« トンネル崩落とリニア | トップページ | 清掃工場決定? »

2012年12月 6日 (木曜日)

しっかりした政治理念を持った候補者を選びましょう

 毎日忙しく戦っています。今朝の朝刊の報道によれば、自民党が大幅に躍進のようです。国民は、自民党に期待しているのでしょうか、はたまた民主党にお灸を据えようとしているのでしょうか。世論というのはマスコミによって形成されますし、大きく変化させられたりもします。
 盆踊りに何回出たとか、まめにいろいろなイベントに顔を出す、どぶ板議員ではなく高邁な政治理念を持った政治家を選んでほしいものです。辻元清美さんが言っていた、「『まめさ』こそが権力維持の最大の装置や」という言葉を思い出しました。
 それにしても今の国政選挙のやり方は金がかかりすぎ。あの膨大なポスターやビラなどの印刷物、・・・・。
 

|

« トンネル崩落とリニア | トップページ | 清掃工場決定? »

コメント

新宿駅から東京駅に行く方法には、いろいろ考えられる。
JRの中央線を利用する方法や、地下鉄・丸ノ内線を使う方法など、多数が考えられる。
個人の好みもいろいろ違う。

だが、団体行動をとる場合には、どれか一つに決める必要がある。
方法を一つに決めるか、指導者を決めてその人の決めてもらうかである。
矛盾のある方法は、あらかじめ排除しておく必要がある。

多数決で、民主的に決めると良い。
どっち道、東京駅に行き着くのだと考えて、小異を捨てて、大同につくのである。
東京駅に行きたくない人は、この団体には加わるべきでない。
そうでないと、団体全体が混乱する。

政治の場合も同様である。
遠い未来の行き着く先の世界 (核なき世界) を個人個人に描いてもらう。
そして、その現実対応策 (廃炉計画) を述べてもらう。

現実対応策にはいろいろあろうが、民主的な方法で決める。
理想は譲らなくても、そこに至る現実対応策には道を譲らなくてはならない。

哲学のないところには、譲りもない。ただ、乱立と対立あるのみ。
解散前は党内で乱立した。解散後は党を出て乱立している。

共通の夢を実現するという強い望みが譲りを与える原動力になる。
小異を捨てて、大同につくことにより未来社会の建設に協力が可能になる。

長年月をかけて目的に一歩一歩近づくことができる。政治哲学が生きてくる。
目的の達成には、金もかかる。固い団結はシニア層にも安心をもたらし、彼らの金にも使い道ができてくる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


投稿: noga | 2012年12月 6日 (木曜日) 午後 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トンネル崩落とリニア | トップページ | 清掃工場決定? »