« アントニオ猪木の対話外交 | トップページ | 12月8日は何の日 »

2011年12月 5日 (月曜日)

手打ちそば

 先週も土日は、まちCafeで過ごしました。以前は土日は出かけることが多かったのですが、Cafeの経営が軌道になるまではCafe優先にならざるを得ません。

 さて、今日は山元の大風さんのそばをご馳走になりました。麺つゆはいつもの大風さん特製の飛び魚のあごだしではなく、今回は中川とみ子さんが金谷ごぼうと鶏肉でだしを取った温かいつゆです。冷たい麺を温かいつゆでご馳走になるわけです。
 お椀に温かいつゆを入れ、そこに辛み大根、ねぎの薬味を入れて食べるのです。これが実にうまい。そばの合い間に、大風家の自家製のおみ漬けがぴったり合います。
 まちのそば屋で食べられないそばメニュー、さて、これを今後どう活用しようか思案のし
どころです。失礼とは想いますが、食べ終わった後の写真を添付します。

201112052004000

 

|

« アントニオ猪木の対話外交 | トップページ | 12月8日は何の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アントニオ猪木の対話外交 | トップページ | 12月8日は何の日 »