« 分島改約 | トップページ | まちカフェ、1周年 »

2012年10月30日 (火曜日)

酒田市長選 無関心な市民?

 酒田市長選挙の結果にはガッカリしました。朝日新聞によれば、「決め手となったのは、保守勢力の厚みと70歳以上の支持だった」とのことです。若い人はどうしたと言いたいです。
 前回の市長選より格段に低い投票率。市民の多くが「どうでもいいや」と思っているのでしょうね。投票しない市民は、誰がやっても同じと思っているのでしょう。それは他力本願ということですか。
 民主党の凋落に乗じて、自民党をはじめとする保守層が復権を果たそうとしています。
 ある人が今の政治状況をたとえて言っていました。「今の民主党に対する気持ちは、ギャンブルに全財産をかけて負けた心境だ」と。
 待ちに待った政権交代、期待が大きかっただけに裏切られた時の反動は半端ではないということです。しかし、冷静に考えれば、自民党の作り上げた支配構造をそう簡単に壊せるほど現実は甘くはなかったのです。
 政治は現実に対応しなければならないために、いくらマニフェストで理想を描いたとしても、八ッ場ダム、普天間基地、原発など、ことごとく旧来の勢力の反撃に遭い、修正に修正を求められ、このザマというわけです。ただ、消費税はちょっと弁護のしようがなかったですね。
 それでも、国民は、なぜ民主党がこうなったかもっと冷静に考える必要があると思います。
 またまた、新自由主義に逆戻り、人からコンクリートへ逆戻りさせていいのですか。昨年の3.11は価値観の転換を日本に突き付けたはずですが、既に忘れ去られようとしています。命よりお金が大事にされる時代を続けていいのでしょうか。
 国土強靭化法案をつくり、公共工事でまた多額の借金を上積みすることでいいのでしょうか。暗澹たる気持ちになります。
 よく「政治にはかかわらない」という人がいますが、物事が決まるのは政治の場だということを認識すべきでしょう。
 

|

« 分島改約 | トップページ | まちカフェ、1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分島改約 | トップページ | まちカフェ、1周年 »