« トラベルボランティア | トップページ | カセ鳥の宴 »

2011年10月 7日 (金曜日)

清河への道 新井英一

 今日は、夜の7時からシベールアリーナで新井英一さんのコンサートがあり、清河への道48番を聴いてきました。彼のコンサートは3回目ですが、毎回慟哭というか魂の叫びのような歌の迫力に感動します。CDでは何回も清河への道を聴いていますが、生で通しで聴いたのは初めてだと思います。48番を通して歌って50分くらいかかったでしょうか。汗びっしょりでした。61歳には思えない力強い声で自分の人生を歌い上げる姿が何とも頼もしい。48番を通して歌ったのは今年は今晩が初めてだそうで、年内中に静岡県で歌う予定があるそうです。
 過去2回は、彼はコップの焼酎をあおりながら歌っていましたが、今日は水でした。
 彼は日本生まれの在日2世ですが、数年前に帰化したとのこと。彼は歌の中で「過ぎた過去にこだわるより、未来を向いて進むのが人の道」と歌っていますが、実に前向きです。
 

|

« トラベルボランティア | トップページ | カセ鳥の宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トラベルボランティア | トップページ | カセ鳥の宴 »