« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木曜日)

体罰

 大阪の桜宮高校の体罰事件以降、ぼろぼろと体罰の実態が明るみになっています。柔道の件は、オリンピック招致にも影響するのではということで大きな波紋となっています。
 戸塚宏氏のような極端な体罰必要論を語る人は別にして、体罰を許容するという風潮は、程度の差こそあれ私自身も含め多くの日本人の中に存在しているようです。
 10年位前になるでしょうか、上山明新館高校野球部の練習試合の球審を務めていた時、対戦相手の監督がいきなり選手にビンタを食らわしたことがありました。県外の甲子園常連の有名校の監督でした。
 バントに2回失敗して、ベンチに戻った選手にベンチ前でまず一発平手打ち。思いっきり殴ったため、選手は倒れました。そして、起き上がったところに二発目。また倒れ、起き上がった選手に、今度は罵声を浴びせしつこく説教。選手は見方が攻撃の間中、立たされたまま。当日は、中学生が見学に来ていたのですが、あまりの暴力に入部をためらった子がいたのではと心配しました。私も、ゲームを止めて監督に注意しようと思ったくらいですから。
 野球に限らずスポーツに暴力はつきもののようで、中学以上になると普通のことだと記憶しています。自分が暴力で指導された経験から、自分が指導者になっても暴力をふるうことに抵抗はないということでしょう。
 小学生のスポ少でも、監督の言葉は物理的な暴力に匹敵するくらいの汚い言葉です。打席に入った子どもは、おびえながら監督のサインに最新の注意を払って、監督の指示通りに打撃をしようとします。自分の頭で判断することは必要ないのですね。

 体罰は、スポーツだけでなく、日本人のさまざまな分野・世界にあります。
 指導の中に体罰を使うのでなく、相手の心に響く言葉を持ちたいものです。 

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水曜日)

目からうろこのそば粉を使った料理

 いやはや昨日の講習会は驚きでした。①10割そば、②そば粉のガレット、③そばがきの3品を作りました。全部おいしかったですが、作り方も実に簡単でした。
①10割そば
 粘土をこねるような力を入れたこね方は必要なし。そば粉の30%の熱湯と24%の水を 丁寧にそば粉にからめ、それをまとめ、10数回体重を乗せて固めるだけ。女性でも楽々。
 まな板しかなかったため、その上でのし棒を使って伸ばし、普通の包丁で切りました。しかし、風味、歯触りとも申し分なし。10割そばは、ぼそぼそに切れると思うかもしれませんが、そんなことはありませんでした。

Img_1974

Img_1976_3


Img_1979


②そば粉のガレット
 フライパンに伸ばしたそば粉の上に卵、チーズ、ハム、ミニトマトや野菜をトッピングするだけ。これはメニューとして使えそうです。フライパンが小さかったため、たたみ方が上手にできず見栄え良く作れませんでしたが、皆がうまいうまいと。
 世界中でそば粉を食べる国が60数カ国あるそうですが、ほとんどはこのように粉を焼いたりして食べるそうです。ちなみにガレットは、フランスの貧しかったブルターニュ地方の主食だったようです。

Img_1983

③そばがき
 そば粉の3倍の水を混ぜて、火にかけた鍋の中でこねるだけ。実に簡単。あずき、アイスクリーム、練乳をトッピングすれば、瞬く間においしいスイーツが完成です。これもメニューになりそう。 まいった!という感じでした。
 そばがきは、そばを麺で食べるより栄養価が高いそうです。

Img_1984

Img_1985


| | コメント (0)

2013年1月29日 (火曜日)

食文化の継承

 先週の土曜日に、米沢のグランド北陽で「山形・おきたま 食の力というシンポジウム」と試食会がありました。最悪の吹雪の悪天候で、前が見えない中をやっとの思いで辿りついたのですが、当初200人を予定していたところ、悪天候にもかかわらず県内外から250人もの人が集まり大盛況でした。
 「置賜はひとつ」の言葉がぴったりという感じで、長井、白鷹、高畠、置賜農高(川西)から出店があり、多彩な食が並んでおりました。私は、お土産に、米沢の雪菜と長井の「馬のかみしめ」をお土産に買ってまいりました。
 当日の話題提供者として、高畠の島津さんが登場、保存食文化について語られました。「それぞれの地域の保存食の中にその地域の豊かさを見ることができ、それは地域の自立に通じる。消費文化とは対極にあるものだ」。「大震災のとき、湯の原地区に行ってみた。停電が何日も続き公民館に避難していたが、保存食が大活躍していた」。「これからの食文化の保存・継承は、核家族化などにより家庭では無理なので地域で受け継いでいくしかない」。
 タンポポ料理がとてもうまいと聞いてきました。今年は是非食べてみたい。それから、タラの芽よりうまいとされるハリキリ。山に行かなくても簡単に採れますからお薦めだそうです。
 今日は、島津さんから来ていただき、蕎麦粉を使った3品を作る講習会をします。この中から、まちカフェのメニューに加えるものができるといいなと考えています。
 

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木曜日)

食part2

 一昨日に食について書きましたが、私が書いたことの正反対の意見の方もいるようです。物事なんでも意見が異なることはありますが、素人にとっては、どっちがいいかわからなくなることが多々あります。
 一例が塩、役所では、減塩教室を開いていますが、一昨日の島津さんの考えでは、これはおかしいということになります。それは、塩化ナトリウム99.5%以上に精製した塩とミネラルを含んだ自然塩を一緒にして、減塩と言っているからです。
 島津さんは、塩の摂取と高血圧は関係ないともいいます。今まで当たり前だ思ってきたことが覆されたわけですので私は大いに戸惑っています。私には正しいか否かの判断が付きませんので、島津さんの人柄と今までの実績を信じるしかありません。
 しかし、入手したポルトガルの天日塩・ヴァージンソルトは、事実として精製塩に比べ甘みがあるというかまろやかですし、まったく別物のように感じられます。
 薬やサプリメントに頼らず日々の食事によって身体を養っていくことをもっと勉強しなければなりません。医食同源、身土不二などの言葉もあります。

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火曜日)

生きることは食べること

 昨日は、高畠町の島津さんを訪ね、そば粉のガレット、簡単そば打ち、簡単そばがきの作り方の伝授をお願いに行き、来週上山に来ていただけることになりました。商売人の蕎麦屋さんに怒られる画期的な作り方です。
 ある行為をする時には、その行為をすることの意味・理屈があるわけですが、その観点で、そば打ちの一連の工程を考えた時、従来当たり前と考えていたことが全く意味のないことであったという、玄人にとっては耐え難いことがあぶりだされてくるのです。
 一通りの食談義の後、かねてから入手したかった、ポルトガルトのヴァージンソルトを島津さんの紹介で菊地さんからいただいてまいりました。この菊地さんは、有機農法実践者として第一人者です。菊地さんの口から飛び出す言葉は、実践に裏打ちされているだけに説得力があり、国の機関からも一目おかれ、JOCの強化委員としてオリンピック選手の食を通じたコンディション管理にも活躍しておられるのです。
 菊地さんは言います。「小学校2年生くらいが一番そば打ちがうまい」と。そば打ちに力はいらないし、技術もいらないというのですから、「そば打ち道場」など開いている人は卒倒するでしょう。菊地さんは、米作りも独自の理論で土作りから丁寧にやっているため、米も値段が高いです。でも考えてみれば、医者に掛からずに健康に過ごせるなら高くはない投資のはずです。命にどれだけ投資するか、それも医療費でなくて。
 ちなみにコメが3分~5分づきがいいそうです。
 それから納豆は効能抜群だそうですから毎日食べましょう。消化にいい、タンパク質が多い、ミネラルが豊富、ビタミン群が豊富などだそうです。
 私たちが考えるべきことは実に多いですね。逆に知らなすぎというか。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日曜日)

大寒だけど心は熱く

 今日は大寒でしたが、天気は穏やかで気温もプラス。小寒から「寒の内」に入り、大寒を経て立春まで「寒の内」が続くということになりますが、春が待ち遠しいこの頃です。昨日の朝は、先週に引き続き、まちカフェの水道が凍結してしまいました。先週は業者に来てもらいましたが、昨日は見よう見まねでドライヤーで止水栓を温め水を出すことができました。

 昨晩は、体育協会の新年会で、私も野球連盟の一員として出席しました。全国大会への出場者の名簿を見ると、いつもの年より種目も人数も多いようでした。バスケ、バレーボール、駅伝、フットサル、サッカー、レスリング、シニアサッカー、剣道、体操、卓球、ソフトボール、水泳、乗馬、陸上、テニス、チアダンス、ラグビーなどですが、中でも、同級生の息子の尾形翼君は、全日本選抜レスリングで優勝、全日本選手権で準優勝ですからすごいものです。
 上山市は、坊平アスリートヴィレッジを売りにしているのですから、地元選手の活躍があるとやはりいいです。

 今日はIVYの理事会に出席。補正予算を審議しましたが、震災支援関連事業の寄付金や助成金を各方面からいただいたことで、予算総額は昨年度の2億円超に続き、今年も1億円ほどの規模になっています。
 これだけの規模になりますと、しっかりしたマネジメント、ハンドリングが求められます。
山形市内に昨年開設した、母子避難者のための保育園も入所児童がまもなく30人を超えるようでIVYの責任は重大です。
 どこぞのNPO法人は助成金を不正に取得したとの事件報道がありましたが、当方は、認定NPO法人として、会計事務所の助言を得つつ、時に税務署の指導を仰ぎながら会計処理に努めています。
 IVYでは事業充実のためにまもなく運営スタッフを公募します。もし、興味のある方はホームページをチェックしてみてください。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水曜日)

大島渚さんのご冥福をお祈りいたします

 大島渚さんが亡くなりました。
 大島さんは、かなり以前に小川伸介さんを訪ねて牧野にやってきて、三上の松沢堤で芋煮会をやったことがあります。私はその会には出ませんでしたが、牧野に来たことがあるというだけで何となく親近感を持っていたのでした。ご冥福をお祈りいたします。
 大島さんだけでなく、小川プロダクションには多くの著名人が来ていました。私も実家がすぐ近くということもあり、よく出入りさせてもらっていました。
 牧野村物語~千年刻みの日時計では、小川監督に庄屋の息子役の指名を受けて台本までいただいたのでしたが、私が部落外に出てしまっていたので異論が出たそうで没となってしまいました。少し残念でしたが、やっぱり部落に残っている人が力を合わせてやることが一番いいと思います。
 大島さんの訃報からこんな昔のことまで思い出したのでした。
 

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月曜日)

団子さし

 一昨日に行った、まちカフェでの団子さしの記事が昨日の山形新聞に掲載されていました。
折紙隊の方にも協力いただき、写真のような見事な団子木飾りができました。案山子のお姉さんと共に十日町の通りを明るくしています。歩いていても、車で通っても目立って、私としてはとても気に入っています。
 こういう小さな取り組みを各個店が工夫して賑やかにしてくれるといいのですが。今日はあいにくの雪降りですが、まちカフェだけは華やいでいました。
Img_1972

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土曜日)

木を使う勉強会

 昨日は、最上町の大場満郎冒険学校で開催された、「山が元気に!地域が元気に!」を合言葉に、木の駅プロジェクトに取り組んでいる、森大顕さんを招いての勉強会に行ってきました。主催は、最上地域再生可能エネルギー協議会で、私は、エネルギーシフト山形からの誘いで参加したのです。
 木の駅プロジェクトというのは、「山を手入れしながら地域を元気にしよう」と岐阜県恵那市で2009年12月から始まった社会実験です。間伐した山の木を出荷すると、地域の商店で使える地域通貨券「モリ券」がもらえます。仕組みは簡単です。
 
 山の手入れができていない山主はたくさんいるわけですが、その荒れた山を山主から手入れしてもらい、間伐材を一定のサイズに切りそろえて出荷してもらいます。実行委員会では、山主から出荷された木材の量に応じて地域通貨と交換し、山主は地域の商店で地域通貨により買い物をするシステムです。そして実行委員会は、山主から持ち込まれた間伐材をチップ工場などに売り渡します。
 「道の駅」で規格外の野菜も売れるように、「木の駅」では市場で売れない木の出荷できます。山仕事の素人でも、高齢者でも気軽に参加できて、仲間ができることが木の駅の特徴だそうです。
 上山でもできると思いますので、早速相談してみることにします。
 大場満郎さん、元気でした。それにしても、最上地方は雪が多かったです。全く別世界でした。尾花沢から急に多くなった気がしました。
Img_1962
挨拶する大場満郎さん。テントシューズを履いていました。

Img_1959
白クマに襲われたテント

Img_1965
出荷しに来た軽トラックの列

Img_1970
山刀伐峠付近の集落











| | コメント (0)

2013年1月10日 (木曜日)

吉村知事再選

 今日は、吉村知事の出陣式が行われましたが、対立候補がないため、先ほど5時をもって 無投票再選が確定しました。まずはめでたしです。応援していただいた皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。
 それにしても、4年前の1期目の選挙は熾烈でした。大変苦労した記憶がよみがえってきます。激しいたたかいを制することができたのは、たたかう体制が整っていたこともありますが何より候補者が良かったことが勝因の一番だと思います。
 無名の主婦が突然立候補して当選、2期目は無投票再選などということは、通常考えられないことでしょう。ミラクルです。
 4年前の選挙カーに同乗していて、日に日に演説が上手になっていることを実感した私が「腕を上げましたね」と言うと、にっこり微笑んでおられたことが思い出されます。
 伸びしろがあるのですね。頭脳明晰、フットワークの軽さに加え、誰に対しても真面目にきちんと向き合う姿勢が、あったかい県政を推進する知事として多くのファンを得ているのだと思います。
Photo_2

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水曜日)

団子の木飾りをします

 今冬の山形市周辺は雪が少なく、一斉除雪が一度も出動していない状況ですが、今日は一転して積もりそうな雪模様に加え、日中の気温も氷点下の真冬日の予想です。
 小学校は昨日から登校を始めていますが、素手で荷物を持って登校する元気な児童も結構います。
 この日本と対照的なのが、南半球です。オーストラリアでは40度を超える猛暑で、タスマニア島では1月4日に熱波による大規模な森林火災が発生、日本ではあまり報道されませんが火は市街地にも及び多くの犠牲者が出ている模様です。丁度知り合いがタスマニアに行っているのでメールで事情を聴いたところ、タスマニア人にとっての山火事は、日本人にとっての地震と同じような感覚と言えるそうです。つまり共存ということです。タスマニアの1月5日の気温は史上最高の41.8℃だったそうです。

 松の内も明けて、15日が小正月です。まちづくり塾では、毎年、小正月の団子木飾りをしています。山から切り出した団子の木(ミズキ)に、団子と折り紙などを飾ります。まちカフェの入り口に飾るために、水に弱いフナせんべいは使いません。
 日本の季節の行事の多くは、五穀豊穣を願って行うなど生産と結びついたものが多いわけですが、生活様式、生産様式が変わるにつれてなくなっていくのは寂しいものです。先人の暮らしに想いを馳せながら伝承していければと思います。そこには、自然に対する畏敬の念など私たち現代人が忘れていたものを発見することができます。

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金曜日)

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 今年の年賀状には、「一日生きることは、一歩進むことでありたい」と、湯川秀樹先生の言葉を引用させていただきました。そううまくはいかないものですが、心構えとして記したのでした。
 昨日は、久しぶりに映画館に行き、「レ・ミゼラブル」を観てきました。非常にキリスト教の教えの濃い映画で、キリストの教え=自分の良心、に忠実に、信念をもって強く生きる姿に感動してまいりました。我々は、この世に生を受け、何のために生きるのかを問う映画でもあったと思います。
 身分とかにとらわれず、品格のある生き方を目指す、平たくいえば、「偉くなくとも正しく生きる」ことを大事にしたいと思います。
 明日から、まちカフェ営業いたします。ご来店をお待ちしております。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »