« またも反対運動 | トップページ | 政治家はタフでないと »

2010年11月18日 (木曜日)

時差も便利なもの

 今朝は随分と冷え、朝20分ほど矢来四丁目の交差点で立哨していますが、子どもたちの手袋姿が目立ってきて、雪の便りが近いことが感じられます。

 中山バイパスが12月12日開通することになりました。降雪前の開通でとりあえず一安心です。今までは事故になると迂回路がないために大渋滞になっていましたし、13号線を横断することすらままならなかった中山地区の方々の喜びもひとしおかと思います。
 今まで長年一緒に要望活動を重ねてきた南陽市の議員と開通式の後に祝賀会をすることにしました。もちろん会費制で公金の投入はなしです。

 さて私の長女はカリフォルニアの州都サクラメントに住んでいまして、夫と共稼ぎをしているのですが、朝6時から午後2時までの勤務シフトになっているそうです。ただ少し前から短期間ですが残業をしなければならず、時間帯が午前4時からに2時間前倒しになったとのこと。それで3時には起きなければならず、それが大変なので私の妻が一昨日から日本時間午後8時に目覚ましコールをしています。時差が19時間あるからできるのです。マンガのようなホントの話です。アメリカ人も働き者です。
 未来の話ですが、時差を利用して、送電ロスのないスマートグリッドを使い、アメリカと日本で相互に送電する計画もあるとか。

|

« またも反対運動 | トップページ | 政治家はタフでないと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またも反対運動 | トップページ | 政治家はタフでないと »