« かかし商品券はお得 | トップページ | サンホセ鉱山救出劇 »

2010年10月12日 (火曜日)

古屋敷の古民家火災

 先週土曜日に古屋敷で火災があり、古民家3棟が消失してしまいました。罹災された方々には心からお見舞い申し上げます。
 今朝近火お見舞いに行ってきましたが、まだ焼け焦げた匂いがただよい、骨組みが激しい火災を彷彿とさせる光景でした。
 映画「日本国古屋敷村」の舞台になった、日本の原風景ともいえる村として存在感が見直されている中での火災ですから、誠に残念無念です。失われたものを再度作ることはできません。
 火元になった家屋は、以前私も泊まったことがありますし、ホーミーと馬頭琴のコンサートでも使わせていただいたことがあります。
 茅葺き屋根にトタンをかぶせた屋根のために消火にかなり手間がかかったようです。また、土蔵ですが、明かり採りの窓から炎が入って一気に内部が燃えたとのことでした。
 古屋敷を保存しようとしている会の方々もさぞかし肩を落としておられることでしょう。
 今回のことをみても、何百年も風雪、災害に耐えて存在し続けるということは、その事実だけでも意義があることと思います。

|

« かかし商品券はお得 | トップページ | サンホセ鉱山救出劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かかし商品券はお得 | トップページ | サンホセ鉱山救出劇 »