« 小国のワラビは今年もうまかった | トップページ | ごみ発電 »

2012年5月31日 (木曜日)

「東京原発」を是非観てください

 今日は、5月の晦日、NPO法人の法人税申告の期限でした。まちづくり塾事務局長として、午前中に税務署、午後に村山総合支庁に行き、それぞれ申告を無事済ませました。税務署は昨日に続き2回目。
 決算から申告まで、長い期間の結構な事務量でした。これからは、法務局での役員の変更登記、市役所への申告と23年度事業報告の仕事があり、これで23年度分の事務が終了することになります。

 さて、昨日の野田総理の大飯原発の再稼働への前進発言に心が休まりません。そこで思い出したのが映画「東京原発」です。監督は、我が上山市出身の山川元、上山中卒の55歳です。松坂慶子主演の「卓球温泉」の監督でもあります。かつて上山の平和の集いで「東京原発」を上映しましたが、今観ることにすごい価値があると思います。(卓球温泉も上山ゆうがく塾で上映しました。いずれも私が推した企画ですが)
 以下は、ネット上にあった投稿記事ですが、一読ください。

 「映画「東京原発」。2004年の作品で、役所広司をはじめそうそうたる豪華キャストなのに、なぜかヒットしなかった。いやさせなかったのではないかとさえ思える作品です。
 福島原発事故以降にやっと明らかになったことが、この映画ではどんどん語られる。それも、現在進行形。まるで、福島原発を受けてつくったように。あの時、耐震性の問題や、津波は大丈夫かと、この映画の数字は正しいのかという議論さえもなぜ起こらなかったのか、起こさないようにしたのか、映画のなかでロシアが「日本はロシアよりも情報公開ができていない」と批判されているとの報道が出てくる。まさにそのとおりなんですね。なお、公式ホームページは、こちら、ttp://www.bsr.jp/genpatsu/ 」

 DVDもあるそうですから観てない人には是非観てほしい映画です。場合によっては、もう一度上映会をやってもいいかな。あまりにも今の状況に合致しているからです。
 大飯で事故が起きたら日本は終わりです。そんな危険な賭けをする日本でいいのでしょうか?首相が、「再稼働は私の責任で判断する・・・」と言っていましたが、一端事故が起きればとても責任が取れるわけがないはずですが。

|

« 小国のワラビは今年もうまかった | トップページ | ごみ発電 »

コメント

同感です。
今こそ観るべき映画ですね。

投稿: 野津 彰 | 2012年6月 4日 (月曜日) 午前 11時35分

「東京原発」帯広で9月に上映しました。。
再上映会を12月に行います。今こそ観てもらいたい作品ですね。

投稿: 豊島晃司 | 2012年11月18日 (日曜日) 午前 09時17分

「東京原発」実はこの作品のことを知りませんでした。DVDで観て「このような作品が早い時期に作成された」ことに驚き。山川元監督、あなたはすごすぎる人です。
9月に帯広で上映。再上映会を12月14日にします。全国で再上映がやられると良いですね。

投稿: 豊島晃司 | 2012年11月18日 (日曜日) 午前 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小国のワラビは今年もうまかった | トップページ | ごみ発電 »