« 生きることは食べること | トップページ | 食文化の継承 »

2013年1月24日 (木曜日)

食part2

 一昨日に食について書きましたが、私が書いたことの正反対の意見の方もいるようです。物事なんでも意見が異なることはありますが、素人にとっては、どっちがいいかわからなくなることが多々あります。
 一例が塩、役所では、減塩教室を開いていますが、一昨日の島津さんの考えでは、これはおかしいということになります。それは、塩化ナトリウム99.5%以上に精製した塩とミネラルを含んだ自然塩を一緒にして、減塩と言っているからです。
 島津さんは、塩の摂取と高血圧は関係ないともいいます。今まで当たり前だ思ってきたことが覆されたわけですので私は大いに戸惑っています。私には正しいか否かの判断が付きませんので、島津さんの人柄と今までの実績を信じるしかありません。
 しかし、入手したポルトガルの天日塩・ヴァージンソルトは、事実として精製塩に比べ甘みがあるというかまろやかですし、まったく別物のように感じられます。
 薬やサプリメントに頼らず日々の食事によって身体を養っていくことをもっと勉強しなければなりません。医食同源、身土不二などの言葉もあります。

|

« 生きることは食べること | トップページ | 食文化の継承 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生きることは食べること | トップページ | 食文化の継承 »