« 広がる震災支援の輪 | トップページ | 広がる支援の輪 »

2011年3月16日 (水曜日)

震災救援活動

 一昨日の高校生の自主的な募金活動ですが、1,000円札が札になった募金額だったそうです。すごいですね。

 さて、昨日の救援活動ですが、上山市職員、上山市社会福祉協議会職員、小国町有志、山辺町有志、IVYメンバー、総勢14名が出向きました。
 名取市役所の指示で増田中学校の避難所を拠点に救援を開始することになりました。ここには約100人ほどが避難していますが、今日から新たに150人増えるとの情報もありますし、被災地の状況は日々変わるのでこちらも柔軟な対応が求められます。臨機応変、やりながら次の対策を考えるということです。
 昨日はメンバー2人を泊まらせてきたのですが、今朝の現地からの報告では、昨夕、暖かいご飯を提供したところ、涙を流して喜ぶ人もあり、避難している方々から拍手を送られたとのことでした。ボランティア冥利に尽きる瞬間ですね。
 「天罰だ」などととんでもないことを言う石原都知事を避難所に連れてきたいものです。

 さて、昨日お昼にご飯を炊きおにぎりを作っていたところ、ツイッターにSOSの書き込みがあり、半信半疑でおにぎり300個ほどを急きょ届けました。発信元は、仙南中央病院院長でした。http://togetter.com/li/112078と http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110314-OHT1T00057.htmを見てください。おにぎりを受け取った職員は泣いて喜んでいたそうです。役立って良かったです。この病院には今日も届けに行ったことでしょう。
 こういう顧みられていない所がたくさんあるようです。
 本日、上山市内の松田建設(株)からデーゼルエンジンのワゴン車を借りることができました。軽油が手に入ることから軽油使用の車両を確保したくていたのです。松田建設の社長さんに感謝感謝です。
 明日には山形県と山形警察所から救援車両の通行許可を得て活動をやりやすくしたいと考えています。
Scimg1736 Scimg1737

|

« 広がる震災支援の輪 | トップページ | 広がる支援の輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広がる震災支援の輪 | トップページ | 広がる支援の輪 »