« 正しい判断は正しい情報から | トップページ | 七ヶ宿中の演劇鑑賞会 »

2010年12月 1日 (水曜日)

食べることは文化です

 昨日、55回目の誕生日を向かえました。松井秀樹選手の背番号ではないですが、行け行けゴーゴーで来春の決戦まで一気に突っ走りたいと決意を新たにしました。
 特別なケーキやごちそうはありませんでしたが、家康公の遺訓が込められたご利益のある日光東照宮のお札をいただきました。何よりです。

 一昨日は、明新館に吉村知事をお迎えして、「上山市における産学官連携発表会」を開催しました。主催は、上山まちづくり塾、共催が上山明新館高校。
 県や市の行政関係者、市の商工会長、観光物産会長、商品開発業者、ほおずき生産者などなど大変にぎにぎしく、一大イベントとして開催され、マスコミ各社により全県に配信されました。準備が大変でしたが、成功だったと思います。これで来年も、紅花と食用ほおずきの栽培に取り組まなければならない状況に自ら入ったと言えます。

 昨日は、山形市のナチュラルカフェで、在来野菜の試食会があり、32名が参加して男性は私1人のみ。これもマスコミ各社が入り、私もテレビに映ったとか。
 来年完成の「よみがえりのレシピ」という映画づくりの一環で、映画を盛り上げるために行われたイベントと言えます。
 今、山形県では、奥田シュエフや山形大学の江頭先生の奮闘もあり、金谷の金谷ゴボウなど伝統的な在来野菜が注目を集めています。これらは生産量が少なく、なかなか市場に出ることはないようです。それだけに、地域の文化として大事に継承していく必要があります。
 過日、金谷ゴボウの生産者である鏡さんをお訪ねし、収穫したら分けていただくことになっていますが、大事に食させていただきたいと思っています。

|

« 正しい判断は正しい情報から | トップページ | 七ヶ宿中の演劇鑑賞会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正しい判断は正しい情報から | トップページ | 七ヶ宿中の演劇鑑賞会 »