« 生きることにどんな意味があるのだろうか | トップページ | 紅花摘み取り開始 »

2011年7月 3日 (日曜日)

第3回元気な風展 in 真室川

 金曜日から今日まで3日間、第3回元気な風展が真室川町の駅舎2階で行われました。
 上山、温海町、そして真室川のものづくり団体・作家が集った企画です。新聞テレビで広報してもらったこともあり、県内各地から大勢の人が来場してくれました。
 西欧人が感動した日本の手仕事、その日本の手仕事の宝庫は東北だということで、東北の手仕事を日本はおろか世界に広げることを使命と感じておられる結城富雄先生も来場。また、結城先生のよきパートナーでカリスマ木工職人、由布院の時松辰夫先生も3年連続で参加してくださいました。それから、やはり3年連続参加のコカリナ製作者兼奏者の猪俣潔先生もコンサートで華を添えてくださいました。
 真室川には、もともと食の祭典のイベントがあり、漆工芸やあけびつる、山ブドウのつる、縄の器細工などの手仕事の下地がありますので、この手のイベントはお手のもの。
 人間の手から生まれる人間臭い手仕事、特に、使う人のことを思いやって作った手仕事の作品群には、使いやすい機能と一緒に何とも言えない美が備わっているようです。
 結城先生は、地震と原発に揺れる混乱の中、多くの国民から日本の未来を考えてもらう材料として、今こそ東北の手仕事に学んでほしいとの思いを込めて、あちこちで東北の手仕事を紹介していきたいとかなり意気込んでおられました。
 さて来年の4回目は順番からすれば振り出しの上山に戻りますがどうなるか?
それにしても真室川の駅舎は素敵ですね。駅舎前では、温海グループが「Eppe Nemareno エッペネパレーノ」というオープンカフェをやってくれました。意味は、たくさんすわってください、だったと思います。庄内は、方言をカタカナにするのが流行っているのでしょうか?
Simg_1367

Simg_1366

Simg_1354

Simg_1365






|

« 生きることにどんな意味があるのだろうか | トップページ | 紅花摘み取り開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生きることにどんな意味があるのだろうか | トップページ | 紅花摘み取り開始 »