« 貧困と労働組合 | トップページ | 情報操作と民主国家 »

2012年1月21日 (土曜日)

身内の反乱のような病気

 今日は大寒。今年は例年の2倍も雪が多いという地域がありますが、上山近辺では除雪車の出動回数も少ないですし例年並みか、それ以下というところでしょうか。どうも豪雪地域に降り方が強く偏在したような現象ですかね。
 今日遅くなりましたが、まちカフェの玄関先の団子木に団子の飾り付けをしました。これは小正月の行事で、1月15日だったのでしょうが遅れて飾りました。もっとも来週の月曜が旧暦の元旦ですから旧暦での小正月なら早すぎるということになります。
201201211342000

 さて、知り合いがギランバレー症候群に罹患しました。女優の大原麗子さんも罹患したとのこと。年間十万人に2人程度の発病者数の難病と言われますが、回復率は高いようです。外部から体内にウイルスが侵入するとそのウイルス(=抗原)に対しウイルスを攻撃する抗体ができるわけですが、この病気は、自己抗体といって逆に自分の体の神経を攻撃してくるという、厄介な病気だそうです。たとえれば、人間界の身内の反乱のような病気かと思いますが、世の中には考えられないおそろしい病気があるものです。

 
 

|

« 貧困と労働組合 | トップページ | 情報操作と民主国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 貧困と労働組合 | トップページ | 情報操作と民主国家 »