« 常識の非常識 | トップページ | 実体経済 »

2012年12月25日 (火曜日)

吉村知事再選の決起集会で考えたこと

 吉村美栄子知事の県民総決起集会が先週の土曜日にビッグウイングで開催され、約2,000人が参加したとあって、会場は熱気にあふれていました。
 4年前と打って変わって、県内のほとんどの首長、自民党県議も大半が支持しており、オール与党の様相です。県民集会には、一般の支援者だけでなく、国会議員はじめ多くの自治体の首長と議長、県議、市町村議が出席していました。
 驚いたことは、国会議員の2区と3区の当選者(共に自民党)から出席はなかったものの熱いメッセージが届いていた一方で、1区の当選者からは何もなかったことです。
 また、多くの自民党系首長も出席しており、出席しなかった首長はメッセージを寄せていたのに、我が市の市長からは何もなかったこと。知事の出席依頼を無視したわけではないと思いますが、ちょっと目立ってしまいました。議長も代理出席を含め多くの自治体議会が出席していたのに我が市議会は欠席でした。どうしたものですかね。
 自民党は、民主党政権には外交がないと批判していましたが、地方自治体レベルでも、しっかりした「外交」は必要だなと感えさせられた集会でした。

|

« 常識の非常識 | トップページ | 実体経済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 常識の非常識 | トップページ | 実体経済 »