« バイオマス利用で地域経済革命を | トップページ | カンボジア洪水 »

2011年10月20日 (木曜日)

まちづくり塾改装中

 昨日、まちづくり塾の定例会をし、現在改装中の事務所の飲食店オープンに向けて話し合いをしました。11月の早い時期の開店を目指しています。
 まちづくり塾では昨年の6月から現在地に事務所を借りていますが、ここは8年間空き店舗でシャッターが下りていた建物でした。立地がいいので大家さんにお願いしたところ、「上山の活性化のために有効に使うならどうぞ使ってください」とのご好意により格安で借り受けてきたのですが、今般飲食店として再生することになりました。内装工事もひと通り終え、備品の調達、保健所の許可手続きと並行し、メニュー作りにと頭を悩ませているところです。
 まちづくり塾は、塾長が建具職人、2人の副塾長は電気屋と造園業、塾生には設計士もいるので、みんなの知恵を寄せ集めて成功させたいと考えています。
 カミン交差点の菊花展示も花が見事に咲いて、予想していたより綺麗に見えます。評判も良さそうで、市民の皆さんにも是非見ていただきたいと思います。来年以降、あのスペースをどのように使っていくのか、まちづくり塾としてひとつの例示を提示した格好です。

 夕方、中桜田のどんどん焼き屋さんに行ってきました。小さな建物ですが(写真)かなり繁盛している様子。注文して後は駐車場でか路上で待ち、出来上がるとマイクで呼ばれるシステムです。初めて食べたのですが、まずボリュームにびっくり。2本も食べれば飯の代わりになります。1本150円。ばあちゃんの手さばきも見事でした。どんどん焼きは山形ならではの食べ物らしいので、まちづくり塾の店でも出すことにしています。
201110201616000

|

« バイオマス利用で地域経済革命を | トップページ | カンボジア洪水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バイオマス利用で地域経済革命を | トップページ | カンボジア洪水 »