« カセ鳥でまちカフェ大賑わい | トップページ | 沢庵禅師をメインテーマに »

2012年2月15日 (水曜日)

脱原発県民アクション~再稼働させるな

 昨日、「さようなら原発 県民アクション」を立ち上げた記事が、今朝の新聞に載っていましたので目にした方も多いと思います。
 会の代表になっていただいた、直木賞作家の高橋義夫さんはじめ実に多彩な顔触れの呼びかけ人(昨日時点で11人)となり、まさに政治的な党派を超えた組織になったものと感じていますが、事務局が県平和センターということもあり、色眼鏡で見る人もあることでしょう。
 しかし、呼びかけ人の発言を聴いていると、皆さん非常に純粋に原発の不合理性を訴えていることがわかります。原発に反対するのは、倫理の問題、人間の命にかかわる根源的な問題が内在しているからだと訴える方もありました。
 百姓シンガーの須貝智郎さんは、未来の子どもたちに地球を残したいと単純明快に話していました。(須貝さんは南陽市なので、上山への帰途は2人で列車の中でワンカップを飲みながら話に花が咲きました)
 今後、県内各自治体への要請活動、議会への請願活動を行うとともに、3月31日から7日間、フォーラムにて「第4の革命」というドイツの脱原発のドキュメンタリー映画を上映します。絶対お勧めの映画です。
 原発の再稼働を阻止できるかどうか、ここが最大のポイントだと思っています。
201202141625000

|

« カセ鳥でまちカフェ大賑わい | トップページ | 沢庵禅師をメインテーマに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カセ鳥でまちカフェ大賑わい | トップページ | 沢庵禅師をメインテーマに »