« 予約制乗合タクシー(デマンドタクシー) | トップページ | 仙石地区の開発にやっとゴーサイン »

2011年2月 7日 (月曜日)

宝谷かぶ

 一昨日は、中川地区公民館で、地域づくりの講演会に行ってきました。「中川むらづくり会」という地域のことを考え行動するグループが企画した、在来野菜「宝谷(ほうや)かぶ」の保存についての講演会です。旧櫛引町の宝谷地区に伝わる野菜で、今は1軒の農家、畑山さんだけが作っているのみです。畑山さんも80歳だそうで種の保存継承が課題です。食材としては、奥田シェフらによるレシピ集が出されていてその魅力が描かれています。
 この日は、わざわざ鶴岡市役所の職員、蛸井さんが来てくれ熱心に思いを語っていかれました。講演後に、地元の金谷ごぼうと宝谷かぶの試食会があり、その個性に触れることができました。宝谷かぶは、調理の仕方によって、甘み、辛み、苦味の表情を見せてくれる不思議な食材でした。金谷ごぼうは、「かせ鳥揚げ」という天ぷらにしていただきましたが、うまかったです。最初の写真がかせ鳥揚げ、次の写真が宝谷かぶです。ミニ大根のような感じです。201102061054000

201102061050000

 昨日は、前市長 阿部實さんの叙勲の祝賀会が開催されましたが、上山市で活躍している各界の人が一堂に会した感じでした。

|

« 予約制乗合タクシー(デマンドタクシー) | トップページ | 仙石地区の開発にやっとゴーサイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予約制乗合タクシー(デマンドタクシー) | トップページ | 仙石地区の開発にやっとゴーサイン »