« 原発とリニア新幹線 | トップページ | 非効率なカンボジアシルクの再興を »

2012年8月22日 (水曜日)

暑さに負けない高齢者パワー

 連日の暑さに閉口している中、今日、労金上山支店長杯グラウンドゴルフ大会へ参加してきました。46名中、50歳台は2人、60歳代少々、後は70歳以上の面々。
 16ホールを2ラウンド、休憩入れて約2時間。とにかく暑く、集中力を切らしたり投げやりになったりすると、すぐスコアの乱れになるので大変。
 結果は、優勝から3位まで3人とも女性でした。グラウンドゴルフは、年齢の差や性別の差が出ないのが特徴。私などは、全然問題にならない順位でした。
 連日、ほとんど毎日、練習している高齢者にはかないません。
 今朝方お邪魔したお宅では、社交ダンスのお誘いを受けましたが、社交ダンスも教室が市内にいくつもあるそうです。
 高齢者というと、介護や医療などマイナスイメージを連想してしまいがちですが、元気で忙しくしている方も多くて、実際接すればそのパワーには脱帽のはず。
 そういえば、先だってエベレスト8848mに登頂した日本人女性は73歳でしたね。
 曹洞宗の修証義の総序の冒頭に、「生を明らめ、死を明らむるは仏家一大事の因縁なり」という言葉が出てきますが、そういう境地に入りたいものです。
 

|

« 原発とリニア新幹線 | トップページ | 非効率なカンボジアシルクの再興を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発とリニア新幹線 | トップページ | 非効率なカンボジアシルクの再興を »