« 山村の地域振興とエネルギー問題 | トップページ | 日本の社会が壊れかけている? »

2011年11月 9日 (水曜日)

まちCafe2011開店準備

 まちCafe2011の試食会を過日の日曜日に行い、様々なご批評をいただきました。それをもとに改良を加え、今度の日曜日にいよいよ開店を迎えるのですが、いかんせん時間と予算の制約の中で連日苦悩しています。
 しかし、3人寄れば文殊の知恵の言葉どおり、話し合うことにより事は進んでいくことを実感しています。
 温泉たまごもメニューのひとつですが、市内の平飼いの有精卵を温泉でつくることにしました。交尾しなければできない有精卵、それに上山温泉のミネラル分が皮を通して入ることで、「命をいただく上山温泉たまご」ができあがることになります。たまご自体が高いのですが付加価値も高いと考えています。
 それから、山形B級グルメのどんどん焼き、何度も試食と試行錯誤を繰り返した後、山形市の専門店と対抗できるまでの味になりました。(自画自賛)
 13日午前10時に開店しますので是非おいでください。
http://kaminoyama-machidukuri-juku.jimdo.com/の中に瓦版第3号をアップしていますのでご覧ください。

 寒くなってきました。我が家ではペレットストーブが大活躍。一昨日には、朝日新聞の取材を受けました。自然エネルギーへの転換の特集を組むそうです。
 上山市では、ペレットストーブの普及に向け10万円の補助金3件分を予算化したわけですが、応募したのは私1人のみ。結局、2件を再募集する記事が11月1日付市報に掲載されていました。苦笑です。まだまだ普及は過渡期のようです。興味がある方は私までご一報ください。

|

« 山村の地域振興とエネルギー問題 | トップページ | 日本の社会が壊れかけている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山村の地域振興とエネルギー問題 | トップページ | 日本の社会が壊れかけている? »