« 心配な日本のリーダーたち | トップページ | お陰さまで、まちカフェ1周年 »

2012年11月22日 (木曜日)

リニアモーターカーの開発を止めてください

 今日のヤフーニュースで、リニアの記事が載っていました。
 「JR東海は22日、山梨県都留市の山梨リニア実験線車両基地で、リニアモーターカーの新型車両の車体搬入作業を行った。この新型車両は、リニア中央新幹線計画の実現に向けた試作車という位置づけ。早ければ2013年冬ごろをめどにリニア車両の走行試験を再開する方針。リニア中央新幹線計画は2027年に東京(品川)-名古屋間を最短で約40分、2045年に東京(品川)-大阪(新大阪)間を同1時間で結ぶ。国土交通省が昨年5月、整備計画を決定した」というものです。

 私は以前のブログでリニアの危険性について書きましたが、改めて開発の是非を問いたいのです。
 リニア新幹線は、原発とつながっています。危険極まりないことに加えて、通常の新幹線の3倍~40倍の電気をくうと言われ、原発がないとリニアを動かす電力は賄えないとも言われているのです。(なぜこんなに幅があるかというと、リニアの開発者は40倍といい、JR総研は3倍といっているからです。)
 そもそもなぜこんな危険なものを作る必要があるのか、そのメリットはどこにあるのか?建設費は、現段階で9兆円もかかると見積もられています。
 情報は出さない、技術的に未完成なのに強引な開発手法、甘い建設費の見積もりと採算性、民意無視など原発とそっくりです。南アルプスの環境破壊も見逃すことはできません。地下40mのトンネルを時速500kmで無人で走るリニア、考えただけで身の毛がよだちます。今計画を止めないと、原発事故と同じ道を辿るかもしれません。
 嘘で塗り固めたことが素人にでも分かるような期成同盟会のホームページ。またしても経済波及効果が高く見積もられています。

|

« 心配な日本のリーダーたち | トップページ | お陰さまで、まちカフェ1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心配な日本のリーダーたち | トップページ | お陰さまで、まちカフェ1周年 »