« デンマークという国 | トップページ | さよなら原発 »

2011年7月31日 (日曜日)

カンボジア研修団

 金曜日に村山市の碁点温泉で行われた、カンボジアから農業研修に来ていた一行のお別れ会に行ってきました。
 IVYがカンボジアで行っている、野菜の共同出荷プロジェクトのメンバー7人とIVY現地事務所のカンボジア人スタッフ2人、そして現地に派遣している日本人コーディネーター、天童市出身のボランティアのクメール語通訳、総勢11人の御一行です。
 野菜畑、直売所、市場、雪むろ、などなど村山市周辺で3日間熱心に研修を行ったのでした。受け入れてくれたのは、カンボジアへの救援米を贈る運動を続けてくれていた地元の労農市民会議のメンバーです。救援米がどのように地元で配給されているのかを見るために昨年カンボジアを訪問し、IVYの活動地域で農家へのホームステイを体験、大いに気に入ってくれたのでした。
 今回の研修で、カンボジアのメンバーは、驚くことの連続だったようですが、特に堆肥による土づくりと栽培から流通販売までのシステムについて感心していたようです。
 お別れ会には、女性は結婚式で着るような正装で臨んでこられ、こちら側が恐縮してしまいました。かなり楽しんでおられるようで良かったです。
 201107272018000

|

« デンマークという国 | トップページ | さよなら原発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デンマークという国 | トップページ | さよなら原発 »