« 米沢牛のせり | トップページ | 原子力ムラの解体を »

2012年4月24日 (火曜日)

4月はいい季節のはず

 今年の南小学校の1年生はとにかく元気がいい。口を大きく開けて「おはようございます」と力いっぱいのあいさつ。それにつられてか、上級生のあいさつも例年になくいい。
 こんな純粋な子どもたちの登校の列に車が突っ込んで死亡させるとは、その理不尽さに言葉がない。
 子どもたちの元気な声を聞きたくて、明日も交差点に立ちます。交通事故から子どもを守るだけでなく、自分の純粋な気持ちを忘れないためにも。

 やっと桜が咲きました。今週末は見頃でしょうね。
 

|

« 米沢牛のせり | トップページ | 原子力ムラの解体を »

コメント

本当に悲しすぎる事故ですね。理不尽です。
連日子供達のためにありがとうございます。
今の若者は相手に向かって自分から大きな声を出す事がどうやら苦手のようです。そんな中とても嬉しくなりました。
「自分の純粋な気持ちを忘れないためにも」の言葉が心にしみました。
私もその心を忘れずに生きたいと思います。

投稿: 渡部です。 | 2012年4月25日 (水曜日) 午前 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米沢牛のせり | トップページ | 原子力ムラの解体を »