« 原発もTPPも認められない | トップページ | 真冬の大井沢 »

2012年2月24日 (金曜日)

清掃工場3回目の断念

 清掃工場の事務組合の議会が一昨日開催され、3度目の断念が決まりました。私もかつて広域環境事務組合の議員として過ごしたことがありますので複雑な思いです。
 今回の地区選定は最初からあやがかかっていて先行き危ない船出でした。選考段階での詰めが甘かったということになると思います。議員にも知らせず敢えて水面下での選考という手法でした。
 断念の結果、またまた税金と時間の浪費が生じたことになります。3度目ともなると、市民にとってはいい加減にしてくれという思いでしょう。山形市議会では、市長の責任を問う声や上山市をはずす意見も出たとか。
 責任は誰がとるのでしょうか?行政の失態のツケは市民が担うことになるのが常ですが、今までの経過を見ると新たな仕切りなおしも先が思いやられます。

 3月31日から1週間上映する、脱原発の映画「第4の革命」のチケットを昨日から前売り開始しました。フォーラムと八文字屋にあります。1,000円。この記事はまた書きます。

|

« 原発もTPPも認められない | トップページ | 真冬の大井沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発もTPPも認められない | トップページ | 真冬の大井沢 »