« 無縁社会 | トップページ | 弁当の日を広めたい »

2010年10月31日 (日曜日)

金谷ゴボウ

 山形大学の広報誌「みどり樹」最新号45号を読んだ方はいるでしょうか?
 その中に、アルケッチャーノの奥田シェフと山大の江頭准教授の在来野菜についての対談記事が掲載されています。
 対談の中で奥田シェフは、「今私がもっとも注目しているのは、上山市の金谷のゴボウ。フランスの三ツ星レストランで使われるような品格があります」と語ってくれています。これって最上級の讃辞と言っていいのではないですか。それなのに地元ではほとんど話題になっていない、このギャップ。
 私は早速、ある農家に電話して手に入らないかと頼んだのですが、最初は「金谷で採れるゴボウ」と勘違いしたようでした。そこで、在来の「金谷ゴボウ」という品種であることを説明し入手を依頼したのですが、果たして食することが叶うのか。なお、金谷ゴボウは、今制作中の「よみがえりのレシピ」というドキュメンタリー映画の中にも取り上げられている野菜です。
 上山には、市内で名が通っているローカルブランド野菜として、小笹のうるい、久保手のアスパラ、金谷の長芋などがあります。紅柿だって日本で上山にしかない種です。
 これらはほんの一例ですが、only oneを大事にしたまちづくりをしないと駄目ですね。
 上山の伸びしろは充分あるのです。何もないなどと卑下する必要はありません。卑下する人は、上山を知らな過ぎるだけだと思います。
 そこで、次の言葉。「汝の足元を掘れ、そこに泉あり」。この言葉は、選挙戦でも歌えていきたい言葉です。

|

« 無縁社会 | トップページ | 弁当の日を広めたい »

コメント

昔 あるところで 上山の名産品の番付表のようなものを見ました(もちろん金谷のゴボウも入ってました)色んな名産品が名を連ねていて 上山の豊かさが出ていました
 

聞いた話なのですが ほとんどのお家で種苗店から種を買ってくるので「金谷で採れたゴボウ」なのだそうです。
金谷ゴボウを作ってるお家は 数軒と金谷の方が言ってました。

投稿: んだ!んだ! | 2010年11月 1日 (月曜日) 午後 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無縁社会 | トップページ | 弁当の日を広めたい »