« まちCafe2011 | トップページ | まちCafeにおいでください »

2011年11月27日 (日曜日)

柿酢

 一昨日は、天童市の村形先生宅を訪ねて、柿酢の作り方を教わってきました。柿の効能は広く知られているようで意外と知られていないようです。
 村形先生の酢は、「医者いら酢」と命名されているごとく、調べれば血圧を下げたり、抗酸化作用があったり、二日酔いに効いたり、まぁありとあらゆる効能が書いてあります。
 その柿酢を紅柿で作ろうと考え、先生の家を訪ねたのです。作り方は実に簡単。渋抜きした柿と穀物酢と中双糖を1:1:1の割合でポリのバケツに入れるだけで3か月で完成。
 平種無し柿で作った酢を実際飲ませていただきましたが、実に豊潤でうまかったです。ということで私も今日仕込んでみました。さてどうなることか。
 発酵させて作る方法もありますが、村形先生のやり方が簡単で失敗がないようです。発酵の方も失敗覚悟で一応仕込んではみました。
 昨日は、EM講演会で一日過ごし、今日は一日中、まちCafeで給仕をして過ごしました。
 村形先生の小屋の写真を付けておきます。最初の写真は仕込んで1ヶ月目の酢、柿が溶け出して形が崩れています。
Simg_1488

Simg_1489




|

« まちCafe2011 | トップページ | まちCafeにおいでください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まちCafe2011 | トップページ | まちCafeにおいでください »