« 明新館の高校生が東京へ進出 | トップページ | 時差も便利なもの »

2010年11月17日 (水曜日)

またも反対運動

 昨日午前中、上山市内に建設する清掃工場の予定地に反対する人たちが、反対組織を作り本格的に運動を展開するとのことから、私も反対する方を訪ねてお話しを聞いてきましたが、反対の意思はかなり強いと受けとめました。
 現工場は、人間でいえば100歳くらいの年齢ですし早期に建設しなければ大変な事態を招く恐れを抱えているのですから、私も焦りを感じています。
 一方、住んでいる人の気持ちはもちろん大事にしなければなりませんし、その兼ね合いをどう調整するか・・・・・・。

 正午からは知事を訪ねてきました。今月29日に明新館高校で行われる、上山まちづくり塾主催の「上山市における産学官連携発表会」への知事のご臨席のご案内ということで、平校長先生、遠藤先生、紅花研究班とほおずき研究班の女子高生4人と一緒に知事室へ。高校生は緊張しながらも、パネルを使って知事へ研究成果をアピールしました。
 その後私もツーショット。頑張ってくださいと激励のお言葉をいただきました。
Simg_1056

 午後2時からは、6月に新潟市に開設された中国領事館の王華総領事が来形し、国際ボランティアセンター(IVY)に中国語のテキストを760冊プレゼントしてくれるとのことで、その贈呈式に出席しました。テレビと新聞にも掲載していただきました。
 IVYでは中国人の3世など中国語を喋れない子どもたちに、両親の母語である中国語を教える教室を2年前から開設してきたのですが、テキストをインターネットでダウンロードしたものを使ってきましたので、今回の贈呈はありがたいものです。
 日中間のトラブルがクローズアップされている中で地味ですが、温かい話題といえると思います。

|

« 明新館の高校生が東京へ進出 | トップページ | 時差も便利なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明新館の高校生が東京へ進出 | トップページ | 時差も便利なもの »