« 紅花摘み取り開始 | トップページ | 紅花収穫祭 »

2011年7月 8日 (金曜日)

日本一の山形県・・・生まれた場所に住み続けている人の割合

 昨日の朝と今朝、紅花を摘んできました。満開は明日当たりかなという感じです。日曜日に紅花収穫祭をやる予定ですので、丁度いい見頃でしょう。あとは天気だけが心配です。

 さて、7月5日付の日本経済新聞の記事におもしろいのがありました。昨年の国勢調査では人の移動の状況も調べたそうで、それによれば、生まれてこの方ずっと同じ場所に住み続けている人は1610万人で、国民の13.3%を占めるそうです。そして県別に見ると、山形県が全国一位で22.9%、26万人だそうです。福井県21.5%、秋田県20.7%、鳥取県20.5%、新潟県20.1%、・・・・鹿児島県10.3%、大阪府10.1%、神奈川県9.6%、東京都8.9%、北海道8.3%の順でした。
 皆さんはこれをどう見るでしょうか。都市部では引越しはよくあることですし、逆に農村部では長男が代々家を守っているということなのでしょうか。そしたら鹿児島は?
 ところで3世代同居率も日本一でしたね。(24.9%。全国は8.6%) 山形県のホームページを参考までに見てください。
http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/about_yamagata/best1.html

|

« 紅花摘み取り開始 | トップページ | 紅花収穫祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅花摘み取り開始 | トップページ | 紅花収穫祭 »