« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月28日 (土曜日)

原子力ムラの解体を

 今日からゴールデンウイークですが、私は、まちカフェで仕事です。

 さて、原発と活断層の関係が問題視されていますが、これは30年以上も前から指摘されていたことです。私が大学生の時のゼミの先生が、生越忠といって地質学者でした。彼は、東大出の優秀な学者でしたが、反権力の立場で大学解体論などを主張していたため、出世とは無縁な先生でした。
 生越先生は、全国の原発立地裁判で、原告側証人として電力会社と国による地質データの偽造、ねつ造を指摘していた数少ない地質学者でありました。私の書棚に「原子力発電の危険性」(技術と人間編集部編)という1976年に出版された本があります。
 その中で生越先生は、次のように書いています。「世界最大の地震国である日本では、地震発生のおそれのない場所はどこにもほとんど求められないことから、原発を地震発生のない場所に建設することは事実上不可能に近い。・・・・」とし、東京都立大学の中野尊正教授(当時)の国会での参考人陳述の内容を紹介しています。中野教授は、「危険な原発の例として、静岡県の浜岡原発、福島原発、福井県の美浜原発を挙げ、原発建設計画や建設用地の選定を再検討すべきと助言した」
 しかし、中野先生の助言や警告は無視され、劣悪な地盤の上に原発は建設されてきたというのであります。大飯原発もその中に含まれています。
 36年前に書かれたこの本を読み返すと、まさに今書かれた本かと思うほど現在の状況にマッチしていることに驚かされます。つまり、いまだに原子力を制御する技術は確立されていないということです。
 この本の中で、国学院大学の室田武先生(当時)が原発のコストに言及しています。すなわち、「通常の原子力発電所がエネルギーコストゼロで建設され、燃料もただで入手でき、何一つの事故もなく、原子炉が理想以上の状態で作動したとしても、廃棄物からの放射能漏えいを防ぎ、しかもプラスのネットエネルギーを得ることは、絶対に不可能である」
 この本には、かの高木仁三郎先生も登場してきますが、多くの良識ある学者の意見を聴くことなく進められてきた原子力行政。これをこれからも進めていくのは愚の骨頂です。
 原子力「ムラ」の解体なしには日本の未来はないと言えるでしょう。
 夏の電力不足が喧伝されていますが、原発の再稼働は電力問題ではありません。
 電力会社の経営の問題なのです。何も利潤を産み出さない原発は大いなる不良債権になってしまったのです。

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火曜日)

4月はいい季節のはず

 今年の南小学校の1年生はとにかく元気がいい。口を大きく開けて「おはようございます」と力いっぱいのあいさつ。それにつられてか、上級生のあいさつも例年になくいい。
 こんな純粋な子どもたちの登校の列に車が突っ込んで死亡させるとは、その理不尽さに言葉がない。
 子どもたちの元気な声を聞きたくて、明日も交差点に立ちます。交通事故から子どもを守るだけでなく、自分の純粋な気持ちを忘れないためにも。

 やっと桜が咲きました。今週末は見頃でしょうね。
 

| | コメント (1)

2012年4月19日 (木曜日)

米沢牛のせり

 今日は、月刊誌「自治研」のグラビアを飾る写真を撮影するため、米沢牛のせりの現場に行ってきました。年間30回ほど開催されるせりですが、風評被害のために震災前の価格までにはがまだ戻っていないとのこと。
 日本の三大牛肉は、松坂牛(三重県)と神戸牛、そして米沢牛です。米沢牛とは、置賜一円で飼育された一定基準をクリアした肉牛のブランド名で飯豊産がもっとも多いそうです。
 せりの入札は、無線の端末を使い、声が無い分静かなものでした。
 写真を見てください。数字は1kgあたりの値段です。血の滴るステーキ。
Simg_1569_2

Simg_1562
入札する端末。1業者に1個割り当てられる。
Simg_1560
肉の切り口を見せるため、ぶら下がった肉の一部がにカットしてある。

Simg_1559
「米沢牛」のハンコが押してある。A5は最高級のランク、ただし、「エ」とあるので打撲のような押されたりしたアタリの部分があるということ。






| | コメント (0)

2012年4月18日 (水曜日)

LCC 格安航空券

 ジェットスターから毎回メールが来ているのですが、いよいよ国内線デビューです。成田から沖縄まで片道1万円しないのですからびっくりです。もっとも成田空港ですし、時間帯が良くないですけど。
 ジェットスター社では今までオーストラリアのケアンズまで190円というのも出していましたね。
 外国では、このような格安航空会社は以前からあって、ヨーロッパ中を網羅しているようです。私も8年ほど前に、ロンドンからダブリンまで乗りましたが、一切余計なサービスがなかったことを記憶しています。安全が最優先されなければならないことはいうまでもありませんが、付加価値をつけるのではなく、サービスを最低限なものに絞っていくことも合理的でいいことだと思います。
 それにしても、予約は今は完全にネットの時代となりました。世界中の宿や飛行機、列車、ショーのチケットが自宅にいながらにして割安で予約できるのですから、改めてIT社会の変化に驚いています。山形新幹線も3週間前までにネットで予約すれば3割引きもありですから、まともな価格でチケットを買うのがバカバカしくなります。

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月曜日)

のぞき見じゃないよ

 我が家は公園のフェンスの脇に位置しており、東屋は茶の間から10mと離れていない至近距離です。
 その東屋に暖かくなると出没するのがアベック。彼らは、人家の近くなのに一向に気にする気配はないのですが、我が家の愛犬は「ペチャクチャ」が気になるらしく吠えまくっています。
 先日は、中学生の男女。男の子は女の子の腰や肩に手をまわしていました。
 今日の夜も犬が吠えているので見ると、暗がりに高校生らしき男女が。
 お盛んですが、節度を保ってもらえば結構なことです。
 齋藤茂吉先生は、欧州留学の折に興味しんしんで外国人カップルを注意深く観察していたようですが、その描写ぶりが見事で感服したことを思い出しました。

 今日、某市の市長選挙に立候補を表明している知人からお電話をいただきました。現職が引退するので新人として立候補するのですが、後2か月しかないのに対抗馬がまだいません。私のようにはならないはずですが、選挙はやった方がいいとご本人も言っていました。
 まちづくりを通じて知り合いになったナイスガイです。

| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月曜日)

最近の市職員採用状況

 先週、上山市役所に就職した新人職員の面々と接する機会がありました。一般行政職員16人と消防職員3人の合計19人です。16人の行政職員のうち3人は保育士で全員上山市出身でしたが、驚くことに、あとの行政職員13人のうち、上山市出身は3人のみ、10人が市外でした。内訳は、県外2人、置賜地域1人、最上地域1人、西村山地域1人、山形市5人。
 このような採用状況はいまだかつてないことです。地域づくりの3要素である、若者、よそ者、ばか者の視点からいえば、よそ者が多いほど新しい発想があっていいのかもしれませんが、地元の採用がこうも少ないのはどうかと思います。
 敢えて市外の人間を採用したのか、相対的な評価として地元人間より市外の人間の方が優秀だったということなのか知る由もありませんが、残念な気がします。ただ、市外の人は、市内に借家住まいすることになるため、人口増加対策としては有効かもしれません。
 消防職員も、3人のうち市外の人が1~2人いたようでした。
 山形市の職員採用の責任者とも話しましたが、「最近合格しても辞退する人が多くて。上山からも入ってもらっています」と話していました。上山市も辞退者が多いそうですが、そういう人は市役所とよそを二股掛けて受験しているということでした。
 マスコミの公務員バッシングのせいか、公務員にマイナスイメージが付きまとっているということも原因としてあるのでしょうか。

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火曜日)

持続可能の原則

 大飯原発の再稼動問題がひとつの山を迎えようとしていますが、考え方の軸をどこに置くかをしっかり持っておく必要があります。
 それは、次世代にツケを回さないということでしょう。持続可能、サスティナブルということは、次の世代にツケを回さず、その世代で責任を取るということでないかと思います。
 この考え方・基準でいけば、原発の廃棄物の処理方法がないという段階で既に、原子力は使用すべきでないということになります。
 原発だけでなく累積赤字が膨大になっている財政問題も同様です。自分たちの選択が後世代の選択の余地を狭めることは差し控えることが大原則でないかと思うのです。
 制度の維持も同じです。私は、介護保険制度の立ち上げに携わった経験もあり、介護保険制度の行く末には思い入れがあるのですが、保険料は上昇の一途である一方、特老の待機者は一向に減らず、このままでは制度破綻をきたすような気がしております。日本人だけでは、介護者を賄うことはできないとも言われています。
 さて、そんな折、この4月1日にいくつかの新しい特別養護老人ホームが開設されました。そして、こんな話を福祉関係者から聞きました。
 それは、最近はやりの、まち中居住にからむことです。有料の高齢者住宅とデイサービスなどの介護保険施設が一体的に作られているケースで、日中は、高齢者住宅からデイサービスの建物に移してそこで入居者を一日中過ごさせ、介護保険に費用を請求するというのです。それも限度額一杯までサービスを利用させるというのです。このようにすれば施設の安定経営には貢献するでしょうが、介護保険の理念はどこかに追いやられ、保険制度は崩壊してしまいます。
 このほか、以前から私も気にしていたのですが、一人の高齢者に医療保険と介護保険の両方を適用するケース、本人にとってあまり意味のないケアと思われる事例もあります。
 今、ビジネスとして様々な業態の経営者が介護分野に進出しています。利用に関してしっかりしたガイドラインを設けないと不適切な事例が横行し、結果して国民に皺寄せがくることになります。

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月曜日)

IVYのキャッシュフォー ワーク終了

 一昨日、南三陸町のホテル観洋にて、IVYのCash for Work(キャッシュ フォー ワーク)の完了式が行われました。Simg_1552

会場には、石巻と気仙沼でCash for Workに従事した方々、資金を提供してくれた企業の方々90人ほどが出席して、この間の苦労話に花を咲かせて最後の別れを惜しんでいたのがとても印象的でした。
 時給たった750円での肉体労働、それでも彼らは、「労働の対価としてお金で買えないものを得ました」と言っていました。この経験が、きっとこの先の人生に大きく役立つことでしょう。
 被災者の苦労は私には計り知ることができないほど大変なものですが、その大変さゆえに彼らの連帯の強さも相当なものです。就職先が決まった人、決まっていない人様々ですが、この先の彼らの人生が幸多いことを願い会場を後にしました。
 昨年4月からのこの1年間の活動実績
   臨時雇用人数      114人
   家屋や工場の清掃   458件
   仮設住宅での棚・収納取り付け  88戸
   仮設住宅での朝市の開催    633回
   ランチの配達      342回
   高齢者お茶会の開催  97回
   支出した予算総額  1億2916万円。
 IVYでは、今月から新たな支援として、気仙沼で保育所の運営支援を開始しています。

 

 

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »