« 名取市との交歓試合に幕 | トップページ | 金谷ゴボウ »

2010年10月27日 (水曜日)

無縁社会

 今日は寒い一日でした。蔵王エコーラインは、昨日に続けて通行止め。
 飯豊に行ってきましたが、雪が間近に見えました。運転手さんが、「(紅葉前の)青い山に雪が降ると秋が長い」との言い伝えがあると説明してくれました。果たして冬の訪れが遅くなるのでしょうか?

 一昨日、寒河江市で県民福祉大会が開催されましたが、講演は、無縁社会についてでした。年間32,000人もの引き取り手のない遺体があるそうです。他人と関わりがない人がひっそりと死んでいっているのです。
 今、「お話し相手サービス」がビジネスとして繁盛しているそうです。10分間で1,000円が相場です。ネットで検索してもすぐ見つけられます。夜7時過ぎになると業者の電話が鳴りっぱなしということでした。それだけ、孤独な人が多いということでしょうか。
 人間とは、「人の間」と書きます。一人だけで生きてけるものではありませんし、人と関わりながら生きている存在だと思います。だから社会的動物とも表現されます。
 私が住んでいる金生も新興住宅地ですので、隣は何するものぞになりがちな地域です。是非有縁社会にしなければと思います。 

|

« 名取市との交歓試合に幕 | トップページ | 金谷ゴボウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名取市との交歓試合に幕 | トップページ | 金谷ゴボウ »