« 人口減少社会の到来なのに、人口増などできるの? | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »

2012年7月27日 (金曜日)

あいびぃ保育園開設

 今朝NHKのラジオを聞いていたら、IVY(国際ボランティアセンター山形)が福島県からの避難者のために保育所を開設することになったとのニュースが流れていました。
 昨日報道各社にプレスリリースしたので、早速取り上げていただいたのでしょう。
 今月19日現在、福島県から山形県へ避難している人は、1万1821人で、うち山形市には4,946人ということですが、少しずつ帰る人が出ているようです。しかし、それは中身を見ないと喜んでいいのかどうか分かりません。夫は福島、子どもと妻は山形というような二重生活の経済的な負担に絶えられず帰らざるを得ない人もいるでしょう。
 避難している方々からは、避難生活も1年以上となり、経済的な負担と未就学児の保育問題、育児ノイローゼ、夫婦間の亀裂問題などが深刻な声として挙がっています。
 IVYとしては、このような現状に対し、避難している母子が安心して暮らせることを目標に、母親の就労支援、母子双方のストレスの軽減を目的に認可外保育所を開設することにしたのです。
 事業化を決めた過日の理事会では、私としては命を預ることの重大さに消極的な意見を述べたのでしたが、スタッフの熱意に押される形で理事会として開設にゴーサインを出しました。0~3歳児までの最大30名を保育する計画で、事業経費は国内外の企業からの寄付金が充てられます。9月開所に向けてスタッフはただいま準備におおわらわ。
 IVYにとって今までにない異質な事業ですが、失敗は許されません。
 
 

|

« 人口減少社会の到来なのに、人口増などできるの? | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人口減少社会の到来なのに、人口増などできるの? | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »