »

2010年10月 6日 (水曜日)

高山市議団来訪

 昨日、友好都市の飛騨の高山市の議員御一行が来て、今日帰りました。
 高山市は、江戸時代の面影を色濃く残す国際観光都市です。まちに統一感がある雰囲気のあるまちです。
 上山市とは、1692年に高山藩の金森頼時という殿様が上山藩に転封(国替え)されてきたことが縁となっています。
 高山市は、2005年に周辺の9の自治体と合併してできた日本一面積の広い自治体で、その広さは東京23区と同じくらいだそうです。人口は94000人あまり。ご多分にもれず毎年人口は減少しています。
 議員は、合併特例で現在36人。来年の選挙では24人に絞られることから、大激戦の選挙戦になることでしょう。
 議会の役割は何か、議会への市民の信頼を得るための取り組みなどについて意見交換をしましたが、河村市長の名古屋市が近いことなどもあり、議会への風当たりはかなり強くなっているそうです。
 大阪府の橋本知事の発言などの影響もあって、現行の二元代表制の在り方についても今までになく議論が盛んになっています。
 議員個人任せでなく議員をもっと有効に働かせる仕組みというか仕掛けは必要だと思います。

|

« 爽やかな秋空の下 | トップページ | かかし商品券はお得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爽やかな秋空の下 | トップページ | かかし商品券はお得 »