« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月26日 (木曜日)

個人宅で電力の自給ができる

 今日も昨日に続いて冷えました。私の場合、耳が痛く感じるときは大体氷点下5℃以下のときですが、今朝も朝の立哨で痛く感じたので耳たぶを揉んでみたのでした。

 さて、今日は、南陽市役所に行き、地域エネルギー利用セミナーを聴講してきました。これは南陽市当局の新エコタウンプロジェクト研究会が主催したもので、講師は、福岡県の株式会社ウインドレンズ社長の高田氏、演題は、「小型風力発電とその利活用について~5kw風レンズ風車によるエネルギー自給自足は可能か?」です。エネルギーシフト山形のフェイスブックで情報を得たので昨日申し込んで参加したのでしたが、部外者は私だけ。折角の時流に乗った話題なのでもっと広く参加者を募ってもよかったかなという感じでした。

 風力発電、特に巨大風車については、次のサイトで指摘しているとおり、いろいろと問題をはらんでいるようで単純に「どこでも推進」とはいかないようです。http://no-windfarm.net/
 そこで巨大風車の弱点を克服したのが、九州大学で研究開発されたもので、通称 風レンズ風車と呼ばれるものです。http://fe.mech.kyushu-u.ac.jp/research/wind/wind.html
 この風車は、すでに国内に60基ほど設置されているそうで、この度の講師の高田氏は、この風車を売り込んでいる会社の社長なのです。
 太陽光パネルを個人の住宅に設置する時代ですが、この風レンズ風車の登場により、個人の住宅に風車が付く時代に入ったようです。風力4m以上で太陽光に恵まれた所では、太陽光と風車を合わせれば、東北電力とつながなくとも独立型として個人宅で電力の自給が可能らしいです。
 これからの電力はいうまでもなく一種類一辺倒でなく、バイオマスも含めてミックス型(ハイブリッド型)が望ましく、大型でなく分散型が望ましいことはいうまでもありません。
 あとはコストの問題です。今日の講演では、風レンズ風車は、1kwあたり65万円程度、太陽光パネルは安いものだと1kw40万円程度かなとの話でした。風レンズ風車のポールに太陽光パネルも併せて設置してバッテリーに蓄電する方式であれば、500~600万円程度であがるかもしれません。近い将来もっともっと低コストになることでしょう。
 いずれにしても原発に戻すことはあってはなりません。

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火曜日)

情報操作と民主国家

 昨日の夕方のラジオのニュースです。
 昨年の夏の電力需要予測を出したときに不足するから計画停電との話になりましたが、実は6%余力があるとの予測も出されていたが、公表されなかったというニュースでした。誰が握りつぶしたのか。毎日新聞と今朝の朝ズバでは報じたようですが、あまり話題になっていないところをみると、これもどこかで無視されたのかな。
 正しい判断は正しい情報によってしかなされないのですから、民主国家である以上情報操作はやめてほしい。
 世の中の様々なところで同じようなことが起きています。
 議員時代に一般質問で、役所が分かりやすい情報を丁寧に市民に流すことの大事さを取り上げたことが2回ありましたが、広報と公聴は大事な市民参加の保障の基本です。
http://bousai21.com/save-electricity/%EF%BC%88%E6%94%BF%E5%BA%9C%E9%9D%9E%E5%85%AC%E8%A1%A8%EF%BC%89%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E4%BD%BF%E7%94%A8%E5%88%B6%E9%99%90%E4%BB%A4%E3%82%92%E7%99%BA%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82/

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土曜日)

身内の反乱のような病気

 今日は大寒。今年は例年の2倍も雪が多いという地域がありますが、上山近辺では除雪車の出動回数も少ないですし例年並みか、それ以下というところでしょうか。どうも豪雪地域に降り方が強く偏在したような現象ですかね。
 今日遅くなりましたが、まちカフェの玄関先の団子木に団子の飾り付けをしました。これは小正月の行事で、1月15日だったのでしょうが遅れて飾りました。もっとも来週の月曜が旧暦の元旦ですから旧暦での小正月なら早すぎるということになります。
201201211342000

 さて、知り合いがギランバレー症候群に罹患しました。女優の大原麗子さんも罹患したとのこと。年間十万人に2人程度の発病者数の難病と言われますが、回復率は高いようです。外部から体内にウイルスが侵入するとそのウイルス(=抗原)に対しウイルスを攻撃する抗体ができるわけですが、この病気は、自己抗体といって逆に自分の体の神経を攻撃してくるという、厄介な病気だそうです。たとえれば、人間界の身内の反乱のような病気かと思いますが、世の中には考えられないおそろしい病気があるものです。

 
 

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金曜日)

貧困と労働組合

 今の日本の大きな課題は貧困対策だと思います。日本で貧困対策?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、昨年のいくつかの数字が物語っているものは貧困対策の必要性であると考えられます。
 ①相対的な貧困率が過去最悪の16%になり、所得格差が拡大した。
 ②生活保護の受給者が戦後最高の205万人になった。
    働ける世代の失業による受給者が増えている。
 ③自殺者が14年連続で3万人を超えた。
    自殺の原因が経済的な理由が多い。
 ④潜在的な失業者が469万人に達した。
    失業者は280万人で失業率は低下の傾向にあるが、失業者の統計にカウントされない求職活動をあきらめている潜在的な人が増えている。

 日本は壊れ始めているようです。なぜこのような事態に陥ったのでしょうか。それは、新自由主義的経済政策の破綻、市場原理主義の破綻と言われていますが、世の中がお金に支配され、あまりにも金の亡者になり過ぎたからであると思います。
 官民を問わず人件費を削るために非正規職員・社員を増やし、簡単にリストラするなど
所得格差を広げることに何ら罪悪感を持たずに、人間より経営を優先させてきた結果が先の数字に表れているのです。
 ここは政治の出番のはずですが、なかなか期待することが難しい状況にあります。こういう時に労働組合の果たす役割は大きいのです。組合の悪口を言う人がいますが、それは事実誤認です。正常な労使関係のためには、労働組合は欠かすことができません。
 故 松下幸之助氏は招かれもしないにもかかわらず、労働組合の結成大会に出席し、祝辞を述べたそうです。「組合の結成によって、わが社の民主経営に拍車がかけられると思う。これを期して、全員一致で真理に立脚した経営を行っていきたい。正しい経営と正しい組合とは必ず一致すると信ずる」と。
 これは悪く言えば、御用組合がとる労使協調路線を主張しているともいえるますが、対立しながらの相互理解を主張しているともいえると思います。労使は利害がぶつかるのは当たり前のことであり、そこに交渉という話し合いの場が存在するわけです。
 私もやられたように、「労働組合を攻撃することが票につながる」ような社会の意識改革をしていくことが大事なことだと感じている昨今です。

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月曜日)

どんどん焼きストラップ誕生

 昨日は、鹿野道彦農水大臣の新年会が日本の宿古窯であり、私が司会を務めました。吉村県知事、横戸上山市長を始め多くの来賓をお迎えし盛大に終えることができました。また、古屋敷在住の永井栖鳳先生からは、尺八で春の海、黒田節、北国の春の3曲を演奏していただき大変好評でした。
 コーディネート役の一端を担っていた私としては、役目を果たすことができ一安心、終了後に痛飲したのは言うまでもありません。

 さて、まちCafeスタッフの知り合いがどんどん焼きのストラップを作ってくれました。売価150円。おそらく日本で初めてのストラップです。まちCafeのどんどん焼きは、カセ鳥をイメージしているため、目の玉としてソーセージを2枚にしているのですが、それも再現、四角い焼き海苔、青のりもしっかり付けた傑作物です。売れる予感がします。
Img_1499

 今年は白鳥が遅いなぁと思っていたら、一昨日の夕方暗くなってから、「クゥークゥー」と泣きながら編隊を組んでねぐらに帰るところに出会いました。今年も来てくれてありがとう、という感じでした。

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火曜日)

再生エネルギー元年に

 辰年の新しい年が明けました。素直に「おめでとうございます」と言えないような新年ですが、本年もよろしくお願い申し上げます。
 昨年は、大災害、政治と経済の混乱など何かと災いの多い年でしたので、今年が良き年でなることを心の底から願うところです。
 正月からエネルギーシフトのメンバーは元気に情報交換をしている模様。朝日新聞の元旦号にもエネルギーシフトの記事が大きく載っていました。今年は、明らかに再生エネルギー元年になることでしょう。フェイスブックで情報提供された下記の記事をご一読ください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120102-00000003-kana-l14&0&mid=56
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20120101ddlk02040030000c.html?mid=56
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20120101ddlk18040127000c.html?mid=56

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »