« まちCafe2011開店準備 | トップページ | まちCafe2011オープン »

2011年11月10日 (木曜日)

日本の社会が壊れかけている?

 生活保護受給者が205万人になったというニュースが新聞各紙に載っています。昭和26年と27年に200万人を超えたそうですが、平成7年には88万人まで減ったのが、その後の景気と雇用情勢の悪化により増加し、特に働ける世代の受給者の増加が著しいとの解説です。
 私は、福祉事務所で採用時から連続11年間生活保護のケースワーカーとして働いた経験があります。今朝の読売新聞には生活保護の特集記事がありましたが、都内のある役所ではケースワーカーはワースト1の仕事だそうです。できれば他の仕事に替わりたいと思いながら毎日仕事をしているケースワーカーが多いのだと思います。
 私はその気持ちがよく理解できます。人の人生模様を見る仕事は.大変人生勉強になるのですが、暴力的な人もいましたし仕事はかなりのストレスを伴うものでした。
 貧困率の拡大に見られる格差社会、あるいは無縁社会などと表現されている昨今ですが、世の中が壊れてきているのではないかと思います。13年連続で自殺者が3万人を超えている現実もあります。それにTPPが加わればとどめになるかもしれません。
 ソビエトが崩壊し、ベルリンの壁が崩壊しましたが、資本主義が勝利したわけではありません。リーマンショック以降のアメリカ経済、昨今の欧州の経済危機を見れば分かります。
 企業から見た社会改革でなく、個人サイドから見た個人を大事にした社会の改革が望まれます。

 暗い話題を書きましたが、真室川町で元気なイベントがあり宣伝を頼まれているのでご紹介します。真室川の食と手作り工芸品が勢ぞろいするようです。
http://www.yume-net.org/uploads/smartsection/777_omote.pdf チラシ表
http://www.yume-net.org/uploads/smartsection/777_ura.pdf   チラシ裏
是非お出かけください。
  

|

« まちCafe2011開店準備 | トップページ | まちCafe2011オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まちCafe2011開店準備 | トップページ | まちCafe2011オープン »