« 北杜夫さんの死を悼む | トップページ | 山村の地域振興とエネルギー問題 »

2011年10月30日 (日曜日)

芸術文化の秋

 27日から1泊2日での東京出張の折、28日は正午前に研修が終わったため、午後に初めて上野の国立博物館に入りました。韓国の国立博物館やイギリスの大英博物館には行ったことがあるのですが、肝心の我が国の博物館には入ったことがなかったのです。敷地が広く、建物が大きく、国宝や重要文化財などの蒐集物が多いため食事の時間も入れると4時間も過ごしてしまいました。
 入場料が600円ですから安いものです。国宝の「聖徳太子絵伝」も見ることができました。
 エジプトやアンコール遺跡の出土品も何点かありました。国立博物館の敷地内にある黒田清輝の美術館は、残念ながら木曜と土曜しか開館していないので見ることはできませんでした。
 とうとう流れてきた歴史の中にしばし身を置いたことで、何となく心が豊かになったような充実感を味わうことができました。
 近くにある国立西洋美術館ではプラド美術館の協力でゴヤの特別展をやっていて大勢の人で賑わっていました。もちろん上野動物園は大賑わいでした。東京都美術館や上野の森美術館、東京芸大の美術館、国立科学博物館、東京文化会館(コンサートホール)など上野は芸術の森ですね。ところで公園内にある野球場が正岡子規記念野球場という名前だということを初めて知りました。明治20年前後に子規がここで野球を楽しんでいたそうです。

|

« 北杜夫さんの死を悼む | トップページ | 山村の地域振興とエネルギー問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北杜夫さんの死を悼む | トップページ | 山村の地域振興とエネルギー問題 »