« 深刻な放射能汚染 | トップページ | 学校給食発祥の地、食の都の看板が泣いている »

2011年9月 1日 (木曜日)

モンゴル

 今日から9月。早いものです。
 昨晩とその前の晩、2晩続けて、夜11:30過ぎからのNHkラジオの「ラジオ深夜便」の「ナイトエッセイ」という番組を聴きました。
 知り合いのモンゴルの馬頭琴奏者でホーミー歌手の岡林立哉さんが29日から今晩まで4日連続で出演するから是非聴いてくれと、本人からメールが入ったので眠いのを我慢して聴いたわけです。彼は、上山に3度やって来てコンサートをやりました。古屋敷の古民家、楢下の古民家、そして、カミンでの私の後援会の集まりで。
 番組では、「草原のチェロ馬頭琴に魅せられて」というタイトルで、モンゴルのお話と音楽の演奏、ホーミーを唄うのです。今晩が最終の放送日です。
 いつの日か彼と一緒にモンゴルを訪ねてみたいものだと思っています。モンゴルも時代の波に翻弄され、大草原にペットボトルやプラスチックごみが捨ててあったりしているそうです。
 遊牧民の尊い文化は受け継いでいってほしいものです。
 岡林立哉さんのHPです。http://www.khoomiiman.info/
  
 

|

« 深刻な放射能汚染 | トップページ | 学校給食発祥の地、食の都の看板が泣いている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深刻な放射能汚染 | トップページ | 学校給食発祥の地、食の都の看板が泣いている »