« 第4の革命 | トップページ | この機転~かっこいい »

2012年3月 2日 (金曜日)

がれき反対と原発再稼動

 昨晩、がれき運搬に反対する、静岡県島田市民の姿をテレビで見ました。島田市は茶どころということもあり反対している人が多いのでしょうが、それは理解できることです。
 線量が低いから大丈夫だといくら言っても納得はしません。それは清掃工場の反対運動でもまったく同じでした。ダイオキシンは規制値以下だから大丈夫といっても「信用できない、絶対安全はない」と。
 昨日、東京都へは女川のがれきの搬出が始まりました。
 私がテレビを見ていて思ったのは、がれきにこれほどデリケートに反対をする人たちは、よもや原発の再稼動を容認しないだろうなということです。
 もしも、がれきは駄目だけど、原発の再稼動は許すというのであればちょっと論理矛盾かと思います。再稼働を認めるのは、おそらく原発事故はこの先絶対起きないという前提をおいて認めるということではないかと思います。まさか、事故が起きてもしょうがない、イチかバチか再稼働してみろという人はいないでしょう。
 今朝の新聞に福島県商工会議所連合会長が福島第二原発4基を再稼動し、その400万kwの電力を安く福島県内の企業に供給して復興に役立てることを提案、福島県の脱原発の方針を痛烈に批判していましたが、この人も事故が起きないことを前提にして話をしていますね。
 懲りない面々とはこういう人をいうのでしょうか。
 なお、原子力資料情報室では、「福島第二原発は、3号炉は翌日に、1・2・4号炉は3日後にかろうじて冷温停止にこぎつけた被災原発であり、大きなダメージを受けた施設なので、どこにどんな欠陥が潜んでいるかもわからない。このような施設を再稼働させようとすることは非常に危険である」と言っています。(世界2月号から)
 現実的な選択として火力発電が高くつくとしても、それはしょうがないことです。人間の生存よりエネルギーを優先する社会とは恐ろしいことです。

|

« 第4の革命 | トップページ | この機転~かっこいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第4の革命 | トップページ | この機転~かっこいい »