« 沢庵禅師をメインテーマに | トップページ | 原発もTPPも認められない »

2012年2月19日 (日曜日)

TPPはアメリカ流のルールに従うことです

 今日、TPPに関する舟山やすえ議員の講演会がありました。
 私は、TPPはアメリカの新たな世界戦略であり、加盟国にアメリカ流のルールを押しつけるものにほかならないと思っていましたが、今日の講演会でその内容がさらによくわかりました。
 ドルの権威も低下し経済が行き詰まっているアメリカの新たな戦略にはまってしまえば、日本は経済はおろか日本固有の伝統的文化さえ破壊されてしまいます。
 安い農産物が入ってきて農業が打撃を受けると喧伝されていますが、それより怖いのは、遺伝子組み換え作物が大量に入ってくることです。除草剤のラウンドアップに耐性を持つ作物など考えただけでぞっとします。http://www.jiji.com/jc/rt?k=2012020800288r
 日本は、リーマンショック、そして、3.11と原発事故から何を学んだのでしょうか?これ以上アメリカ流の自由主義経済に組み込まれることは、アメリカの植民地になることに等しいと思います。
 アメリカは、「TPPの交渉は、米韓FTAをベースに交渉を進めたい」との意向であるらしい。米韓FTAは、アメリカに一方的に有利に作用する不平等協定と言われており、韓国の野党も猛反発しています。日本が二の舞にならないことを願っています。http://sankei.jp.msn.com/world/news/120210/kor12021000040000-n1.htm

|

« 沢庵禅師をメインテーマに | トップページ | 原発もTPPも認められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沢庵禅師をメインテーマに | トップページ | 原発もTPPも認められない »