« 知らないと損をする世の中 | トップページ | 命を大事にすること »

2012年3月11日 (日曜日)

3.11 倫理が問われている日本人

 大震災で犠牲になった方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災者された方々に改めてお見舞い申し上げます。

今日は、郡山市で開催された、「原発いらない!3.11福島県民大集会」に参加をしてきました。開成山球場は外野席を除いて満席状態。
 路上には、あちこちに機動隊の姿がたくさん見られ、右翼の街宣車2台ともすれ違いました。写真にあるように、加藤登紀子さんの心のこもった歌、大江健三郎さんの真実を言い当てたスピーチ、そして6人の被災者の生の訴えがあり、涙を誘う感動の連続でした。
 このイベントに反対、攻撃する人たちも少なからずいるようです。この日は、追悼のために静かにお祈りすべきだと主張する方もいます。
 いろいろ主張はありますので、他人の心に土足で入り込むようなやりかたでなければ、それぞれがそれぞれのやり方で追悼してよろしいのではと思います。
 シベールアリーナで聴いて以来の大江健三郎さんのお話し。相変わらずユーモアのある話し方で、聴き手の心をしっかり掴んでいました。
 『今回の原発事故への対応は、「倫理の問題」(エシックスとも言ってました)が問われている、とるべきは倫理責任であると強調されておられました。これだけの事故を起こしながら、今、再稼働を主張している人たちは、倫理より経済を優先させていると』

 命を大事にしない民主主義国家などありえません。こんなことを書くとすぐ左翼という人がいます。県民集会も、左翼が福島を利用しているなどと言いがかりをつける人がいますが、そういう低次元の話しではないと私は思います。人間の生存にかかわる問題なのですから。
 人間の生存と相いれない核エネルギーよ、さようなら。
 これだけの大災害があって、世の中の価値観も何も変わらなかったら、それこそ亡くなった方に申し開きができないような気がします。
Simg_1538

Simg_1541

Simg_1547

Simg_1550






|

« 知らないと損をする世の中 | トップページ | 命を大事にすること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知らないと損をする世の中 | トップページ | 命を大事にすること »