« 原発が人類に終止符を打つ | トップページ | 分島改約 »

2012年10月25日 (木曜日)

死ぬまで頑張る人

 石原都知事が辞職して新党を立ち上げるとのこと。石原都知事の政治スタンスは、私と全く相容れないものですが、80歳にしてこの情熱。恐れ入りました。
 三浦雄一郎さんは来年5月に80歳で3度目のエベレスト登頂に挑戦するということですが、この2人は一体何者ですかと問いたいくらいです。古稀などという言葉は当に死語。
 事の是非はともかくとして、攻撃的に挑戦する姿勢は見習うべきものがあると思います。
 共通する点は、お金のためにするのではなく、自分の信念に基づいて行動するということでしょうか。石原知事は、国を憂いての行動でしょうし、三浦さんは、自分自身の限界への挑戦でしょうか?
 
 年老いても、周囲の人に支持されて新たな戦いに挑む姿、おおいに触発されました。

|

« 原発が人類に終止符を打つ | トップページ | 分島改約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発が人類に終止符を打つ | トップページ | 分島改約 »