« 日本語スピーチコンテスト | トップページ | 冬晴れの上山の風景 »

2011年2月12日 (土曜日)

かせ鳥 酒田との交流

 昨日は、かせ鳥のお祭り。まちづくり塾では、酒田との交流の証として寒鱈汁を提供する企画を練ってきており、昨日は朝から忙しく準備にいそしみました。
 酒田からは寿司割烹鈴政さんの若旦那ほか総勢6人が来て下さり、働く婦人の家で調理、それをまちづくり塾の事務所へ運んで1敗500円で提供しました。市民に100杯分、かせ鳥の踊り手など運営スタッフに70杯分ほど作ったのであります。
 この調理には、地元明新館高校の生徒5人も白衣姿で協力してくれました。
 酒田との交流は、映画「おくりびと」のロケ地という縁で、昨年、日本海寒鱈祭りに、かせ鳥がゲスト出演したことに対し、酒田側が返礼として上山市に来訪、駅前で寒鱈を振る舞ってくれたのでした。たくさんの大漁旗が旧山交営業所(今年は私の選挙事務所)にはためき大勢の人で賑わったのを記憶されている人も多いでしょう。
 かせ鳥は今年も酒田を訪問、そして昨日の返礼となったのであります。ただ、今年は日程の都合で酒田からは来れないという当初の話があったので、まちづくり塾が自分たちで作ろうと計画しており、大がかりな宣伝はしなかったのでした。
 酒田の方々は、昼過ぎには帰りましたが、無報酬でわざわざ保冷車に乗って駆けつけてくれ、全く頭が下がります。人のつながりがいかに大事かですね。「よし、ひと肌脱いでやろう、やってやろう」という気持ち、気持ちの問題かと思います。
 

|

« 日本語スピーチコンテスト | トップページ | 冬晴れの上山の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本語スピーチコンテスト | トップページ | 冬晴れの上山の風景 »