« 清掃工場3回目の断念 | トップページ | 第4の革命 »

2012年2月26日 (日曜日)

真冬の大井沢

 昨日は宮城県側が大雪で高速道路が通行止めになっていました。山形県内もそれなりの雪が降り、雪はもうたくさんという声が聞こえる中を豪雪で有名な西川町大井沢までいって来ました。
 役場の支所長が知り合いのため出向いたのですが、普段見慣れた雪ですが、大井沢の雪は格別に新鮮でした。ちなみに積雪は2m80cmだそうです。
 大井沢の中でも奥の方の集落にある豆腐屋さんで豆腐を買い込み、昼飯は民宿できのこそばを食べ、午後からは現役のマタギの話しを聞いて帰ってきました。
 自然とともに暮らしている大井沢の人たちの息吹に触れたせいか、充実した楽しい気分の帰途となりました。そして、やはり雪の多い所へは雪の多い時期に行くのが一番いいと思ったのであります。大井沢には、10年ほど前に横浜から移り住んでいる女性がおられます。大井沢の暮らしが彼女にぴったり合っているのでしょうね。すばらしいことです。

Simg_1521
豆腐屋さん。豆腐からをサービスしてもらいました。湧水を使っているとのこと。
「何といっても豆腐は水だ」とご主人が言ってました。
Simg_1523

Simg_1527
カーブミラーもミラーの部分だけ顔を出していました。
Simg_1532
50年間マタギをしている武田さん

|

« 清掃工場3回目の断念 | トップページ | 第4の革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清掃工場3回目の断念 | トップページ | 第4の革命 »