« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日曜日)

県政報告会と政策発表会

 市内のホテルで開催しました私の政策発表会に200人ほどの方においでをいただきました。昨晩からまた新雪が降り、駐車場が混雑する悪条件の中、足を運んでいただきましたことに心から感謝申し上げます。
 今日の会は2部構成で、第1部が知事を招いての県政報告会。知事と吉田明県会議員がマイクを握りました。第1部後に知事は豪雪の農業への影響視察のために退席、第2部では私が政策の一端を述べさせていただきました。
 相手候補も絞られてきたとの情報もあり、2月2日からは事務所を開けて選挙の態勢整備を進める予定です。事務所は駅前の旧山交営業所ですのでお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土曜日)

紅柿のジェラート

 十日町のいろは市で、紅柿、ふじりんご、王林(りんご)、ラ・フランスの4種類のジェラート(アイスクリームのこと。イタリア語らしい)を試食してもらい、アンケートを書いていただきました。結果、どれもおいしいけど、紅柿が上山らしくて一番いいとの評でした。たしかに紅柿のアイスは誰も食べたことがなかったようです。
 JA寒河江では、たくさんの種類を作って評判ですが、我がまちづくり塾ではまだまだ商品化にはクリアしなければならない課題があります。でも手ごたえは感じることができましたので、さらに研究を重ねてみます。
 それにしても、十日町の商店街の人通り少なかったです。

 昨日、市役所で「住民基本台帳カード」を発行してもらいました。手数料1,000円。今年は、確定申告を電子申告(e-tax)でやってみようと思っています。住民基本台帳カードを読み取るカードリーダーを2,000円で購入しましたので、経費は3,000円。5,000円の税額控除が受けられますので、2,000円の得になります。
 今朝の新聞では、国が国民すべてに番号を割り振ってカードを交付する構想をもっているとのことでしたが、いよいよ総背番号制度がスタートするのでしょうか?恐ろしい感じもしますが、所得の捕捉を考えれば有効ではあります。しっかりした議論が必要ですね。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水曜日)

木を使いましょう

 昨日、議会用務で、「森林と環境」という東大名誉教授の太田先生の講演会に行ってきました。先生は、真の循環型社会とするためには、「もっと木材を建築材やエネルギーに使わなければならない、それは消費者・国民の義務といってもいいくらいだ」と強調されていました。全く同感です。大事な指摘と思いますので、先生のレジメを引用します。
 「地下資源は、人類が活動する地球表面の現環境が形成される過程で、地球表面から地下に埋め込むことによって取り払われた物質である。そうすることによって、現在の地表の環境・生物進化、しいては人類の出現を可能にしたのではないか。人類は、これらの物質が地球から取り払われたことに感謝すべきなのに、再び地上に戻して地球環境を破壊している。この意味から、化石燃料を浪費する先進国、/アメリカやアラブの王族は地球に対する自分の罪を知るべきである」

 2月11日のかせ鳥のお祭りのときに、まちづくり塾として酒田直送の寒鱈汁を振る舞うことに昨晩の緊急理事会で決定しました。昨年、酒田市から割烹の料理人が来てくれて、駅前の元山交営業所で振る舞ったところ大好評だったことから、今年は材料を当日保冷車で届けてもらい、地元の魚屋さんの協力を得て作る計画です。振る舞う場所は、十日町のまちづくり塾の事務所でです。どうぞ足をお運びください。なお、昨年同様、自宅で作れる寒鱈キットも販売します。乞うご期待。

 明日から3日間、十日町のいろは市冬の陣の始まりです。NPO法人まちづくり塾では、ジェラート4種類を無料で提供する予定です。紅柿、ラ・フランス、ふじりんご、王林(りんご)の4種類ですが、新年度から発売できるか、まちづくり塾として試供品的扱いで皆さんに食べていただく予定です。どうぞお出で下さい、そしてご意見をお願いします。

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月曜日)

放置された廃屋に悩む住民

 昨日、市内某所を訪ねたら、隣の家屋が廃屋となって放置されているのですが、どうすることもできず困っているとのこと。
 見ると、火災に遭った後数年が経過し、骨組みだけが残っているのです。裏に回ると壁が崩れそうになっており、甚だ迷惑な建物でした。どうも相続関係が上手くいっていないようで、解体することができなくているらしいのです。
 このような迷惑建物、空家が市内に散在しています。防犯上も景観上も解体が望ましいわけです。そこで、2月議会で、空家の適正管理について質問で取り上げることにしました。
 これからの高齢社会、人口減少社会の中で、家屋の管理も行政が介入しなくてならない時代なのでしょうかね。

| | コメント (0)

2011年1月21日 (金曜日)

2月議会が始まります

 昨日は大寒で寒い一日でした。今日も気温は上がらず。
 今年は、市長選と市議選が同日選挙(3月20日告示、27日投票)になるため、3月議会ではなく2月1日から2月10日までの議会となります。
 今日、市長から新年度の予算案が内示されました。総額では、5.5%増の117億8千万になります。市税は、法人市民税が増加するものの、個人市民税、固定資産税、たばこ消費税、入湯税がマイナスのため、総額で1.4%減の34億円。
 主な施策については、市民の要望に基づいた各般にわたる施策がちりばめられており、バランスのいい感じがします。うまく予算編成したという印象を受けますが、「選択と集中」という市長の言葉からすれば目玉は何なのでしょうかとの思いは残ります。
 カミンの中に高齢者のサロンを設置するとか、配食サービスの実施、デマンドタクシーの充実、小学生の外来医療費無料化、ワクチン接種の拡充、子育て住宅支援事業の拡充などなど生活に密着した施策展開は評価できると思います。
 私にとっては最後となる市議会、しっかり務めを果たしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火曜日)

今年は雪が多い

 今年は雪が多い。日曜に降った雪で昨日の朝は、小学生が通学する歩道が雪に埋まっていました。間に合わせでスコップで雪を掃いて歩きやすくしてみましたが、機械じゃないので大変。
 今日は、弁天から旭町までの歩道が埋まっていて、子どもが車道を通学しているとの電話があり、建設課に除雪を依頼。県道のために県に連絡してもらいましたが、現場を見るとなかなか機会が使いにくそうでした。
 雪道を歩くと道路が車中心になっていて歩く人にとって不親切であることがよく分かります。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日曜日)

佐竹徳太郎先生を悼む

 上山の巨星というべき佐竹先生が亡くなられました。101歳という大往生でした。老衰とのことでしたが、ご尊顔を拝見したら実につやつや輝いていてビックリしました。
 富士登山4回、最後は数え年で92歳でした。庄内の大鳥池の山中で骨折(鎖骨?)したのが数えで94歳。まさに鉄人とい表現がぴったりの先生。長く寝込むこともなく、あっさり亡くなる、その様もいさぎよくて羨ましい限りです。
 心からご冥福をお祈りいたします。

 今日も寒い一日でした。今年の冬は雪も多いですね。

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木曜日)

ほおずき酒デビュー

 東北芸術工科大学の赤坂憲雄先生が大学を去る記事が山形新聞の1面に載っていました。大変残念なことです。その理由は「大学の理事者と自分のめざす方向が違う」ということのようです。細川護熙氏を迎えることと関係しているのでしょうか?
 昨年、私が赤坂先生に手紙を書いて、上山ゆうがく塾の中で講演をしていただいたことが思い出されます。私の選挙のリーフの中の「汝の足元を掘れ、そこに泉あり」という言葉も、赤坂先生が責任編集した「東北学」という本の第1号で出会った言葉でした。赤坂先生には、東北にこだわった講義をもっと学生や市民にしてほしかったと思います。

 今日の朝刊にも記事が掲載されていましたが、本日、食用ほおずきのお酒が販売されました。乾杯酒としていけるのではないかと思っているのですが、果たしてどれだけ売れるのでしょう。上山市内に醸造元がないので、米沢の業者さんが作ったのですが、みなさんも一度飲んでみてください。
 昨年は、県内の別の町の醸造所も焼酎仕込みで試作品を作り、試飲したら結構いける感じでしたが、ほおずきの供給がままならないためか、まだ商品化までは至っていません。
 ほおずきの加工用の供給体制をつくれるか、今年のまちづくり塾の課題です。しかし、現時点では加工用では生産者にとって採算が採れないのが現実だと考えています。
 さてどうするか?

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水曜日)

白鳥の飛来を確認

 連日の路上凍結。車は長い列をつくり、発車の時スリップする車が目立ちました。朝私が立哨している矢来四丁目の交差点の横断歩道でも滑って転んだ小学生が2人ほどいました。スコップで削って少しでも歩道を確保しようとしましたが、氷状で固くて大変でした。

 さて、今日はスキーの日。100年前の今日、オーストリアの軍人から日本にスキーが伝えられたそうです。たった100年しかならないのですね。

 さて、今年は来ないだろうかと心配していた白鳥ですが、本日確認しました。いつもの場所、通称かかし橋という、かかしロードにかかっている橋の南側にいます。今日の夕方は、雪が降っていたからでしょうか首を下げて丸くなっていました。10数羽いたようです。上山が白鳥に嫌われなくて良かったと真面目に思いました。

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火曜日)

出かける時は鍵をかけましょう

 東京で老夫婦が襲われる事件がありました。何と物騒な世の中なのかと改めて思わされます。それだけすさんでいるのでしょう。
 田舎でも凶悪事件はありますが、まだまだのどかなものです。昨日、ある地区に設置されていた防犯標語の看板に思わずニッコリしたばかりです。正確には覚えていませんが、「出かける時は鍵をかけよう。我が家の合言葉」、こんな感じの言葉でした。
 田舎では、特に農村部では泊まりでもない限り、鍵をかけない家が多いようです。公民館で行われた地域のお祭りに家族で出かけたというのに鍵をかけないので尋ねると、鍵なんかかけたことがないとの返答でした。あちこちの農家を訪問すると留守なのに玄関の戸が開く家の何と多いことか。都会では迂闊にドアを開けられないのが現実です。
 どちらが人間らしい生活ができる場所か分かりますよね。

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月曜日)

農業は国の基本

 昨日の鹿野道彦大臣の新春の集いは、吉村知事や舟山参院議員、横戸市長、髙橋市議会議長も出席して、大変賑やかでした。鹿野先生のあいさつの中で私の県議選出馬にも触れていただき、私の各テーブル回りの挨拶にも力が入りました。それで料理には一箸もつけることができませんでしたが、私にとっては収穫の多い会になりました。
 また、新人の市議選立候補者の中川とみ子さんと川崎朋巳さんも、名刺を持って各テーブルを回ったのでした。
 鹿野先生のポスターが最近「農は国のちから」というポスターに貼り替えられたのですが、昨日も鹿野先生は農業問題について、農業こそ国の成り立ちの基本だという自説を述べられておられました。戦前、農本主義という言葉がありましたが、農業は人間の生存に関わる産業でありますから、もっともっと大事にされなければなりません。内閣改造の話がありますが、是非大臣を続投していただきたいものです。
 午前中の出初式でのかせ鳥の写真を載せておきます。寒かったです。
Simg_1073 Simg_1077

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日曜日)

出初式

 今朝は、昨日に続き除雪車が出ました。暖かいために湿った重たい雪で、電線や木の枝折れが心配です。昨年末も電線が切れて停電になったからです。
 今日は10時から出初式、その後特別養護老人ホームの新春餅つき会へ、午後は、鹿野道彦農林水産大臣の就任祝賀会を兼ねた新春の集いへ出席します。
 今日は大勢の人にごあいさつできる絶好の機会となります。それでは張り切って行ってきます。

 

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水曜日)

仕事始め

 昨日から官公庁は全国的に仕事始め。天候が荒れる年末という予報でしたが、上山は穏やかな年末年始でした。松江市の方々には申し訳ないような天気でした。
 午前11時から上山市民新春祝賀会が体育文化センターで開かれ、高松の裸もちつきが振舞われました。毎年楽しみにしている餅です。とにかくうまいのです。
 祝賀会では多くの方から激励の言葉をかけていただきました。しっかりやらねばとの決意を新たに会場を後にしたところです。
201101041248000
 
 

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日曜日)

あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。
 うさぎ年、私にとっては選挙の年、決戦の年になります。元旦号の山形新聞朝刊には、「枝松後援会から」という表現で、矢来三丁目の中川とみ子さん(56歳)と石堂の川崎朋巳さん(37歳)が立候補が報じられていました。私自身の選挙は勿論ですが、2人の当選も勝ち取らなければなりません。現職5人が退いて、新人9人が立候補という近年にない混戦模様です。
 中川とみ子さんは、子ども3人を育てた経験を基に「食へのこだわり」がテーマ、川崎朋巳さんは、学習塾の講師だけあって「教育」がテーマになります。

 正月といえば、コマまわし、凧揚げ、かるたが挙げられますが、このたび山形方言かるたが発売されました。定価2,000円。暮れの31日午後4時ころに市内の本屋に電話したら、注文の数しか取り寄せなかったとのこと。そこでAmazonへネット注文。そしたら2日の午前中に届きました。まったくこれでは店がつぶれてしまいます。
 さて、その中身、大笑いものです。「じょんだずね、犬の名前もジョンだずね」、「しぇんしぇがら くらすけらっで おしぇらっだ」、「たっしゃだな サブロたがって ゆぎちょすがぁ」などなど。こういうのも若い人にはさっぱり通じないでしょうね。寂しいことです。伝えていくことが大事です。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »